single.php
こんな町に住みたいんだ。Vol.4

元気ハツラツ 白楽

シェア
元気ハツラツ 白楽

〈街〉より〈町〉が好きなライターが、本当に住みたい町をジワジワと紹介していきます。第4回目に取り上げるのは東急東横線の白楽。元気ハツラツな、とっても賑やかな町です。

text : 渡辺平日

こんにちは、ライターの渡辺平日と申します。休日はもっぱら日用品の研究と町歩きをしています。この連載では、個人的に好きな町や住みたい町を、商店街を中心にじっくりと這うように案内していきます。

今回取り上げるのは横浜市の白楽。かつて、伯楽(馬の仲介人)が多く暮らしていた地域で、それが名前の由来になったそうです。そのむかし、宿場町として栄えていたことが分かる、いいネーミングですね。ちょっと話が逸れますけど、東横線って渋い地名が多い気がします。日吉権現に因んだ日吉とか、御寺の名前に由来する妙蓮寺とか……。

駅はコンパクト。程よい規模感だと思います。

駅はコンパクト。程よい規模感だと思います。

横浜や渋谷方面にお勤めの方におすすめのエリアです

話が脱線しそうなので元に戻します。今回紹介する白楽駅には、東急東横線が乗り入れています。東横線といえば都内屈指の人気を誇る路線ですが、なにがその理由なのでしょうか? ちょっと詳しく解説しますね。

dsc04250

横浜駅までは約4分。座席に腰掛けて一息ついたらもう着いている、という距離感です。一方、反対側の渋谷駅までは約26分。駅までの距離にもよりますが、家から渋谷駅まで30~35分程度という感じでしょうか。十分、通勤圏内ですね。また、自由が丘までは約17分、中目黒までは約22分と、人気の街へのアクセスも良好となっています。

駅から出たらすぐに最高潮

うーむ、やっぱり東横線って凄いんだなあと改めて感じました。ほんとうに便利です。さて、交通面の次に気になるのは町の様子ではないでしょうか。そのエリアの様子を知るには、商店街を歩くのが一番。ということで、白楽の商店街を散策することにしました。

駅から少し歩いたら……

駅から少し歩いたら……

盛り上がっている大通りに出ます。こちらは、有名な六角橋商店街。はじめて来た人は(ヤミ市場!?)となりますが、これは春から秋にかけて開催される〈ドッキリヤミ市場〉というイベントの横断幕です。ヤミ市からはじまった商店街ならではの、ユニークなネーミングですね。

盛り上がっている大通りに出ます。こちらは、有名な六角橋商店街。はじめて来た人は(ヤミ市場?)となりますが、これは春から秋にかけて開催される〈ドッキリヤミ市場〉というイベントの横断幕です。ヤミ市からはじまった商店街ならではの、ユニークなネーミングですね。

