single.php
TOMOS people Vol.14

とっておきオブジェと家族の部屋

シェア
とっておきオブジェと家族の部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。
今回は、もうすぐ1歳の娘さんがいらっしゃるファミリーのお宅をご訪問。日当たりのよい無垢床のお部屋と、かわいい雑貨たちに囲まれて。このお部屋で、すくすく、楽しく育つ姿が目に浮かぶようでした。
(編集部)

今回おじゃましたのは相田さんファミリーのおうち。イラストレーターの旦那さま智之さんと、ピラティスインストラクターの奥さま由佳理さん。そして10ヶ月の麻菜ちゃんの3人が暮らしています。

キャプション

赤ちゃんのいる部屋の取材ひさしぶり。麻菜ちゃんかわいい。

「日当たりのいいお部屋を探してました」

部屋に入ってまず「いいなー」と思ったのは、部屋が明るい! ということ。「以前の部屋は広かったんですけど、ちょっと暗くて。それでここに引っ越してきた、というのがありますね」とのこと。玄関から入ってきて正面に2面のほか、向かって左側にも窓が。いわゆる角部屋だ。いいなー。もともと2つの部屋だったものをリノベの際にひとつにしたのも明るさの秘密だ。現在は仕切り戸になっていて元の間取りと同じように2部屋としても使えるようになっている。
 

キャプション

もともと2つの部屋だった間をとっぱらって、明るくてひろびろとしたリビングに。右に見えるのが間仕切りの引き戸。

「家のまわりの雰囲気も気に入ってます」とのこと。都心からほど近いが、静かな住宅街だ。駅からちょっと離れているけど充分歩ける距離。少し行けば川もあって良い感じ。取材同行した編集担当の田村さんと帰り道ちょっと散歩しちゃった。

キャプション

キッチン方向を見た様子。すてきな部屋だな―。いいなー。

振り返って、リビングとつなげられた部屋の方。どこもかしこもすてきだ。

振り返って、リビングとつなげられた部屋の方。どこもかしこもすてきだ。

照明用のレールを利用したこの観葉植物のぶら下げ方、なるほど。いい。

照明用のレールを利用したこの観葉植物のぶら下げ方、なるほど。いい。

と、いちおう部屋のご紹介すべくいろいろとお聞きしたものの、どうしても10ヶ月の麻菜ちゃんの可愛らしさが気になっちゃって気になっちゃって。気がつくとすぐに赤ちゃんの話に。
 

部屋の取材の話が、気がつけば赤ちゃんの話に。いかんいかん。

部屋の取材の話が、気がつけば赤ちゃんの話に。いかんいかん。

麻菜ちゃんのための素敵なおもちゃがたくさん、と思ったら……

赤ちゃんがいる部屋におじゃまするのは柊さんご夫婦の時以来。あの時も書いたけど、子どもが生まれて部屋中がアンパンマンに占領されるいわゆる「アンパンマン問題」が存在する。このすてきな部屋はいずれどうなるのか。両親が強い心でいても、おじいちゃんやおばあちゃんが持ち込んでしまうという難しさがあるこの問題。シンプルに部屋をまとめ上げていたご夫婦が、これに対してどう折り合いをつけるに興味がある。いや、正直に言うと子どももいないのに部屋がしっちゃかめっちゃかなぼくのちょっといじわるな興味だ。すみません。
 
「うーん、アンパンマンかどうかは分からないですけど、いいおもちゃやぬいぐるみを与えたいですね」とおっしゃる相田さんご夫婦。そう言われて部屋を見渡せば、そこらじゅうにかわいいものがたくさん。麻菜ちゃんが遊んでる積み木も手触りがいい木のもの。キッチンのカウンターにはキュートなブリキのロボット…と思ったらこれぬいぐるみだ!
 

ソファの後ろがカンターとキッチン。

ソファの後ろがカンターとキッチン。

そのカウンターの上にはかわいらしい小物たちが。

そのカウンターの上にはかわいらしい小物たちが。

あと壁の時計もかわいいし、その隣に飾ってあるクジラの尻尾みたいなオブジェ気になる。「これ実は一輪挿しなんですよ」とのこと。いいなこれ!
 

