single.php
#はじめよう新生活 [PR]

学生に寄り添う住まいのあり方。「カレッジハイツディグニティー」で暮らす関西大学の先輩に、ここに決めた理由を聞きました

シェア
学生に寄り添う住まいのあり方。「カレッジハイツディグニティー」で暮らす関西大学の先輩に、ここに決めた理由を聞きました

受験シーズン真っ只中。春からの新生活に向けて、期待と不安が入り混じって大きく気持ちの揺れ動くこの頃。安心して暮らせる「住まい」選びって、学生さんにとっても、とても大事ですよね。
大阪に、学生さんの暮らしを第一に考えた学生マンションがあると聞き、そこに暮らす先輩に、「学生のための住まい選び」のコツをお聞きしてきました。

text : Miha Tamura / photo : Yumiko Inoue / 提供 : 株式会社学生情報センター新大阪駅前店

学生生活で成功する住まいの選び方って?

落ち着いた静かな環境を選びたい

やってきたのは、関西大学の千里山キャンパスに通う学生さんが多く暮らすという、吹田市上山手町。この辺り一帯は、とても治安の良いエリアとしても知られていて、いわゆる「学生街」のイメージとは異なりファミリー世帯も多く暮らす、閑静な住宅街です。

最寄りは阪急千里線の関大前駅。関西大学のキャンパスを抜けて、東門の先に住宅街が広がっています。

最寄りは阪急千里線の関大前駅。関西大学のキャンパスを抜けて、東門の先に住宅街が広がっています。

スーパーや飲食店、クリニックなど必要な設備が並木道沿いに揃います。

スーパーや飲食店、クリニックなど必要な設備が並木道沿いに揃います。

大きな公園もありました。小さなお子さんたちが元気よく遊んでいて、このエリアがファミリー世帯によく選ばれていることが伺えます。

大きな公園もありました。小さなお子さんたちが元気よく遊んでいて、このエリアがファミリー世帯によく選ばれていることが伺えます。

おしゃれなカフェや、パン屋さんなどもありました。

おしゃれなカフェや、パン屋さんなどもありました。

お話を聞かせてくれたのは、昨年春から関西大学に通う美羽(みう)さん(写真右)と、カレッジハイツディグニティーを管理するナジック学生情報センターの三浦さん(写真左)。

お話を聞かせてくれたのは、昨年春から関西大学に通う美羽(みう)さん(写真右)と、カレッジハイツディグニティーを管理するナジック学生情報センターの三浦さん(写真左)。

美羽さんは、関西大学法学部の1回生。
ご実家は関東で、最初は奈良にあるご親族のお家から通っていたそうですが、「法学部は、1限の嵐」。大学の近くに良いところがないか探していて、学生マンションのカレッジハイツディグニティーを見つけ、即決したとのこと。

「歩くのは苦じゃないので、静かなところがいいな、と思っていて。もともと住んでいたエリアが、幹線道路が近くとてもうるさいエリアだったので、ここはもう、めちゃくちゃ静かで。それが気に入って、すぐに決めました」

三浦さんも、実は関西大学の卒業生。学生時代には、このエリアに住んでいるお友達も多かったそうです。

「ここは駅から少し離れるんですが、学校には近いですし、関大前駅の駅前って実はあまりスーパーなどはなくて。こちら側には生活に必要なお店が結構揃っています。立地は何をしても変えられないところなので、静かで、治安がいいところはやっぱり、おすすめできますね」

駅や学校まで、ちょっと坂道にはなるんですが、という三浦さんに、「法学部のキャンパスまでなら、平坦で行けるルート、発見したんですよ」と美羽さん。緑も多く、散歩にも最適なエリア、自分だけの通学ルートを探すのも楽しそうですね。

駅や学校まで、ちょっと坂道にはなるんですが、という三浦さんに、「法学部のキャンパスまでなら、平坦で行けるルート、発見したんですよ」と美羽さん。緑も多く、散歩にも最適なエリア、自分だけの通学ルートを探すのも楽しそうですね。

