single.php
TOMOS people Vol.21

好きなものに囲まれた明るいLDK。楽しいふたり暮らしの部屋

シェア
好きなものに囲まれた明るいLDK。楽しいふたり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。
今回は、引越ししたばっかりの佐藤さんご夫妻の新居に訪問。じつはおふたりとも、とある有名作品の大ファンなのですが、このトップ写真からわかるでしょうか!? 明るいLDKにたくさん飾られたファングッズの数々、探してみてください。

text & photo : Ken OHYAMA

今回おじゃましたのは佐藤さんご夫妻の部屋。東京は江戸川区。船橋市で育ったぼくにとって、比較的馴染みのある街だ。江戸川の花火大会で近くを訪れたもの。花火よく見えそうですね、ときいてみたら「引っ越してきたのが3月なのでまだわからないですね」とのこと。そう、引越したてほやほやなのだ。以前は中野富士見町にお住まいだったそうで、東京の西側から東に移られたわけだ。いいですよねえ、東京イーストサイド。

今回お部屋を見せてもらった佐藤さんご夫妻。奥さまがしじゅう笑顔ですごくすてきだった。

今回お部屋を見せてもらった佐藤さんご夫妻。奥さまがしじゅう笑顔ですごくすてきだった。

リノベーションされた明るいLDK

冒頭の平面図写真でもわかるが、デザインチェアのマスターピースとでもいうべき4脚のイスが幅広のオーク材の床によくあっている。

冒頭の平面図写真でもわかるが、デザインチェアのマスターピースとでもいうべき4脚のイスが幅広のオーク材の床によくあっている。

さて、部屋がこれがまたすごくすてきだった。全体の間取りはよくあるマンションの形式なのだが、リノベされてとても明るくて良い感じだ。特にいいな、と思ったのは、冒頭平面図写真の左下斜めの部分。ここはウォークインクローゼットになっているのだが、斜めのおかげで、収納量がたっぷりありつつ、玄関から廊下を経てリビングに入ったときに開放感がある。これはいい。

そして佐藤さんご夫妻も朗らかでフレンドリーですてきなのだ。この連載でお会いする方々って、みなさんルックスも人柄もすてきな人たちばかりで、この世に悪い人なんかいないんじゃないかという気になってくる。

アクセントクロスのリビングの壁には自転車が。かっこいい。テレビ台に並べられたものたちが気になると思うが、これについても後述。

アクセントクロスのリビングの壁には自転車が。かっこいい。テレビ台に並べられたものたちが気になると思うが、これについても後述。

ダイニング・キッチンの壁は、ピクチャーレールを上手く使って飾られている。下げられているフレームの内容については後述(って、もはやこれらが何なのかは分かってると思いますが)。

ダイニング・キッチンの壁は、ピクチャーレールを上手く使って飾られている。下げられているフレームの内容については後述(って、もはやこれらが何なのかは分かってると思いますが)。

で、実は旦那さんはgoodroomの社員さん。同行の編集田村さんと「このピクチャーレール、もとから付いてたやつなんですよ」「へー」とか「アクセントクロスはあの色にしたんですね」とか慣れた会話をしていた。「なんだ身内の取材かよ」と言うなかれ。自社の商品たる部屋に住むとはすばらしいではないか。社員がお客さんとして購入する会社の商品は信頼できる。このことをぼくは強調したい。佐藤さんいわく「うち、TOMOSの部屋に住んでる社員多いですよ」とのこと。すばらしい! ここでこういうこと書くとやらせっぽいが、べつにこう言ったからといってぼくのギャラが上がるわけではない。心底そう思うのだ。ぼく自身、かつて家電メーカーに勤めていたからよくわかる。

歓迎メッセージが書かれているのは冷蔵庫の扉。「黒板塗料を塗りました」とのこと。いいアイディア!

歓迎メッセージが書かれているのは冷蔵庫の扉。「黒板塗料を塗りました」とのこと。いいアイディア!

