single.php
#goodspot / tokyo

深みのあるカレーを堪能できる。武蔵小金井『カレーの店 プーさん』

シェア
深みのあるカレーを堪能できる。武蔵小金井『カレーの店 プーさん』

武蔵小金井にある、カレーの名店「プーさん」。味わい深いルーと、20種類以上の野菜が入ったカレーは、食べる価値ありの一品でした。

text : ASAKO MIYAKE

先日取材で訪れた武蔵小金井駅。数年前に友人とBBQをするために降り立って以来、久しぶりにやってきました。普段は都内の東側に住んでいるため、なかなか西側のエリアに来ることがないわたし。せっかくなら「武蔵小金井の名物を食べたい!」と思い立ち、武蔵小金井に住んだことのある同僚に声を掛けました。

そこで一番に名前があがってきたのが、今回お邪魔した「カレーの店 プーさん」。「武蔵小金井では知らない人はいない、名店中の名店だよ!」という期待値の高い前情報だけを頼りに、行ってみることに。

通り過ぎてしまいそうなほど、シンプルな外観。

通り過ぎてしまいそうなほど、シンプルな外観。

お店は武蔵小金井駅の南口を出て、ロータリー沿いにまっすぐと進んでいき、5分程度の場所にあります。Webで見た地図を頼りに歩いていたのですが、店名などが大きく書かれた看板などがなかったため、危うく通り過ぎてしまいそうに……。でもカレーのメニューボードが外に出ていたので、勇気を出して入ってみることに。

外は車通りが激しいものの、中はとっても静かな空間でした。

外は車通りが激しいものの、中はとっても静かな空間でした。

わたしが訪れた時間は、平日の14時過ぎくらいだったため、店内には1人か2人くらいのお客様だけがいらっしゃいました。静かで落ち着いた雰囲気の音楽がかかっており、窓からはあたたかな陽射しが入り込んで気持ちが良いお店です。カウンターが10席ほどと、4名がけのテーブルが2つほどありました。カウンターはコの字型になっていて、一見ラーメン屋さんのようなイメージともいえましょうか。

豊富なメニュー。

豊富なメニュー。

さて、肝心のカレーライスですが、実は事前にどんなカレーを出してくださるお店なのかはあえて調べずに来ていました。じっくりメニューを読んでいると、奥からやさしそうな女性の方がお水をもってきてくださり、丁寧にメニューの説明をしてくださいます。わたしは野菜とチキンのカレーをチョイス。辛さのレベルは5段階あり、自分で選ぶことができます。わたしはあまり辛い料理が得意ではないため、真ん中の「普通」の辛さにしました。お子様向けに、より辛さを抑えたカレーもあるようです。

本好きのわたしとしては見逃せないポイント。

本好きのわたしとしては見逃せないポイント。

待っている間に店内を見渡すと、カウンターの席には1席ごとにブザーが付いていることに気が付きました。きっと土日や平日のランチタイムなどは、行列ができるほどの人気店なのでしょう。オーダー間違いが起きないための配慮なのだろうと感じます。また、本棚には小説から古いマンガまで、様々なものがありました。きっと、お年寄りからお子様、男性から女性まで、幅広い方々に愛されているんだろうなぁと思いを巡らせます。

さて、しばらく待っていると、注文していた野菜チキンカレーがやってきました。

「!!!」

img_2326

本当に、思わず「お…!」と声を上げてしまうようなカレーがカウンターの目の前に置かれました。アルミの器にこんもりと盛り上がったカレー。まずはこの見た目のインパクトにびっくり。

福神漬けをちょっと添えて、いざスプーンを入れようとしますが、野菜がぎっしりと詰まっていてなかなかすくえません。さらに野菜の種類も豊富。掘れば掘るほど出てきます。オクラ・レンコン・しめじ・かぼちゃ・たけのこ・ブロッコリー・こんにゃく・エリンギ・シソ・にんじん・ナス……私の見立てではなんと20種類! これにお肉が加わるので、そのボリュームのすごさと言ったらありません。

上から見るとこんな感じ。ボリューム、伝わりますか?

