single.php
#団地の暮らし方

UR×無印良品の団地に住む。plus9さんのシンプルで機能的な暮らし

シェア
UR×無印良品の団地に住む。plus9さんのシンプルで機能的な暮らし

「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く連載「#団地の暮らし方」。
今回は、UR×無印良品がコラボレーションしたリノベーションの団地に住む、plus9さんのお部屋を訪問。無駄のそぎ落とされたシンプルな空間を、とてもかっこよく使いこなしていらっしゃいました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

ひとり暮らし20年で見つけた、運命の部屋

埼玉の団地にお住いの、plus9さん。SEのお仕事をされています。

埼玉の団地にお住いの、plus9さん。SEのお仕事をされています。

ひとり暮らし歴はもうすぐ20年目、というplus9さん。団地に住むのはこれが初めて。手数料などの安さに惹かれてURのサイトを見ていたとき、たまたま無印良品とのコラボレーションのこの部屋を見つけたそうです。

「なかなか賃貸でこの間取りってないんですよね。縦長のものばかりで。この広い空間がほしかったんです」

もともとは、50平米弱の3DKの部屋。2DKの部分がすべて仕切りを取り払われて、かなり広いLDKになっています。

もともとは、50平米弱の3DKの部屋。2DKの部分がすべて仕切りを取り払われて、かなり広いLDKになっています。


キッチン側から。南北に窓があって、風通しも抜群です。「柱の感じも、ちょっとアクセントになっていいですよね」

キッチン側から。南北に窓があって、風通しも抜群です。「柱の感じも、ちょっとアクセントになっていいですよね」

デスクの先はかなり視界が開けていて、大きな木が見えます。

デスクの先はかなり視界が開けていて、大きな木が見えます。

団地をねらって探していたわけではなかったplus9さんですが、住んでみたら環境の良さが気に入ったといいます。何棟も連なる大規模の団地ですが、棟と棟の間が離れているのでカーテンを開けていても目線は気になりません。敷地内に病院、スーパーもあり、緑もたくさんあります。

趣味部屋として使っているもう1部屋。趣味のバックカントリースキー、ロードバイク、それにDIYのためのグッズが置かれています。

趣味部屋として使っているもう1部屋。趣味のバックカントリースキー、ロードバイク、それにDIYのためのグッズが置かれています。


dsc02801
塗料や工具、DIYで出た端材も、すっきりと収納して。

塗料や工具、DIYで出た端材も、すっきりと収納して。

ほしい収納は自分でつくる

シンプルで、まっさらなハコ、という雰囲気の、無印良品によるリノベのお部屋。キッチンや洗面所の周りも収納はほぼなく、自分で考え、つくる必要があります。「自分でいろいろ選べるので、そこは楽しかったですね」とplus9さん。自分の暮らしにあう収納を工夫して少しずつ取り付けてきました。

耐熱メラミン化粧板の広いワークトップがすごく気に入っている、というキッチン。もともと収納は一切なく、とてもシンプル。

耐熱メラミン化粧板の広いワークトップがすごく気に入っている、というキッチン。もともと収納は一切なく、とてもシンプル。

ディアウォールと2×4材、有孔ボードで作った壁面収納に、キッチンツールをかけて。

ディアウォールと2×4材、有孔ボードで作った壁面収納に、キッチンツールをかけて。


シンクの下は全ネジとアジャスターを使って、納めるキッチンツールや食器にぴったり合ったサイズの収納を自作。

シンクの下は全ネジとアジャスターを使って、納めるキッチンツールや食器にぴったり合ったサイズの収納を自作。


洗面所まわりにも同様に、サイズにぴったり合った収納を作っています。

洗面所まわりにも同様に、サイズにぴったり合った収納を作っています。

部屋の中で一番お気に入り、と教えてもらったのはクローゼット。元々はハンガーパイプも扉も何もついていない、真四角のぽっかりとしたスペース。goodroom でも数々、リノベーションの部屋を見てきましたが、ここまで潔く住む人に委ねられたものって、たしかに他ではありえないかも。plus9さんによるカスタマイズで、部屋の顔になるようなかっこいいスペースができあがっています。