すっきりとして使いやすそうなキッチン。編集田村さんが「これいい! 私も真似したい!」と食いついたのが、この足つきグラスをぶら下げるやつ。

すっきりとして使いやすそうなキッチン。編集田村さんが「これいい! 私も真似したい!」と食いついたのが、この足つきグラスをぶら下げるやつ。

写真のために、キッチンに立ってなにか作業してください、とお願いしたところ「じゃあビール飲みます!」となった。

写真のために、キッチンに立ってなにか作業してください、とお願いしたところ「じゃあビール飲みます!」となった。

取材のために休みをとって対応してくださったという佐藤さん。つまりほんとうは今日は休日なのだ。そりゃビール飲みますよ。ぼくも飲みたい。

取材のために休みをとって対応してくださったという佐藤さん。つまりほんとうは今日は休日なのだ。そりゃビール飲みますよ。ぼくも飲みたい。

おふたりはスター・ウォーズの大ファン!

さて、さきほどから後述後述書いてましたが、すてきな部屋のいたるところにあるのはスター・ウォーズのグッズ。佐藤さん、スター・ウォーズのファンなのだ。いま思ったけど、スター・ウォーズ ファンに対しては、「トレッキー」(スター・トレック好きの人のこと。ファンはこの呼び名を嫌がるらしいが)に相当する名称はないのだろうか。検索してもあまり出てこない。いちおう「Warsie」なる言葉があるとのことだがあまり使われていないようだ。佐藤さんにきけばよかった。

先ほど触れたテレビ台に並んだものたち。各種スター・ウォーズ関連グッズ。おふたりの結婚記念ボトルにもR2-D2が! そしてMOETのビンの色はベーダー卿の色に近いということが判明。

先ほど触れたテレビ台に並んだものたち。各種スター・ウォーズ関連グッズ。おふたりの結婚記念ボトルにもR2-D2が! そしてMOETのビンの色はベーダー卿の色に近いということが判明。

おふたりのWarsieっぷりは友人たちの間で有名らしく、玄関に飾られていたウェディングのウェルカムボードもスター・ウォーズ テイスト。

おふたりのWarsieっぷりは友人たちの間で有名らしく、玄関に飾られていたウェディングのウェルカムボードもスター・ウォーズ テイスト。

さきほどのキッチンもよく見ると、レンジの上にはR2-D2モチーフの土鍋が。こんなのあるんだ!

さきほどのキッチンもよく見ると、レンジの上にはR2-D2モチーフの土鍋が。こんなのあるんだ!

「もともと妻が大ファンで、そのうちぼくもはまって、という感じです」とのこと。そういう順番なんだ!

もっと徹底したスター・ウォーズ ファンは世の中にたくさんいるだろう。ぼくの知り合いにも何人か熱狂的なのがいる。ただ、佐藤さんご夫妻がすごいなと思ったのは、これらのグッズが部屋のすてきさを全く損なっていないということだ。しっくりきている。いや、むしろ高めている。

寝室も見せてもらいました。照明がかわいい。

寝室も見せてもらいました。照明がかわいい。

個人的には、寝室のリノベされたこの収納がうらやましかった。やや高い位置に渡されたバー。「これぐらい高いと下にこうやってもの置けていいですよねー」

個人的には、寝室のリノベされたこの収納がうらやましかった。やや高い位置に渡されたバー。「これぐらい高いと下にこうやってもの置けていいですよねー」

そして窓際に並べられたフィギュアの中にR2-D2ほかスター・ウォーズモチーフの切り絵が。なんとこの切り絵、旦那さんによるものだそう!

そして窓際に並べられたフィギュアの中にR2-D2ほかスター・ウォーズモチーフの切り絵が。なんとこの切り絵、旦那さんによるものだそう!

さて、本連載恒例の「集めているものを並べてもらう」ですが、これはもう当然こうなりますよね。

今回は当然、R2-D2たちを並べるでしょう。

今回は当然、R2-D2たちを並べるでしょう。

「並べたのはじめてです。こうやってみるとたくさんあるもんですねー」と奥さま。それにしてもさっきの土鍋といい、単純な色とパターンなんだけど、一目で「R2-D2だ!」ってわかるのすごい。

「並べたのはじめてです。こうやってみるとたくさんあるもんですねー」と奥さま。それにしてもさっきの土鍋といい、単純な色とパターンなんだけど、一目で「R2-D2だ!」ってわかるのすごい。

