single.php
団地住まい予備軍のあなたへ。 Vol.5

リノベ前とどう違う? 団地のビフォアアフターを見てみよう

シェア
リノベ前とどう違う? 団地のビフォアアフターを見てみよう

「団地」の価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞きます。
”団地家”の吉永健一さん、今回は、同じ団地の「リノベーション後のお部屋、前のお部屋」を比較して紹介してくれました。団地は築年数が経っていても、内装は丁寧にメンテナンスされていくんですね。

text & photo : Kenichi Yoshinaga

リノベ団地と昔のままの団地はどれくらい違うのか?

リノベーションされた団地に住みたいという相談がよく来ます。
しかし、リノベーションした部屋は人気が高く、空きも出ないので入居は難しいものがあります。
家賃が高めだったり、元は空きがちな条件の部屋(最上階など)の場合もあり、それで団地に住むことをあきらめる人もいます。そのたびに、「リノベーションしていない団地も結構いいのに、もったいないな」と思っています。

リノベーションする前の団地がどのようなものなのか、リノベーションすることでどれくらい変わっているのかは知られていないこともその一因かもしれません。そんなことが気になったので、今回はリノベ団地のビフォーアフターについてお話していきたいと思います。

大阪府豊中市に建てられた東豊中第2団地 。今年築50年を迎えた。

大阪府豊中市に建てられた東豊中第2団地 。今年築50年を迎えた。

URの団地、東豊中第2団地にはMUJIとUR都市機構がコラボレーションして話題になった団地リノベーション MUJI×UR のお部屋があります。
MUJI×UR の部屋とその元となった間取りと同じ部屋を比べてみましょう。

アフター : 東豊中第2団地の MUJI×UR リノベーション

まずはリノベーション後のお部屋ー MUJI×UR から。
MUJIらしい飾らないけど爽やかな豊かさを感じる空間になっています。特にステキなのはダイニングキッチンです。南側に面するようにキッチンシンクが設けられているのでとても明るい。外の景色を眺めながらの料理というのも楽しそうです。トイレ、洗面、浴室もあたらしいものに入れ替えられています。

元はDKと和室の2室をワンルームに改装

元はDKと和室の2室をワンルームに改装

窓からは団地の景色が目に入る

窓からは団地の景色が目に入る

寝室は押入れのふすまが取り払われてオープン収納に改装

寝室は押入れのふすまが取り払われてオープン収納に改装

便器が入れ替えられている

便器が入れ替えられている

シンプルな洗面器が取り付けられている

シンプルな洗面器が取り付けられている

浴槽の入れ替え、タイルの張り替えが行われている

浴槽の入れ替え、タイルの張り替えが行われている

次にリノベーションしていないオリジナルのままのお部屋を見てましょう。

ビフォア : 昔のままの間取りの部屋

和室や欄間があってちょっと懐かしさが漂いますね。
先に見たMUJI×URの改装前の間取りを左右反転させたものと同じで、ダイニングキッチンも同じく南側の部屋にあります。
南側に面する窓際にキッチンシンクが設けられているのでこちらも明るい。物干しを考えるとキッチンからすぐバルコニーに出られるのは便利そうです。
ダイニングキッチンと和室の間には襖がありますが開け放てばリビングダイニングキッチンとして使えます。間取りは昔のままですがキッチン、トイレ、洗面、浴室もあたらしいものに入れ替えられています。

DKと和室の間は襖によって仕切ることができる

DKと和室の間は襖によって仕切ることができる

MUJI×UR同様南側にキッチンが設けられている

MUJI×UR同様南側にキッチンが設けられている

北側の和室から南の和室とDKを見る

北側の和室から南の和室とDKを見る

便器は最近の製品に入れ替えられている

便器は最近の製品に入れ替えられている

洗面台と鏡付き収納が設えられている

洗面台と鏡付き収納が設えられている

MUJI×URと同程度に浴槽の入れ替え、タイルの張り替えがされている

MUJI×URと同程度に浴槽の入れ替え、タイルの張り替えがされている

リノベ前でも、内装はメンテナンスされています

ここまで見ると「MUJI×URとあまり変わらないのでは」と思われる方もいるかもしれません。それはMUJIの目指す「シンプルで豊かな暮らし」が元々団地が目指していたことでもあるからです。そのためリノベーションしていなくてもどことなく似ているのです。

