「新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践~規制のサンドボックス制度の活用事例」に弊社小野が登壇します

2020年12月9日(水)に開催される法律事務所ZeLo・外国法共同事業主催のイベント「新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践~規制のサンドボックス制度の活用事例」に、弊社の小野誠人が登壇いたします。

本イベントは、新規ビジネス立ち上げ時や、既存ビジネスを変更する際などに利用できる規制改革スキームの概要をご紹介することを目的としています。

規制のサンドボックス制度を実際に利用し、「電子契約システムを用いたマンスリーマンション事業に係る定期借家契約書面の作成に関する実証」を行っている小野が、制度利用に至った背景や実際の実証実験の内容などをご紹介します。

 

小野 誠人
小野 誠人: グッドルーム株式会社ビジネス開発推進本部所属。ホテル長期滞在者向けポータルサイト「goodroomホテルパス」の事業責任者兼、不動産賃貸業向けに電子署名サービスの開発・販売も担当。不動産業における書面交付や押印に対する規制緩和を進めるべく、規制のサンドボックス制度を活用した実証実験を2020年9月より実施中。

 

■新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践~規制のサンドボックス制度の活用事例
・日時 :2020年12月9日(水) 17:00-18:30 ※CIC Tokyoよりオンライン配信
・主催 :法律事務所ZeLo・外国法共同事業
・参加費:無料(WEBで事前にお申込みをいただいた方のみ)
・ご予約:https://peatix.com/sales/event/1702660/tickets

小野による講演の他、内閣官房、事業者、弁護士の三者によるディスカッションもございます。

新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践についてご関心をお持ちの方、是非ご参加ください。

Recruit採用情報

goodroomでは、お部屋探しの未来を一緒に作る仲間を募集しています。

詳細を見る