良い通りには必ず良い日用品屋があるの法則。あとで寄ります。

良い通りには必ず良い日用品屋があるの法則。あとで寄ります。

あちこちで話に花が咲いています。

あちこちで話に花が咲いています。

平日の午前中にも関わらず、この盛況っぷり。商店街の成功例として、全国の自治体から注目されているそうですよ。

平日の午前中にも関わらず、この盛況っぷり。商店街の成功例として、全国の自治体から注目されているそうですよ。

ロゴがおしゃれな青果店。

ロゴがおしゃれな青果店。

うーむ、渋い! 一瞬、(ロイヤルペー?)と思ったんですが、たぶんロイヤルペーパー(KODAKが出している高品質ペーパー)のことですね。

うーむ、渋い! 一瞬、(ロイヤルペー?)と思ったんですが、たぶんロイヤルペーパー(KODAKが出している高品質ペーパー)のことですね。

だいぶ端のほうに来ました。この道を進んで行くと神奈川大学に到着します。

だいぶ端のほうに来ました。この道を進んで行くと神奈川大学に到着します。

白楽の商店街はこれで終わらない

これだけでも十分楽しい商店街なのですが、ほかにも見どころがあります。さっきのカメラ店の横の路地を進むと……

これだけでも十分楽しい商店街なのですが、ほかにも見どころがあります。さっきのカメラ店の横の路地を進むと……

超レトロな仲見世に到着! まるで時間が止まっているような、不思議な雰囲気。

超レトロな仲見世に到着! まるで時間が止まっているような、不思議な雰囲気。

dsc04352

昔ながらの個人商店が軒を並べます。

昔ながらの個人商店が軒を並べます。

dsc04359

ぬか漬けがビックリするぐらい安かったです。ご飯とお味噌汁、簡単な惣菜、それにこのぬか漬けがあれば、立派な朝ごはんになりますね。近所に住んでいたら通いたいなあ。

ぬか漬けがビックリするぐらい安かったです。ご飯とお味噌汁、簡単な惣菜、それにこのぬか漬けがあれば、立派な朝ごはんになりますね。近所に住んでいたら通いたいなあ。

仲見世を通り抜けると、先ほど紹介した青果店のところに戻ってきます。やっぱりロゴがカッコいい。

仲見世を通り抜けると、先ほど紹介した青果店のところに戻ってきます。やっぱりロゴがカッコいい。

白楽に住んでいる友人にオススメしてもらった定食屋です。すごくいい雰囲気。今日は時間が無いので、残念ですがまたの機会に。

白楽に住んでいる友人にオススメしてもらった定食屋です。すごくいい雰囲気。今日は時間が無いので、残念ですがまたの機会に。

良い日用品を買いました

駅の方に戻って、気になる佇まいの日用品店に立ち寄りました。

「こんにちは~。良いお店ですね、何年ぐらいやられてるんですか。えっ、戦前から!? 老舗ですね」

「こんにちは~。良いお店ですね、何年ぐらいやられてるんですか。えっ、戦前から!? 老舗ですね」

超カッコいいドライバーがありました。しかも安い。「ほら、最近、マイナスドライバーを使う人が減ってるでしょ? だからお得にしてるの」

超カッコいいドライバーがありました。しかも安い。「ほら、最近、マイナスドライバーを使う人が減ってるでしょ? だからお得にしてるの」

ナイス・レトロ。

ナイス・レトロ。

ラインが可愛いタワシ。こうやってゴロってかごに入ってると、ほんと、亀に見えてきますね。

ラインが可愛いタワシ。こうやってゴロってかごに入ってると、ほんと、亀に見えてきますね。

買い物をしながら、お店のお母さんといろいろな話をしました。特に印象的だったのが、「白楽の商店街は、なんでこんなに元気なんですか?」と尋ねたときの回答。曰く、「後継者がいなくてお店を閉めることになっても、すぐに他の人がその場所を借りて店舗をはじめるから、シャッター通りにならないのよ」とのこと。少しニュアンスが違うかもですが、代謝が良いということなのでしょうか?