また「内装が想像したよりきれい」「設備がリノベーションしたものと変わらない」と驚かれた方もいると思います。“昔のまま”と聞くとみなさんがイメージするのは下の写真のようなお部屋と思われます。MUJI×UR以前に改装前としてこのレベルの部屋がテレビにでていたことがありましたが、おそらく完成当時から住人が入れ替わらず今まで改装できなかった部屋だったのでしょう。URでは住人が入れ替わるたびに内装のメンテナンスをしています。その時代に合わせて仕上げ、設備も入れ替えています。築50年であっても50年前のままということはないのです。

完成当時のままの部屋

完成当時のままの部屋

間取りが昔のままということは、今風の暮らしができないのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、リノベーションしていなくても工夫次第でおしゃれに住むことはできます。ちなみにトップ画像はリノベーションしていないお部屋です。照明や家具のしつらえで十分おしゃれに住むことはできるのです。リノベーションしていない普通の部屋も一度のぞいてみてください。そこに求めていた部屋があるかもしれませんよ。

襖を取り払いカーペットを敷いてワンルームにしつらえている

襖を取り払いカーペットを敷いてワンルームにしつらえている

吉永健一

吉永健一

団地に取り憑かれた建築家。
団地のリノベーション設計とともに団地専門の不動産屋「団地不動産」としてUR賃貸住宅のあっせん、分譲団地の仲介を行う。全国団地愛好家集団「プロジェクトD」メンバーとして団地の魅力を世に伝えるイベント企画出演、記事執筆もこなす。

>goodroomで大阪の「団地」の賃貸を探す
>goodroomで大阪の「リノベーション」の賃貸を探す

シェア
リノベ前とどう違う? 団地のビフォアアフターを見てみよう
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

団地住まい予備軍のあなたへ。 Vol.3

ビルですか?いえセレブ団地です―市街地住宅の魅力とは

「団地」の価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞きます。”団地家”の吉永健一さん、今回は、若い人にも人気があるという「セレブ団地」、市街地住宅の魅力をたっぷり語ってくれました。…

団地住まい予備軍のあなたへ。 Vol.4

どこが運営するかで性格も変わる。団地の種類いろいろ

「団地」の価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞きます。 ”団地家”の吉永健一さん、今回は「団地の種類」を解説してくれました。自分が「団地」と思っていたものだけが団地じゃないかも。それぞれの団地の性格を知りましょう。…

団地住まい予備軍のあなたへ。 Vol.7

採光・通風が命! 抜群の日当たり・風通しを確保する、団地の工夫とは?

「団地」の価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞きます。 「団地の最大のメリットは、日当たり、風通しの良さ」と、団地家の吉永健一さん。抜群の日当たり、風通しを確保するために知恵を絞った、団地の工夫を教えてもらいました。…

団地住まい予備軍のあなたへ。 Vol.6

エレベーターつきの団地もあるよ!高層団地のすすめ

「団地」の価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞きます。 団地家の吉永健一さん、今月は、エレベーターもばっちりついている、高層団地について教えてもらいました。スペースもゆったり、それにかっこいい!ちょっと住んでみたくなる団地が揃ってます。…

#団地の暮らし方

「どうやら私には団地が合っているらしい」 “団地家”吉永健一さんインタビュー [PR]

昭和30年頃から高度経済成長期にかけて、より良い住宅を供給するため建てられた「団地」。その価値を見直し蘇らせる再生プロジェクトが、全国で始まっています。「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」goodroom journalでは、リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く新連載「#団地の暮らし方。」をスタートします。 第1回目は、高槻市に設計事務所をかまえ、住処として…

#団地の暮らし方

部屋の真ん中にお風呂がある、早すぎた団地マニアの部屋

「いま、団地に暮らすってどんな感じなんだろう?」リアルに団地に暮らすひとびと、団地に関わるひとびとにお話を聞く連載「#団地の暮らし方」。 今回は、約20年前に団地を購入、セルフリノベーションして住んでいる「早すぎた団地マニア」BADONさん夫婦のお部屋におじゃましました。…