single.php
教えて!グッドルーム

不動産屋さんに「いい部屋ありますか?」と聞く前に、知っておきたいこと

キーワード
シェア
不動産屋さんに「いい部屋ありますか?」と聞く前に、知っておきたいこと

お引越しシーズンになると、電話やメールで「いい部屋、ありますか?」というお問い合わせをいただくことがよくあります。しかしながら、大変残念なのですが「いい部屋」をご紹介するのはかなり難しい場合がほとんどです。その理由と、よくある勘違いをまとめてみました。

text : Miha Tamura

どの不動産屋さんでも、元となるお部屋のデータベースは同じです

不動産屋さんは、すべての会社が全国共通の同じデータベースを見て、お部屋の紹介をしています。ですから、「この不動産屋さんにはなかったけど、べつの不動産屋さんにはあるかも」というのは、勘違いです。

もちろん、不動産屋さんによって、得意・不得意のエリア、ジャンルは違うので、お店によってぜんぜん違う部屋を紹介されることはよくあります。
たとえばグッドルームでは、一般の不動産屋さんが「築年数」でおすすめからはじいてしまうような、リノベーションのお部屋を紹介するのが得意です。自社でリノベーション工事をしているお部屋もあります。

でも、もちろんお客様にとって良いお部屋であれば、リノベーション以外でも、自社工事のお部屋以外でもご紹介をさせていただくため、紹介できるお部屋は、正直なところ星の数ほどあります。

自分からもしっかりと情報を出さないと、「いい部屋」は出てきません

星の数ほどある物件の中から、不動産屋さんに「いい部屋」を探してもらうには、「自分が住みたい条件や、暮らし方のイメージ」をしっかりと担当者に伝え、理解してもらうことが、なによりも重要です。

たとえば、「渋谷まで通いやすいところで、家賃6万円ぐらい」というような情報では、その人に合ったお部屋を出すのは難しいです。通勤時間がなるべく短いほうがいいのか、少し郊外でも広いお部屋がいいのかなど、暮らす人によって「いい部屋」の条件がまったく違うためです。または「築浅で」などとご希望されている方でも、内装の綺麗さを求めているのか、防音性を求めているのかなど、さまざまです。

この条件で、「いい部屋がありますよ!」とすぐに返してくれる不動産屋さんは、残念ながら「住む人にとっていい部屋」ではなくて、「営業担当者にとっていい部屋」をおすすめしている可能性が高いです。

参考:不動産屋さんに行く前にチェック!効率のよい内覧をするために準備することは?

本当は「築浅」じゃなくても、内装が綺麗なリノベーション物件はたくさんあります。「築浅」と伝えたときに、そこまで掘り下げて探してくれる不動産屋さんを選びましょう

本当は「築浅」じゃなくても、内装が綺麗なリノベーション物件はたくさんありますし、新築でも木造だと防音性は下がります。「築浅」と伝えたときに、そこまで掘り下げて探してくれるのが、「いい不動産営業マン」だと思います

ネットで調べても「いい部屋」が出てこないときは、お店に問い合わせても同じです

かなり細かく設備面など条件を指定され、「これで探してください」というお問い合わせもいただくのですが、現在ではほとんどすべての不動産会社がネットに情報を出しているので、ネットで探しても出てこない物件は、お店にもありません。
よくあるパターンとしては、エリアの家賃相場からかけ離れたお部屋を探してしまっている場合。もうひとつは、設備や、築年数にこだわりすぎている場合です。

たとえば、「駅から5分以内、山の手線沿線、家賃5万円」などでお探しの場合、インターネットではほとんど、条件に合致するお部屋が出てこないと思います。その場合、お店に問い合わせても「掘り出し物件」が出てくる可能性はかなり低いです。

残念ながら実際にはない「おとり物件」を紹介して、来店させようとする不動産屋さんも存在するので、十分ご注意ください。

参考:家賃が高くて部屋が見つからない?自分に合う部屋を見つける方法とは

本当に「いい部屋」があれば、即、埋まってしまいます

「いつ内覧できるのか? いつまでにお引越しをする予定なのか?」が不明確なお問い合わせも多いです。
この場合、「今空きが出たばかりの、本当におすすめのお部屋」がもしあったとしても、内覧するまでに空室が残っていないことがほとんどです。空きが出てすぐに内覧し、即決・即入居できる方がどんどんお部屋を決めていきます。
「まずはメールで問い合わせて、いい部屋があれば内覧する」という考えだと、メールのやりとりをしている時間がタイムラグとなり、「いい部屋」であればあるほど、おさえるのが難しいです。また、1ヶ月以上前など、時期が早すぎる問い合わせも無駄になることが多いです。

参考:初めてのひとり暮らし。部屋探しは、いつ頃から始めるべき?

キッチンに屋根がついてる!?

特に、こだわりの詰まったリノベーション物件は「1点モノ」! 埋まってしまったら、ほとんどの場合最低2年は空きは出ません。部屋探しは、一期一会なのです

グッドルームへご来店ください

グッドルームでは、メールでの一方通行のやりとりではお部屋をご紹介していません。ご来店いただき、お話を聞きながら、その人にとって「一番よい条件の部屋」を一緒に考えています。「自分ではこのエリアの、こういう条件の部屋がいいと思ってたけど、相談してみたら違っていた、もっと自分に合う部屋があった」ということも多くあります。一方的に「この条件で探して!」というお問い合わせでは、ネットで検索できる以上のお答えをすることが困難です。

ネットを見ていても、どういうお部屋がいいのかわからない、決められない、という方。忙しくて、自分で探す時間がない、という方は、ご来店いただくのが一番の近道です。担当者と直接話して、「自分にぴったりの部屋」をぜひ見つけてください。

お店のご予約はこちらから

お部屋や引越しのお悩み、大募集!

いただいた質問に、引越し大好きな goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

powered by Typeform

goodroomで東京・神奈川・埼玉・千葉の賃貸を探す
goodroomで大阪・神戸・京都の賃貸を探す
goodroomで名古屋・愛知の賃貸を探す
goodroomで福岡の賃貸を探す
goodroomで札幌・北海道の賃貸を探す

田村美葉

田村美葉

ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。役得。

キーワード
シェア
不動産屋さんに「いい部屋ありますか?」と聞く前に、知っておきたいこと
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

教えて!グッドルーム

「家賃保証会社」ってなに? 絶対利用しなきゃいけないの?

お部屋探しや、引越しの疑問に、グッドルームスタッフが答えます。 今回は、「家賃保証会社」について。聞き慣れない会社ですが、お部屋の申し込みをしたら、利用料の支払いが必要と言われてびっくりしたという方も多いのでは? その仕組みをまとめました。…

アプリバナー