……時間の関係で20分くらいしか居られなかったのが残念。また遊びにきて、ゆっくりとお話を聞きたいところです。

こちらでは携帯できる蚊遣り器を購入。蚊が増えるこれからの季節、重宝しそうです。ドッキリヤミ市場に行くときに持っていこうかな。

こちらでは携帯できる蚊遣り器を購入。蚊が増えるこれからの季節、重宝しそうです。ドッキリヤミ市場に行くときに持っていこうかな。

坂を登って、白幡池公園を見に行きました

これだけで大満足という感がありますが、もうひとつ、おすすめのスポットを紹介させてください。

駅から歩いて10分くらいのところに、白幡池公園という素敵な園地があります。どう素敵かというと……おっと、それは後の楽しみにしておきましょう。

ゆるやかな坂をゆっくり登っていきます。

ゆるやかな坂をゆっくり登っていきます。

最高の並び。

最高の並び。

白楽と大倉山に店舗を構える〈テラコーヒー〉があります。

白楽と大倉山に店舗を構える〈テラコーヒー〉があります。

育ち盛りの園芸ゾーン。夏がくるのが楽しみです

育ち盛りの園芸ゾーン。夏がくるのが楽しみです。

駅から数分歩くと、かなり穏やかな雰囲気に。ゆっくり暮らしたいならこの辺が良さそうです。

駅から数分歩くと、かなり穏やかな雰囲気に。ゆっくり暮らしたいならこの辺が良さそうです。

曲がるところを間違えたので、慌てて急転換しました。

曲がるところを間違えたので、慌てて急転換しました。

白幡池公園に到着。

白幡池公園に到着。

池のある公園が好きです。ついつい深呼吸したくなります。

池のある公園が好きです。ついつい深呼吸したくなります。

すぐ隣に篠原園地という、これまたナイスなスポットがあります。近くに住んでいたら毎日散歩したい。

すぐ隣に篠原園地という、これまたナイスなスポットがあります。近くに住んでいたら毎日散歩したい。

なんか、いいなあ。たくさん歩いてヘトヘトでしたが、だんだん元気になってきました。

なんか、いいなあ。たくさん歩いてヘトヘトでしたが、だんだん元気になってきました。

リスに松ぼっくり。やさしい人がいるようです。

リスに松ぼっくり。やさしい人がいるようです。

どうでしょうか。かなり、白楽に興味が出てきたのではないでしょうか? さてさて、それではこのあたりで、お部屋紹介コーナーに移りましょう!

商店街のスーパーの上で暮らす。(1R/27.56㎡/9.3万円)

白楽ライフを満喫したいなら、このお部屋はどうでしょうか。設備が充実しているのもポイント。

白楽ライフを満喫したいなら、このお部屋はどうでしょうか。設備が充実しているのもポイント。

程よいレトロ感を楽しむ。(1K/20.46㎡/4.2万円)

長いあいだ、大切に使われてきたであろうレトロなお部屋。この賃料でバス・トイレ別は嬉しい……!

長いあいだ、大切に使われてきたであろうレトロなお部屋。この賃料でバス・トイレ別は嬉しい……!

すみません、白楽の良いお部屋がちょうど埋まってまして、少ししか紹介できなかったです。また新しく取材したら更新するようにしますね!

さいごに

取材が終わった後ってけっこう疲れてしまうんですけど、今回は「まだまだ行けるよ!」という感じでした。もしかしたら、街と、そこで暮らす人たちから、目には見えないパワーをもらったのかもしれません。そんな元気ハツラツな白楽で、新しい生活をはじめてみませんか?

渡辺

渡辺平日

渡辺平日

日用品愛好者。常に異常な物欲と戦っています。町歩きやお部屋探しも好きで、ふと気がついたらグッドルームの取材ライターになっていました。特に好きな町は元住吉と西日暮里。最近は白楽と新丸子も気になっています。

シェア
元気ハツラツ 白楽
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

手になじむ器と道具を買いに Vol.3

毎日手に取るものから、環境にも健康にも良いものを選びとって。85 [ハチゴウ] で始める「発酵する暮らし」(東京・中目黒)

中目黒の高架下を利用して、ぞくぞくと個性的なお店がオープンしている「NAKAME GALLERY STREET」。その一角に、「発酵する暮らし」をコンセプトとするユニークなライフスタイルショップ、「85 [ハチゴウ] 」があります。環境にも、健康にも良い製品を取り揃え「環境と人に優しい暮らし方」を提案する、おしゃれな店舗におじゃましてきました。…

至福の一杯を求めて Vol.3

空間と人との繋がりを楽しむロースター&カフェ 『ONIBUS COFFEE』 (東京・中目黒)

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。 今回は、人気のコーヒーショップ ONIBUS COFFEE の2016年にオープンした新店舗、中目黒店を訪問。気持ちの良い空間の中で誰かと一緒にコーヒーを楽しめる、そんな空間でした。…

アプリバナー