「全国賃貸住宅新聞」(22/7/25)にて、goodroomホテルパスが取り上げられました

定額で全国の物件に滞在
~「暮らしのサブスク」ア拠点居住で空室活用~

2022年7月25日(月)の「全国賃貸住宅新聞」で、goodroomホテルパスが取り上げられました。
記事内では、「賃貸住宅フェア2022」で7月27日に開催する座談会「「暮らしのサブスク」多拠点居住で空室活用」の登壇者3社(グッドルーム、LIFULL、アドレス)の取組が紹介されています。新型コロナウイルス禍で新たな暮らし方の一つとして注目を集める「多拠点居住ビジネス」について、サービス内容や地方のオーナー・不動産会社にとって商機になるのかを伝えています。

弊社代表の小倉がhotelpassの紹介をしています。是非ご覧ください。
(全国賃貸住宅新聞 掲載号:1518号)


「暮らしぜんぶ、いいとこどり。」をコンセプトに、全国44都道府県各地800施設以上*と提携するホテル暮らしのサブスクリプションサービス(*2022年3月末現在)。テレワークや観光地でのワーケーション、多拠点生活などに適したホテルを、賃貸と変わらないリーズナブルな定額制(月額6.98万円〜)で利用可能。
初期費用や家事、掃除も省いて、自由に住みたいところに暮らせる、まさに暮らしのいいとこどりが叶う身軽な生活を提供しています。

サービス開始日:2020年6月
公式サイト:https://livingpass.goodrooms.jp/


「goodroomホテルパス」サイトイメージ

Recruit採用情報

goodroomでは、お部屋探しの未来を一緒に作る仲間を募集しています。

詳細を見る