ストレスのない、充実の設備と、費用面も嬉しいサポート

早速、カレッジハイツディグニティーのモデルルームに案内していただくことに。
学生マンションっていろんなタイプのものがありますが、こちらはキッチン、バストイレ、洗濯機など、必要な設備は全てパーソナルスペースに備わっている、一般的なワンルームマンションと変わりないつくりの建物です。
それだけでなく、思わず学生さんが羨ましくなってしまうほど、充実の設備が待っていました。

RC造5階建の立派な建物。共用エントランスはオートロックの自動ドアです。

RC造5階建の立派な建物。共用エントランスはオートロックの自動ドアです。

自転車、それに大型バイクまで無料で置くことができる、屋根付きのしっかりとした駐輪場。

自転車、それに大型バイクまで無料で置くことができる、屋根付きのしっかりとした駐輪場。

驚いたのは、宅配ボックスまでが完備されていること。

驚いたのは、宅配ボックスまでが完備されていること。

大切なご子息が暮らすマンション。親御さんが一番気になるのはやはりセキュリティ。ナジック学生情報センターが管理するマンションは、ほとんどがオートロック付きで、防犯カメラも設置されているなど、セキュリティ面は一般のマンションと比較してもかなり安心のできる設備が整っています。

カレッジハイツディグニティーではさらに、学校での勉強にサークル活動、アルバイトと忙しい学生さんの暮らしを考慮して、宅配ボックスまでが設置されていました。

こちらが、パーソナルスペース内。6.8畳と十分な広さがあります(写真はモデルルーム、家具は付属しません)

こちらが、パーソナルスペース内。6.8畳と十分な広さがあります(写真はモデルルーム、家具は付属しません)

ベッド、それに大きめのデスクを置いても余裕がありそうな空間。さらにはバストイレもしっかり別で、防音面もしっかりしていて、これは確かに、美羽さんが即決するのも頷けるほど。

ベッド、それに大きめのデスクを置いても余裕がありそうな空間。さらにはバストイレもしっかり別で、防音面もしっかりしていて、これは確かに、美羽さんが即決するのも頷けるほど。

「実は、こちらの建物のオーナーさんは、吹田市で長年、教育事業に携わってこられた方なんです。学生さんの生活を少しでもサポートしたい、という思いが強い方なんですね」 と三浦さん。

「実は、こちらの建物のオーナーさんは、吹田市で長年、教育事業に携わってこられた方なんです。学生さんの生活を少しでもサポートしたい、という思いが強い方なんですね」と三浦さん。

なるほど、ご家族もしっかり安心でき、学生さん本人にとってもストレスなく暮らせそうな充実の設備は、オーナーさんの強い想いの賜物だったんですね。

さらに、敷金・礼金の双方が不要で、インターネットも無料で利用できるなど、費用面でも嬉しいサポートあり。オーナーさんの大きな優しさを感じて、自分のことのようになんだか嬉しくなってしまいました。

「ベランダから見る景色がとても開けてるのも気に入ってます!」と美羽さん。写真左奥にはキャンパスが見えるほど、大学にも近いです(写真は西側4階のお部屋からの眺望)

「ベランダから見る景色がとても開けてるのも気に入ってます!」と美羽さん。写真左奥には千里山キャンパスが見えるほど、関西大学にも近いです(写真は西側4階のお部屋からの眺望)

「学生マンション」だからこその安心感

さらに、ナジック学生情報センターオリジナルのサービスも充実しています。
例えば、合格発表の前に予約金不要で入居の予約ができる「合格前予約」サービス。
また、家賃を支払うのも入居開始日からでいいというのも嬉しい仕組みです。

そのため、志望校を絞り込んだ秋頃からお部屋探しを始めて入居の予約をしても、正式に契約するのは合格発表後でよく、さらに、家賃は実際に入居を開始する日からでOK。安心して受験勉強に専念できる体制が整っているんですね。

「住んでいるのが100%学生なので、生活リズムが同じなのもよかったです」。 例えば大学のテスト期間中にはみんな勉強に専念するためすごく静かになるんだとか。

「住んでいるのが100%学生なので、生活リズムが同じなのもよかったです」。
例えば大学のテスト期間中にはみんな勉強に専念するためすごく静かになるんだとか。

建物内にもお友達が住んでいて、大学に近いことからホームパーティーをしたり、お友達がよく泊まりに来ることもあるとのこと。パーソナルスペースもしっかり充実したお部屋なので、勉強に打ち込みつつ、ひとり暮らしを満喫している様子が伝わってきました。