ディアウォールをたてて、縦に突っ張り棒を渡したのがこだわりポイント。手前にかける服でイメージも変えられます。

ディアウォールをたてて、縦に突っ張り棒を渡したのがこだわりポイント。手前にかける服でイメージも変えられます。


クローゼットの横には、白で塗装したOSB合板に取り付けたミラーが。横につけた小さな棚も便利。

クローゼットの横には、白で塗装したOSB合板に取り付けたミラーが。横につけた小さな棚も便利。


ベッドの横には、これもご自身で作られたというラダー。シンプルな中にも必要なものはすぐ手に届くようになっていて、機能的。

ベッドの横には、これもご自身で作られたというラダー。シンプルな中にも必要なものはすぐ手に届くようになっていて、機能的。


DIYのデスクも、裏側に配線が隠せるスペースを作り、とてもすっきりと見せています。

DIYのデスクも、裏側に配線が隠せるスペースを作り、とてもすっきりと見せています。

「団地」という規格の上で無駄を削ぎ落としたシンプルな空間を、自分らしく使いこなしているplus9さん。DIYの過程も載せていらっしゃるplus9さんのInstagramでは、その自分らしい暮らしを少しずつ作っていかれた様子がわかり、見ていてとてもワクワクします。これからさらにどんなカスタマイズが加えられていくのか、楽しみになるお部屋でした。
dsc02811
dsc02815
dsc02819

plus9さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/plus9_life/

>「団地の暮らし方」記事一覧を見る
>「ひとり暮らし」のインテリア実例をもっと見る
>goodroomで「カスタマイズ可能な賃貸」を探す
>goodroomで「ひとり暮らし7万円以下」の賃貸を探す

シェア
UR×無印良品の団地に住む。plus9さんのシンプルで機能的な暮らし
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

#団地の暮らし方

カスタマイズもできる!オーシャンビューの大胆リノベ団地を訪問 [PR]

団地のリノベーションが話題に上ることが多くなってきました。民間のみならず公的な賃貸団地においてもリノベーションを売りにしたプロジェクトが多く行われています。そんな中、“え?こんなのOKなの?!”と驚くくらい大胆なリノベーションを大阪市住まい公社が実施しているといいます。そのフラグシップモデルともいえるコーシャハイツ港を取材してきました。 …

#賃貸でもカスタマイズ

猫と暮らすDIYルーム!U★Gさんの楽しさと工夫がつまった広々リビング

賃貸でも、自分らしいインテリアを実現したい! DIYの達人のお部屋には、壁や床、天井など、原状回復に備えてなるべく傷つけずにカスタマイズするヒントがいっぱい。 今回は、2匹の猫と一緒に暮らすグリーンいっぱいのリビングを自分好みにカスタマイズして暮らす、U★Gさんのお部屋を訪ねます。 …

#団地の暮らし方

部屋の真ん中にお風呂がある、早すぎた団地マニアの部屋

「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く連載「#団地の暮らし方」。 今回は、約20年前に団地を購入、セルフリノベーションして住んでいる「早すぎた団地マニア」BADONさん夫婦のお部屋におじゃましました。…

#団地の暮らし方

DIY初心者でも大丈夫。内装を自分好みに変えられる『団地カスタマイズ』の魅力とは?[PR]

DIYリノベが人気である。しかし賃貸住宅では 退去時に入居時と同じように戻さないといけない=原状回復義務が一般的であるため手をつけられることは限られてしまいがち。そんな中、大阪府の団地の雄、大阪府住宅供給公社(以後、公社)が原状回復義務なしの賃貸住宅の制度『団地カスタマイズ』をスタートさせた。これは賃貸住宅住まいのDIY大好き民には朗報ではないか。どこまでカスタマイズできるのか?申し込みの仕方は?…

TOMOS 引越日記 Vol.5

築浅の部屋がお得だと思っていたけれど……リノベーション賃貸に2年住んで思ったこと。

今までなんとなく部屋探しをしてきたけれど、次は絶対におしゃれなところに住みたい。そんな決意をもって見つけたのは、リノベーション賃貸の部屋でした。引越してから2年が経ち、住んでみた感想をまとめます。 (text & photo : Miha Tamura)…