たくさんの緑と暮らす秘訣とは?広々LDKのインテリア

たくさんの緑と暮らす秘訣とは?広々LDKのインテリア

無垢フローリングのリノベーションブランド「TOMOS」のお部屋は、住む人それぞれの暮らしを楽しむ余地を残した、シンプルなハコ。その「ハコ」の中で、みんな、どんな暮らしをしているのでしょう?
写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、お部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。
第2回は、インテリア投稿アプリ”RoomClip”でも大人気ユーザーのMさんご夫妻のお部屋に再訪問。さらに進化をとげているお部屋にうっとりしました。
(編集部)

「部屋は住み手のフィールド」 Mさんご夫妻 × 動植物

部屋は住み手のフィールド

今回の取材は楽だった。だってどこを撮っても絵になっちゃうんだもの。目をつぶって適当にシャッター切ったってだいじょうぶ。ちゃんと開けてましたけど。

この日うかがったのはMさんご夫妻のご自宅。まずびっくりしたのは外観と室内のギャップだ。事前に編集部田村さんから「すごくすてきな部屋なんです!」ときいていたので、どんなにすごい建築なんだろうと思いながらお宅にうかがったところ、外見はすごくふつうだった。って言うとちょっと悪口みたいに聞こえるかもしれないがそうじゃない。この「建築はふつうで部屋がちょうすてき」っていうのこそ真のセンスだと思うのだ。

だいたい豪邸で部屋もすてき、っていうのって当たり前じゃないですか(その割にはテレビや雑誌で見る金持ちの部屋ってたいてい悪趣味だけど)。そうじゃなくて「うちと大して変わらないはずなのに…なのに…!」っていうのこそすばらしいと思うわけです。まあ、だから自分の不甲斐なさを見せつけられるようでつらくもあるんですけど。建築はプロの領分だけど、部屋は住み手のフィールドなのだ。

さて、上の「平面図写真」でご覧頂いている部屋は、Mさんちの一番奥の一部屋。この手前に同じぐらいの大きさのダイニングキッチンがあって、ふたつはリフォームによって壁が取り払われひとつの空間としてつながっている。とても広々。そしてご覧の通り、部屋のいたるところにグリーンがある。

窓際にリンゴ箱を利用した台があって、その上にならべられた緑たち

かわいいよね、サボテン

ダイニングキッチンに置いてある大きなテーブルの中央にも様々な色合いのグリーンが。すてきだなあ。

窓際のちょっとしたところにもかわいらしいサボテンたち。

その窓もまたすてき。通常のサッシに木を貼ってる。これいいなあ。

サボテンという「同居人」

部屋のいたるところにいる緑の多くは、いわゆるサボテンたちだ。サボテンって愛らしいよねえ。今回あらためてこのかわいらしさはどこから来ているんだろうと考えた結果、そのフォルムがキャラクターっぽいからなんじゃないかと思い至った。どうでしょうか。ほら、まるっとしててぬいぐるみっぽいじゃないですか。たとえば同じ観葉植物でもパキラに目鼻口を付けてキャラ化するのは難しいが、サボテンはすぐできる。実際そういうのメキシコ料理屋の店頭看板にいる。サボテン人気の理由のひとつはこの点にあるのではないか。現にMさんご夫妻はサボテンたちを「この人」って呼んでた。

「この人」たちの説明をしてくれた旦那さん。男前だ!部屋も素敵で美男子ってずるい。どっちかぼくによこせ。

―あ、でもここにはちゃんとした分類でいう「サボテン」じゃないものもありますよね?まったく詳しくないからよく分からないですけど。
「そうですね。でも通称サボテンでいいんじゃないですか」

調べたところによるとちゃんとサボテンと呼べるのはサボテン科の植物だけで、アロエ科やハマミズナ科などの多肉植物はサボテンではない。一見、部屋の様子からは「サボテンマニア」か?と思われるMさんだが、このようにとても鷹揚。そこがまたすてき。部屋も素敵で男前でナイスガイ、ってどういうことだ。サボテンのトゲに刺されてしまえ!

