賃貸オンライン申込ツール「Conomy」とライナフ「スマート物確/内覧」が連携

賃貸オンライン申込ツール「Conomy」とライナフ「スマート物確/内覧」が連携します
〜空室の問い合わせから内覧・申し込みまでを一気通貫で自動化〜

賃貸のオンライン申込ツール「Conomy(コノミー)」を提供するグッドルーム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小倉 弘之、以下グッドルーム)は、不動産管理サービスを開発する株式会社ライナフ(東京都千代田区、代表取締役:滝沢潔、以下ライナフ)とのサービス連携を 8 月より開始しましたことをお知らせいたします。 本連携により、不動産仲介業者は、AI による自動応答で物確の確認、内覧予約と内覧時の鍵の開閉に加え、入居申し込みまですべてをオンライン上で行えるようになります。スムーズなサービス連携を通じて、担当者の業務負担を削減し、作業の効率化を実現します。

 

■Conomy(コノミー)https://www.haptic.co.jp/lp/conomy/conomy/
グッドルームが提供する「Conomy(コノミー)」は、賃貸物件の入居申し込み手続きをオンラインで完結できるサービスです。入居希望者
はスマートフォンで申し込み手続きができ、管理会社や仲介会社は、申込内容や進捗状況の確認に加え、内容の修正や問い合わせもすべ
てオンラインでおこなう事ができるため、申込手続き全体の業務効率化を実現できます。

■スマート物確https://www.smartbukkaku.net/
  スマート内覧https://www.smartnairan.net/lp/about/
ライナフが提供する「スマート物確」は、賃貸物件の空室情報を AI が自動応答する物件確認サービスです。「スマート内覧」は、空室内覧
のスケジュール予約から鍵の自動付与までをオンラインで行える内覧管理サービスです。スマート物確とスマート内覧を連携すると、スマート物
確で入居済みとなった部屋はスマート内覧からも自動で削除されるなど、管理会社や仲介会社の業務負担を軽減する各種機能を用意して
います。

■連携による効果
「スマート物確/スマート内覧」と、「Conomy」が連携することで、物件確認から内覧予約・内覧・入居申し込みまでの一連の流れをオン
ライン上にて一気通貫でおこなうことができます。スマート内覧に登録されている部屋一覧画面から「入居申込」を選択すると Conomy のロ
グインページに遷移し、スムーズにオンライン申し込みに進みます。さらに、スマート物確ではオプション機能である LINE 上での物件確認の際
に、Conomy のログインページのリンクと共に「お申込はこちらから」などと表示させることもできます。今後は、申し込みステータスのリアルタイム
連携や、よりスムーズなログインがおこなえる UI 設計の改良などをおこなっていく予定です。
これらの連携を活用することで、不動産仲介業者は、申込書の手配や記入漏れなどのフォローがなくなり、より一層業務の効率化が図れま
す。さらに、内覧したその場で入居申し込みが可能となるため、物件への関心が高い状態で申し込みを促すことができ、成約件数の増加も見
込めると考えています。入居希望者にとっても、申し込み手続きにかかる時間を短縮でき、利便性向上に繋がります。
グッドルームとライナフは、今後も両社のサービス連携のさらなる強化や共同セミナーの開催などの取り組みを通して、不動産管理会社と仲
介業者双方の業務効率化、入居希望者の手続きの簡略化を目指してまいります。

 

詳しくはこちら

 

■本件に関するお問合せ先■

グッドルーム株式会社 corp-business@haptic.co.jp

 

 

Recruit採用情報

goodroomでは、お部屋探しの未来を一緒に作る仲間を募集しています。

詳細を見る