「やっぱり、お米の炊き方を覚えるとか、ひとり暮らしの前には身の回りのことは一通り、できるようにしておいたほうがいいですね」としっかり者の美羽さん。
ちょっと不安に思ったのは、昨年続けて起きた、地震や台風などの災害時。

ナジック学生情報センターには、24時間体制で対応してくれるコールセンターもあって、不安に思った時や、学生生活の悩みなども相談できるようになっているんだそうです。

小さい頃から弁護士になるのが夢という美羽さん。夢に向かって、一歩一歩しっかりと進んでいる姿が素敵でした。

小さい頃から弁護士になるのが夢という美羽さん。夢に向かって、一歩一歩しっかりと進んでいる姿が素敵でした。

将来のために、たくさんのことを吸収し、たくさんの人に出会って成長する、学生生活。
そんな学生生活を、オーナーさんや管理会社それぞれが全力でサポートしてくれるって、とても素敵なことだなぁと感じました。
学生に寄り添う住まいのあり方として、学生マンション、なかなかおすすめです。

カレッジハイツディグニティー 募集中のお部屋はこちら

310号室(ワンルーム / 20.16㎡ / 賃料4.5万円 / 管理費6,000円)

190111_001
1034_800_800

goodroomで東京・神奈川・埼玉・千葉の賃貸を探す
goodroomで大阪・神戸・京都の賃貸を探す
goodroomで名古屋・愛知の賃貸を探す
goodroomで福岡の賃貸を探す
goodroomで札幌・北海道の賃貸を探す

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。役得。

シェア
学生に寄り添う住まいのあり方。「カレッジハイツディグニティー」で暮らす関西大学の先輩に、ここに決めた理由を聞きました
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

goodroom社員50人に聞きました Vol.1

間取りを見るとき「最も重視すること」第1位は?

ひとり暮らし、ふたり暮らしの賃貸に住むスタッフが多いグッドルーム。引越し大好きなスタッフ50人に「部屋探しのコツ」についてアンケートをとってみました。第1回は、「間取り図を見るとき、最も重視すること」。みんなが重視していることって、なに……!?…

教えて!グッドルーム

【保存版】「狭い賃貸」で使えるインテリアのコツ&アイディアまとめ

どうしてもスペースが限られてしまう、賃貸のマンションやアパートのお部屋。狭くても落ち着けるインテリアを作りたいけれど、どうしたらいいんだろう? これまでにご紹介したコツやアイディア集を一挙にまとめてみました。週末の模様替えやお買い物にぜひお役立てください。…

教えて!グッドルーム

狭いキッチン、どうやって使ってる?料理好きさんの工夫まとめ

今週は、「狭いキッチンのレイアウトを教えてください!」というご相談をいただきました。 たくさんのひとり暮らしのキッチンを見せていただきましたが、私が言えること、それは、「狭ければ狭いほど、たくさんの工夫が詰まってる!」ということ。料理を楽しむための工夫をまとめてみました。…

#goodspot

中之島図書館の中に誕生した北欧テイストのおしゃれな空間、スモーブローキッチン(大阪近代建築カフェめぐり Vol.1)

レトロで重厚なたくさんの近代建築が残る大阪。その建物の多くはいまも現役で使われていて、カフェやバー、レストランとして営業しているところも多いんです。歴史を感じる素敵な空間と美味しい料理が両方楽しめちゃう、近代建築カフェを巡ります。 第1回は、大阪府立中之島図書館の中にオープンした、北欧オープンサンドのお店をチェック。…

#goodspot / osaka

大正期の建物で優雅なティータイム『五感・北浜本館』(大阪近代建築カフェめぐり Vol.3)

レトロで重厚なたくさんの近代建築が残る大阪。歴史を感じる素敵な空間と美味しい料理が両方楽しめちゃう、近代建築カフェを巡ります。 第3回は、大正期に銀行として建てられたゴージャスな建物の中で、美味しいスイーツと紅茶とともに優雅なひとときを楽しんでみました。…

アプリバナー