ぼくもスター・ウォーズは好きだ。特にオリジナル・トリロジー(旧三部作)が。でも、ファンってほどではない。そんなぼくが、今回佐藤さんの部屋にうかがって、あらためてR2-D2ってキュートだなあ、と思って、観ていなかった「ローグ・ワン」を観た。C-3POとR2-D2が出てきたときはじんとした。

そして気づいた。スター・ウォーズ シリーズって、惑星や宇宙船、都市の描写がすごい。でもそれらは登場人物にとって大事な場所としては描かれていない。この作品は「キャラ」の映画であって「場所」の映画ではないのだ。家族、友情、信念などは強調されるが、場所への思い入れが少ない。その点が、いまひとつぼくが熱心なファンになれない原因だったのだ。

だから佐藤さんご夫妻の部屋のR2-D2たちをみて「ああ、ようやく彼にも”ホーム”ができたんだな」と思った。このやさしい感じこそこの部屋のすてきさのあらわれだな、と。

こちらも恒例の「寝っ転がってポートレイト」。R2-D2がわが子のようだ。

こちらも恒例の「寝っ転がってポートレイト」。R2-D2がわが子のようだ。

いつもは最後「ありがとうございました!」で締めるんだけど、今回はやはりこの一節で終わろう。フォースとともにあらんことを。

取材を終えておいとましようとしたところへ「あっ! これもあった!」。たぶん並べ忘れたR2-D2モノはまだたくさんあるだろうな、と思った。

取材を終えておいとましようとしたところへ「あっ! これもあった!」。たぶん並べ忘れたR2-D2モノはまだたくさんあるだろうな、と思った。

大山 顕

写真と文:大山 顕

“ヤバ景” フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。住宅都市整理公団総裁。出版、テレビ出演、イベント主催などを行う。「”ヤバ景”って何?」「”総裁”っておおげさじゃない?」など各種ご興味がわいた方は OHYAMA Ken.com にいってみてください。
Twitter (@sohsai)Facebook

(最後にもう一度編集部から)
グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、東京・大阪・名古屋・福岡で、毎月10~20部屋登場します。社員も気に入って住んでいる者が多い、無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。

>東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
>大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
>名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ
>福岡のTOMOSのお部屋一覧へ

シェア
好きなものに囲まれた明るいLDK。楽しいふたり暮らしの部屋
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

TOMOS people Vol.27

飾るもののひとつひとつが、居心地の良さをつくっていく。木のぬくもりに包まれたふたり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、インテリア関係のお仕事をしていらっしゃる林さんご夫妻のお部屋を訪問。キッチン、そしてリビングの大きな棚には、おふたりのお気に入りがたくさん。整っていて、暮らしやすい、とても快適そうな暖かいお部屋でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.25

「お揃い」が似合うカップルの、こだわりインテリアの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、初めてのふたり暮らしを始められた仲良しカップルの部屋を訪問。好きな作家さんの作品がこだわって買った家具が並ぶ、楽しく素敵なインテリアが魅力的でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.13

カラフルでハッピーなふたりの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、20代の仲良しご夫婦、ティールさんのお部屋をご訪問。とってもカラフルで元気の出るインテリアですが、色のテイストがまとまっていて居心地は抜群。ついつい大山さんと二人で長居してしまいました。 (編集部)…

TOMOS people Vol.15

建築とインテリアを愛する二人の部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、ともに建築、インテリア系のお仕事に携わるTさん、Oさんのカップルのお部屋を訪問。 居心地の良いお部屋、大山さんもスタッフも、興味の分野が重なりすぎてすっかり長居してしまいました。 (編集部) …

TOMOS people Vol.11

大人と少年がまざりあう。医師、瀬田さんのお部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、男性おひとり暮らしのお部屋を訪問。ご職業はお医者さまだという瀬田さん。私、"お医者さんのお部屋"にご訪問するのは初めてだったのですが、勝手なイメージ(すみません)を覆す、お部屋の雰囲気にびっくり!でも、お話を聞いた上…

TOMOS people Vol.10

エスカレーターマニアの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、TOMOSに引越したのは大山さんに写真を撮ってもらうためだった。と言っても過言ではない。編集スタッフである私自身の部屋を、撮っていただきました。文中にあるとおり、ちょっと普通じゃない趣味を持つ私……どんなふうに写真に、そして大山さんの目…

アプリバナー