―世話たいへんじゃないですか?こんなにたくさんあると
「いやー、サボテンは楽ですよ」
―でもぼく子どもの頃枯らしたことありますよ(「あー、わたしも枯らしたー」と編集田村さん)
「えっ。でも確かにちょっとコツはいるかもしれません」
―毎日世話が必要なので旅行行けない、とかないですか
「だいじょうぶですよ、行けます行けます」

これまでのぼくの経験上、何かに熱中している人が「たいへんじゃないですか?」という質問に対して「そうなんですよたいへんなんですよ」と答えることはめったにない。中にはそういう人もいえるけど、そういう方々もその苦労自体を楽しんでいるものだ。と思っていたが、にこやかに答えるMさんの語り口をきいていると、ほんとうにたいへんじゃないんじゃないか、と思える。この軽やかさがこの部屋の魅力の秘密だと思った。

なにが言いたいのかというと、Mさんちがすてきなのは彼らを「同居人」としているからではないかということだ。これは、かわいらしいサボテンがインテリアとして効果的ということではなく、彼らの居心地の良い環境を整えるとおのずと部屋が快適になる、という意味だ。たとえば、日当たりの良い部屋が必要だし、風通しも温度・湿度にも気を使うようになるだろう。

加えて、Mさんの軽やかなスタンスが鍵だと思った。マニアの部屋は決してすてきじゃない。ぼくの部屋のようにほこりをかぶった資料が積まれたりして部屋なんだか倉庫なんだかわからないような。その点、ご夫妻は「サボテンマニア」ではなく、サボテンたちは「同居人」だ。だからすてきなのだ。

とはいえ、もちろんサボテンに関する造詣は深く、興味深い資料があったりする。この60年代~70年代の雑誌などはすごく魅力的だった。正直、ぼくはこれに一番興奮しちゃった。これに大興奮って、ぼくの部屋が倉庫になっちゃうのはこれはもうしょうがないな、と自分で思った。

ほかの「同居人」たちを並べてみよう

さて、この連載でぼくは毎回あるルールで撮った写真を載せていこうと思っている。ひとつは冒頭の写真のように、平面図みたいに部屋を撮るっていうもの。そしてもうひとつは「その部屋に住んでいる人を特徴付けるモノを並べて撮る」だ。今回はやはりサボテンたちかなあ。

―これを一箇所に並べてもらうのって、手間ですよねえ。どうしよう…
「べつにだいじょうぶですよ」
―どうしよう?(と編集田村さんとごにょごにょ)
「じゃあ、これはどうでしょうか?」

と奥さまが持ってきたのがぬいぐるみ。冒頭の平面図写真の右下を見てみてください。いますよね。これはいいな、撮ってみよう

ということで今回はぬいぐるみたちを並べてみました。

ちなみにこうやってリンゴ箱(このリンゴ箱の再利用もすてきだった!)にひとつずつ載せて撮ったんですが

「これも」といって生きてる子が登場!ぬいぐるみっぽいけれども!

これも「同居人」のモルモットたち。かわいいぞ。

ほかにもこのような同居人もいました。

奥さまの肩に。

旦那さまの肩に。

ぼくの肩に!

ぼくもこういう同居人たちがいれば部屋が素敵になるのかなー。サボテンかわいいしなー、そんな手間じゃないのなら買ってみようかなー。いいなー。

こちらも恒例の「床に寝てもらってポートレイト」。ほんとうに素敵な部屋とご夫婦でした。また行きたい。

※Mさん夫妻のお部屋の写真は、インテリア投稿アプリ”RoomClip”にたくさん投稿してらっしゃいます。こちらもチェック!
Mさんアカウントはこちら

写真と文:大山 顕
“ヤバ景” フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。住宅都市整理公団総裁。出版、テレビ出演、イベント主催などを行う。「”ヤバ景”って何?」「”総裁”っておおげさじゃない?」など各種ご興味がわいた方は OHYAMA Ken.com にいってみてください。
Twitter (@sohsai)Facebook


最後にもう一度、編集部から。
くらし好きさんに大人気、グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、都内を中心に、毎月10~20部屋登場します。次に無垢のお部屋に住むのはあなたかも!?
>いますぐ住めるTOMOSのお部屋一覧へ
>現在工事中!カスタマイズのできるお部屋一覧へ