上から見るとこんな感じ。ボリューム、伝わりますか?

カレーは一般に日本の家庭で親しまれているような固さのルーでした。複数のスパイスが染み込んだ、深みのある味。ベースとなるソースにはスパイスだけではなく、シイタケや昆布などを使っているようです。辛さは思ったよりも辛くなかったので、次回はもう一段階辛いレベルにチャレンジしてみようかな。

取材の続きが残っていたので、一気にかきこんでしまいましたが、もう夕飯も食べられないほどの満腹感。しかもお昼のピークを越えた時間だというのに、わたしが食べている間にも、何人もお客さんが入って来ていらっしゃっていました。

このお店が近くにある、というだけで武蔵小金井に住む価値はあるなぁ……。そんなことを思いながら、プーさんを後にしたのでした。

カレーの店 プーさん
東京都小金井市前原町3-40-27
https://puusan-musashikoganei.owst.jp/

goodroomで武蔵小金井の賃貸を探す
goodroomで中央本線の賃貸を探す
goodroomで小金井市の賃貸を探す

三宅

三宅朝子

三宅朝子

goodroom journal 編集部所属。ライター、バーのママなど、いろんなことをしています。行ったことのない街に降り立つととにかく興奮する、街歩き大好き人間。最近リノベマンションに引っ越したばかりなので、街だけでなく、室内の住環境を整えていくことにも興味津々。部屋中無印。

シェア
深みのあるカレーを堪能できる。武蔵小金井『カレーの店 プーさん』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

住める!おしゃれ賃貸まとめ

良物件たくさん。中央線のホットスポット、三鷹〜国立のススメ

吉祥寺、立川というビッグターミナルにはさまれた、三鷹〜国立の7駅を、個人的に「中央線のホットスポット」と呼んでいます。憧れの吉祥寺に住むにはちょっと高い、でも自然も豊か、生活に必要な設備もばっちり揃うこの7駅は、なかなか手ごろな物件が出没しやすいエリア。おすすめ物件、まとめてみました。…

[東京] 住める!おしゃれ賃貸まとめ

東京、ふたり暮らしで住むならどこ?グッドルームスタッフのおすすめまとめてみました。

少し予算に余裕もできて、住む場所にも選択肢の増える、ふたり暮らしのお部屋探し。候補がいっぱいあるからこそ、ちょっと迷ってしまいますよね。今回は、グッドルームの「ふたり暮らし」スタッフが実際に住んでいる地域の中から、おすすめをまとめてみました。 次のお引越し、思い切ってふたりでの暮らしを始めてみるのもアリかもしれません。…

大阪カレー部 Vol.2

肥後橋「さぼてん食堂」で、キーマの枠を超えたあらびき肉を堪能せよ。

(前回までのあらすじ)「君も、カレー部入るよね?」goodroomのスタッフは、大阪事業部に配属されると、先輩に必ずこう声をかけられる。そのミッションは、「カレー部で最強のカレーを作る」こと。前回、最強のトッピングは「パクチーとスパイスたまご」に決定。さぁ、今回のテーマは?…

「大阪カレー部」 Vol.1

最強のカレートッピングはこれだ!

「君も、カレー部入るよね?」 goodroomのスタッフは、大阪事業部に配属されると、先輩に必ずこう声をかけられる。甘い顔して、ちょっぴり強引にも聞こえる勧誘‥‥。面食らって「僕、ラーメン好きなんで」なんて言い出そうものなら、その場でカレー屋に連行される。店を出る頃には、どんな人間も、大抵入部する意思を固めている。新入部員・ハマちゃんもそんなひとり。 某日、ハマちゃん入部最初の部会が開かれた。…

アプリバナー