ストーリー

駅に到着、いくらか歩いてお部屋へ。ほっと一息。

この流れの中で、これほどある一部の構成が重要だということを認識させてくれるお部屋はないと思います。マンションで、オートロックがあるんですが、このお部屋だけ、オートロックの玄関を通らずに、道からそのまま入るんです。この「駅、徒歩、家、ほっ」を揺さぶる問題のお部屋を、今回は紹介します。

建物は自由が丘から歩くこと5分。自由が丘という人気エリアにあっては、駅近の内に入ると思います。帰り様によっては、緑道を帰路に加えることもでき、場所もとてもいいと思います。そうしてたどり着いた建物には入り口が3つ。一つは1階に入居する店舗。もう一つはオートロックのマンション入り口。そして102号室。。。

歴史的に見てみましょう。道路に面して門を省いて入口がある形式。例えば農家は生け垣が巡って門があり、主屋があって玄関が存在します。この時、門はすなわちオートロックのエントランス。公私というものが、ヒエラルキーをもって緩やかに移行します。これが省略された形を取るのがそう、町家です。もちろん中には門をとるものがありますが、道路に面して玄関がある形式が町家です。このお部屋は、まさに町家の形式を表面的に現しています。

考えてみましょう。町家は、道路に面した居室に格子を造ります。つまり、プライバシーの問題を内部化したのです。このお部屋を見ると、その部分がちょうど磨りガラスであり、ここから入る光と、道の往来による光の造形こそが、この部屋のテーマなのだと分かります。この場所にあるべき本来の姿です。

さて、とはいっても、町家で寝室は2階とか1階の奥とか、さすがに表ではありませんでした。そもそも寝室という名称は本来ないのですが、それをギリギリ表現したのがこのロフトであり、手すりのデザインです。この部屋に似つかわしくないコテージ風の手すりデザイン。この部屋がここで破綻したことを見事に表現した意匠です。わざとです。わざとおかしくしているのです。これも建築する一つの意味なのかもしれません。

場所よし意匠よし。されどアイロニー。この皮肉をものともしない、自分のデザインに変えてしまえる人、自由が丘が呼んでます。

物件概要

1人がお気に入りに登録中
家賃 138,000円
管理費 5,000円
号室/階 102号室
間取 ワンルーム
広さ 25.06㎡

アクセス

東京都世田谷区奥沢7丁目3-10
敷金/礼金 1ヶ月/1ヶ月
仲介手数料1.08ヶ月

間取り

間取り図

設備

  • オートロック
  • モニター
  • 洗面台
  • 洗浄便座
  • 追い炊き
  • バストイレ別
  • 室内洗濯機
  • エアコン
  • 2口ガス
  • ペット可

備考

築年月:2007年3月/鉄筋コン/4階建て/西/即入居可能/要保険加入/普通借家契約/契約期間2年/要保険加入。【仲介手数料には別途消費税が加算されます。】 フリーレント1ヶ月/退去時クリーニング負担/保証会社可能/商品券3万円/ペット不可/事務所可能/取引態様:媒介/情報更新日:2016-3-21

そのほか設備

電気/都市ガス/公営水道/下水/エアコン/室内洗濯機置き場/IHコンロ/BT同室/浴室乾燥機/洗面台/フローリング/ロフト/光

取扱不動産会社 グッドルームグループ