この時計と実は一輪挿しというオブジェがとくにいいなー、と思った。

この時計と実は一輪挿しというオブジェがとくにいいなー、と思った。


 
「ついこういうもの集めてしまうんですよね」ということだったので、恒例の「並べて撮る」写真は、これらすてきなオブジェ・おもちゃにさせてもらいました。

キュートなオブジェたち。部屋とご本人の雰囲気に合ってる感じがしました。

キュートなオブジェたち。部屋とご本人の雰囲気に合ってる感じがしました。


 
ご本人も「コレクターというわけではない」とおっしゃっていたように、収集熱でギラギラした雰囲気はなく、あくまで「いい!」と琴線に触れたものが集まった、という感じ。麻菜ちゃんはこうやっていいものに囲まれて育つんだろうなー、と思った。将来が楽しみ。

取材中ずーっとご機嫌の麻菜ちゃんだったんだけど、さすがにこの寝っ転がってポートレイトの時は泣いちゃってました。ごめんごめん。

取材中ずーっとご機嫌の麻菜ちゃんだったんだけど、さすがにこの寝っ転がってポートレイトの時は泣いちゃってました。ごめんごめん。

大山 顕

写真と文:大山 顕

“ヤバ景” フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。住宅都市整理公団総裁。出版、テレビ出演、イベント主催などを行う。「”ヤバ景”って何?」「”総裁”っておおげさじゃない?」など各種ご興味がわいた方は OHYAMA Ken.com にいってみてください。
Twitter (@sohsai)Facebook

グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、都内を中心に、毎月10~20部屋登場します。家具も喜ぶ!? 無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。
>東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
>大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
>名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ

シェア
とっておきオブジェと家族の部屋
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

TOMOS people Vol.13

カラフルでハッピーなふたりの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、20代の仲良しご夫婦、ティールさんのお部屋をご訪問。とってもカラフルで元気の出るインテリアですが、色のテイストがまとまっていて居心地は抜群。ついつい大山さんと二人で長居してしまいました。 (編集部)…

緑のある暮らし Vol.1

緑あふれる大きなリビングで暮らす Atsushi さんにきく「サボテンの愛し方」

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。 1人目は、RoomClipの人気ユーザーで、goodroom のリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」に暮らす、Atsushiさんの部屋を訪問。ゆっくりと生長するサボテンや多肉植物を中心に、たくさんの珍しい植物たちを紹介してもらいました。…

TOMOS people Vol.15

建築とインテリアを愛する二人の部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、ともに建築、インテリア系のお仕事に携わるTさん、Oさんのカップルのお部屋を訪問。 居心地の良いお部屋、大山さんもスタッフも、興味の分野が重なりすぎてすっかり長居してしまいました。 (編集部) …

TOMOS people Vol.10

エスカレーターマニアの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、TOMOSに引越したのは大山さんに写真を撮ってもらうためだった。と言っても過言ではない。編集スタッフである私自身の部屋を、撮っていただきました。文中にあるとおり、ちょっと普通じゃない趣味を持つ私……どんなふうに写真に、そして大山さんの目…

TOMOS people Vol.11

大人と少年がまざりあう。医師、瀬田さんのお部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、男性おひとり暮らしのお部屋を訪問。ご職業はお医者さまだという瀬田さん。私、"お医者さんのお部屋"にご訪問するのは初めてだったのですが、勝手なイメージ(すみません)を覆す、お部屋の雰囲気にびっくり!でも、お話を聞いた上…

TOMOS people Vol.19

陽当たりの良さにほっと一息。イラストレーターさんの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、女性イラストレーターさんの一人暮らしのお部屋に訪問。部屋で仕事するため、「陽当たり」が最優先だったという彼女は、これがなんと9回目の引越し。さすが、すっきり整理された気持ちのよいお部屋でした。 (編集部)…

アプリバナー