goodroom「ホテルパス」新社会人のお部屋探しに新提案 卒業後、学生マンションから旅立つ新社会人に向け「ナジック」と提携開始

新社会人のお部屋探しに新提案
卒業後、学生マンションから旅立つ新社会人に優しいサービスを目指し提携開始

ホテルのサブスクリプションサービス「goodroomホテルパス」(以下、ホテルパス)を運営するグッドルーム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小倉弘之、以下「グッドルーム」)と、学生マンションなど学生用賃貸住宅を運営する株式会社学生情報センター(本社:京都市下京区、代表取締役社長: 吉浦 勝博、以下「ナジック」)は、大学などを卒業後、就職する新社会人の新しい住まいの形としてホテル暮らしを提案するため提携し、この度サービスを開始いたしました。

学生マンションを退去する学生をもっとサポートしたいという思いから提携へ

グッドルームとナジックは2016年より、学生のお部屋探しの検索サイトの充実や学生マンションのリノベーション等での協働を通じて、ひとり暮らしのお部屋探しをされる学生とその保護者や、入居学生、学生マンションオーナーの満足向上を図ってまいりました。
退去される学生を対象にした具体的なサービスはこれまでになく、初の取組みとなります。学生マンションの性質上、入居していた学生は卒業後に退去されますが、就職先の配属先が未定で、仮住まい探しについてご相談いただくケースも少なくありません。この度提供する「ホテルパス」により、これまで以上に学生の退去後の生活を応援してまいります。

【提携内容】
・実施期間  :2022年10月~2023年3月中のお問合せ (予定)
・対象者   :学生マンションに入居中でホテルパス新規契約の方
・応募方法  :特設ページ内のお問合せフォームから必要事項を記入
・特典内容  :Amazonギフト券5,000円分
・特典受取方法:入居開始後メールにてギフト券送付

【今回の提携でターゲットとするユーザーは新社会人】
・学生マンションを退去し、新社会人になる方
・就職活動中のために、一時的な仮住まいを探している方
・配属先が決まるまでの一時的な仮住まいを探している方
・会社から近い都心エリアに住みたい方

 

20~30代の新卒や働き盛りの年代がホテルに“住んで”いる

ホテルパスユーザーのうち、実は働き盛りの年代層が最も多く(※)、今回ターゲットとするユーザーとも親和性が高いと言えます。

「ホテル暮らしをしているユーザーの年代別グラフ」
(※)goodroomホテルパスユーザーアンケート第2弾(期間:2022年8月1日〜8月14日 エリア:全国)

 

半数のユーザーが“新生活”でホテル暮らしを選択

就職や引っ越しなどの新生活というタイミングで、賃貸住宅暮らしからホテル暮らしへ移行するユーザーが5割以上と最も多いホテルパス。まさに、春から新生活を始める学生マンションの退去者に提案したい暮らし方です。

「ホテル暮らしを始めたきっかけ」
(※)goodroomホテルパスユーザーアンケート第2弾(期間:2022年8月1日〜8月14日 エリア:全国)

 

▼詳細はこちらをご覧下さい
グッドルームとナジック提携開始


「暮らしぜんぶ、いいとこどり。」をコンセプトに、全国47都道府県各地800施設以上*と提携するホテル暮らしのサブスクリプションサービス(*2022年9月末現在)。テレワークや観光地での旅するような暮らし、多拠点生活などに適したホテルを、賃貸と変わらないリーズナブルな定額制(月額6.98万円〜)で利用可能。
初期費用や家事、掃除も省いて、自由に住みたいところに暮らせる、まさに暮らしのぜんぶのいいとこどりが叶う身軽な暮らしを提供しています。

サービス開始日:2020年6月
公式サイト:https://livingpass.goodrooms.jp/
※掲載内容や料金は時期によって予告なく変更となる場合がございます。

Recruit採用情報

goodroomでは、お部屋探しの未来を一緒に作る仲間を募集しています。

詳細を見る