single.php
教えて!グッドルーム

不動産屋さんに行く前にチェック!効率のよい内覧をするために準備することは?

シェア
不動産屋さんに行く前にチェック!効率のよい内覧をするために準備することは?

Q. いつもドタバタしてしまう部屋探し。あらかじめ準備するなら、何をすればいい?

そろそろ、今住んでいる部屋の更新が近づいてきたので、部屋探しを始めようと思っています。
何度か引越しをしているのですが、いつも部屋探しはドタバタ。内覧に行く前に準備しておいたほうがいいことってありますか?

A. 「なぜ引っ越したいのか?」を明確に。「これだ!」と思うお部屋があれば即決が吉です。

なんとなく不動産屋さんに行って内覧をしてみたもののなかなか決められず、他の人にとられてしまって後から後悔するということ、よくありますよね。
特にこれからの12月〜3月のお引越しシーズンは、よい条件のお部屋ほど争奪戦が激しくなります。
「見てから考える」「いい部屋があれば」と、条件を考えずにたくさんのお部屋を見てしまうと、却って悩み続けてしまうという方、多いんです。
いいお部屋を見た時に「これだ!」と即決できるよう、内覧の前に、自分にとって大切な「いい部屋の条件」をしっかり決めておきましょう。

次の引越しで解決したいことは何?

「いい部屋の条件」といっても、誰にとってもパーフェクトな条件のお部屋、というものは存在しません。
探すべきなのは、「誰にとっても条件のよい部屋」ではなく、「自分の思い描いたライフスタイルが実現できるお部屋」です。
グッドルームでは、お店に来ていただいたお客様には、「なぜ、引越しをしたいと思ったのか?」「いま住んでいるお部屋で不満なところはどこか?」とお客様の求めるライフスタイルをお聞きしながら、「引越しのゴール」を明確にし、共有できるようにしています。

たとえば、

・ 会社への通勤時間を少しでも短縮したい
・ 今の部屋は陽当たりが悪い。気分がスカっとするような部屋に引っ越したい
・ ふたりで一緒に料理ができるキッチンと広いリビングがほしい

など、「自分にとって最も叶えたいこと」が明確になれば、びびっとくる部屋に出会った時、迷わなくなります。
特に、ふたり暮らしを始める方は、実際のお部屋を見る前におふたりでしっかり話し合っておくのがよいですね。

予算はぶれないことが最も大事

家賃と初期費用に出せる上限の予算は、お部屋探しの最中でぶれることがないように明確にしておきましょう。

ひとり暮らしの方で、家賃は「収入の1/3以下」が目安と言われています。
ただ、少し家賃が高くても、会社のすぐ近くだったり、素晴らしい眺望だったり、コスト以上のメリットを感じられることもあります。
家計簿アプリなどを使って、自分が月々にどのぐらいお金を使っているか、家賃にいくら出せるのかをしっかり把握しましょう。

ふたり暮らしの方は、お互いに本音で話し合っておくのが大事です。
時々いらっしゃるのは、「ひとりで住むとしたら6万円、ふたりで住むなら12万円ぐらい」と、両方の場合を想定して探される場合ですが、予算が大きくぶれていると、条件が曖昧になって決められないことがほとんどです。まず同居が可能なのか、相手の意向はもちろん、保証人となってくれるご家族などにもあらかじめ相談しておくことがマストです。

予算を超えたお部屋を内覧するのはやめておきましょう。
12月〜3月のあいだの人気物件で、家賃交渉に応じてくれることはまずないと諦めた方がよいかなと思います。
同様に、この期間には少し待てば家賃が下がるということも、まずありません(もし下がるとしたら、4月以降まで残っていた場合ですが、そういうお部屋はなにか決まらない理由があるはずです)。
内覧に行く前に、敷金、礼金、仲介手数料などの「初期費用」も忘れずにチェックしてください。

人気物件は、申込〜入居スタートまでスピード勝負です

グッドルームでは、それぞれのエリアの多数ある物件の中からスタッフが厳選し「これは」と思うお部屋をサイトでご紹介しています。
お引越しシーズンのピークでは、その週はじめに掲載したお部屋は次の週末を越えると満室、ということがとても多くあります。

いいお部屋をおさえるために重要なポイントとなるのが、「入居申込書類の提出」「入居審査」です。ほとんどのお部屋で、入居の申込は「内覧した順」ではなく、「入居申込書類がそろった順」、そして「入居できるタイミングが早い順」におさえられてしまいます。

「これぞ」と思う部屋を内覧しに行くときには、ここで手間取ることのないよう、必要な書類をあらかじめ確認し、準備しましょう。

必要書類はお部屋によって異なりますが、下記のものが手元にあると安心です。

▪︎入居審査に必要な書類
・身分証(パスポート、運転免許証、健康保険証など。必須です)
・収入証明書(源泉徴収票、給与明細、住民税の課税証明書など)

▪︎ご契約時に必要な書類
・ 認印もしくは実印(実印契約の場合)
・ 実印契約の場合は印鑑証明書
・ 住民票
・ 連帯保証人の印鑑証明書(連帯保証人をつけた場合です)

また、申込を行ってから賃料が発生するタイミングは、「10日から3週間程度」です。
1ヶ月以上先まで待ってもらえることはほとんどありません。
今のお部屋の解約方法についてあらかじめ確認し、家賃が重なることも踏まえての予算設定をしておきましょう。

お部屋探し・引っ越し準備のコツをまとめました!

goodroom journal では、お部屋探し・引越し準備のよくある質問にお答えしています!
ぜひ参考にしてみてください。

女性のひとり暮らしで気をつけることって? 部屋選びのポイントまとめ
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=18237

お部屋探しのプロが薦める住みやすい街の選び方 in 東京
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=4606

通勤に便利な街・路線の選び方は?グッドルームスタッフのオススメをきいてみた in 東京
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=5877

引越にかかる費用、安くすませる方法は? 引越金額相場まとめ
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=1124

【保存版】引越にまつわる「失敗」傾向と対策
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=7552

お部屋や引越しのお悩み、大募集!

いただいた質問に、引越し大好きな goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

powered by Typeform

引越し応援隊 記事まとめ

賃貸の「部屋探し」に関するアイディア
賃貸の「引越準備」に関するアイディア
賃貸の「お金・トラブル」に関するアイディア
賃貸の「家具・収納」に関するアイディア
賃貸の「間取り」に関するアイディア
ひとり暮らしに関するアイディア
ふたり暮らしに関するアイディア

シェア
不動産屋さんに行く前にチェック!効率のよい内覧をするために準備することは?
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読