single.php
#goodspot / tokyo

本当に”いいもの”に出合える雑貨屋ー豪徳寺『niente(ニエンテ)』

シェア
本当に”いいもの”に出合える雑貨屋ー豪徳寺『niente(ニエンテ)』

本当にいいものには、お金をかけたい。そんな感覚を持ち始めたのは30歳を過ぎたころからでしょうか。「ものごとの見方を変えると、世の中はもっと面白い」をテーマに、店主が丁寧にセレクトしたプロダクトを集めた雑貨屋「niente(ニエンテ)」をご紹介します。

text : ASAKO MIYAKE

小田急線と世田谷線とが交差する街、「豪徳寺」。どこかのんびりとしているこの街で、今年の3月、新しいお店が登場しました。

お店の名前は「niente と tokyobike(ニエンテとトーキョーバイク)」。谷中や高円寺にある人気のサイクルショップ「tokyobike」で10年ほど勤めた店主、見城ダビデさんが独立し、お店をオープンしました。

店内の中央には、選りすぐりの雑貨がずらりと並んでいる。

店内の中央には、選りすぐりの雑貨がずらりと並んでいる。

店内には、tokyobikeの自転車はもちろんのこと、ダビデさんが全国から集めた、選りすぐりの日用雑貨が並びます。

「ものごとの見方を変えると、世の中はもっと面白い」をテーマに、素材や製法、コンセプトとの親和性を感じるプロダクトを集めています。

3号・¥3,500~

3号・¥3,500~

たとえば鉢植え。住居などには使えなく、通常は捨てられてしまっていた間伐材に着目し、削り出してできたもの。鉢植え自体が木であるため、傷みや割れなどの、自然の経年劣化を感じることができます。

アンクルソックス・¥1,200~

アンクルソックス・¥1,200~

また靴下も、もとは綿の紡績工場で出る、落ち綿を紡いで作られたもの。触ってみると、おもいのほか生地がしっかり編まれており、それでいてふっくら柔らかい。履き心地もよさそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように、お店には誰かにとって「いらないもの」が再編集され、見事なプロダクトに生まれかわったものが、ダビデさんの長年培ってきた審美眼と感覚でセレクトされて並びます。どれもダビデさんが、「使ってみて心から良い」と思えるばかり。ひとつひとつの雑貨に隠れるストーリーを喜々として語ってくれる様子は、まるで新しいおもちゃを買ってもらった少年のよう。どれも愛着をもって選び、そして多くの方々に使ってほしい、という気持ちをもっていらっしゃることが伝わってきます。

訪れたこの日。ダビデさん絶賛のパンツは、履き心地が最高に良いらしい。

ダビデさん絶賛のパンツは、履き心地が最高に良いらしい。

店内には雑貨だけではなく、小さなギャラリーもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色使いが鮮やかで、室内の雰囲気が明るくなるような作品が多くある。

色使いが鮮やかで、室内の雰囲気が明るくなるような作品が多くある。

ダビデさん:「アートというと、とても敷居が高く感じられますが、指輪やネックレスなどのアクセサリーを身に着けるように、部屋にお気に入りの絵を飾る愉しさを知ってほしい。そんな想いでお店の一角にギャラリースペースを設けることにしました。」

棚一杯に並べられた作品。

棚一杯に並べられた作品。

わたしが訪れた時に展示されていたのは、ドローイング作品を多く手掛ける、田中紗樹さんの作品。今回の展示の打ち合わせのためダビデさんが紗樹さんのアトリエを訪問したときのこと。そのとき、押入れの奥深くにずっと眠っていた過去の作品たちに触れ、その美しさと量にとても驚いたといいます。

ダビデさん:「作家さんにとっては“古い”過去の作品でも、見る人にとっては新鮮であり、どれも素敵な作品であることに間違いがない。ここで眠らせておくくらいなら、すべてにスポットライトを当ててやろう、と思ったんです。」

ファイリングされていて、手に取りやすい。すべてじっくり見てからお気に入りの1枚を選んでいく方も多いのだとか。

ファイリングされていて、手に取りやすい。すべてじっくり見てからお気に入りの1枚を選んでいく方も多いのだとか。

作品は大きなものから小さなものまで様々なものがありますが、年代順や、作品が描かれた場所などであらためて再編集をして展示をしています。額装されていない分手に取りやすく、予想以上の売れ行きで、作家の紗樹さんが一番驚いたそうです。

先日も紗樹さんのレクチャーのもと、参加者が自分の感性でドローイングを楽しむワークショップが開催されました。大人から子供までたくさんの方が集まり、まさにアートに触れる機会そのもの。これからもこうしたイベントを定期的に行っていきたい、とダビデさんはいいます。

写真提供:niente

写真提供:niente

写真提供:niente

写真提供:niente

写真提供:niente

写真提供:niente

ところで、なぜここ、豪徳寺でお店を開かれることになったのでしょう。

ダビデさん:「もともと豪徳寺ありきで選んだわけではありませんでしたが、思いのほか良い物件に出合えたことがきっかけでした。結果的に、このエリアには、世田谷線のゆったりとした空気が良いと感じる方が多く、生活のなかで利用する「もの」に対する好奇心や、いいものを選んで大切に使う、という価値観の方が多くいらっしゃいます。また、自転車に乗って足を延ばせば、また違った景色の街がみられる、そんな暮らしを楽しめる街でもあったんです。」

ダビデさんが見つけてくれなければ、触れることさえなかった数々の雑貨たち。生活のなかに今よりもほんの少し良いものを取り入れれば、より豊かな暮らしを送ることができる。ここに通えば、そんな生活に一歩近づくことができそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

niente(ニエンテ)
東京都世田谷区赤堤2-3-9-101
TEL:03-6379-1705
https://www.niente.co.jp

※次回のワークショップは6月2日、10:00~12:00開催予定。お申し込みはお電話か、店頭にてスタッフに直接お伝えください。
※田中紗樹さんの作品展示は6月30日までを予定しています。
田中紗樹さんInstagramアカウントはこちら

goodroomで豪徳寺駅の賃貸を探す
goodroomで世田谷区の賃貸を探す
東急世田谷線の賃貸を探す

三宅

三宅朝子

三宅朝子

goodroom journal 編集部所属。ライター、バーのママなど、いろんなことをしています。行ったことのない街に降り立つととにかく興奮する、街歩き大好き人間。最近リノベマンションに引っ越したばかりなので、街だけでなく、室内の住環境を整えていくことにも興味津々。部屋中無印。

シェア
本当に”いいもの”に出合える雑貨屋ー豪徳寺『niente(ニエンテ)』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

住める!おしゃれ賃貸まとめ

小田急線、経堂・千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵の住みやすさはオススメです。

住んでいる人、住んだことのある人が口を揃えて「なかなかいいよ」とおすすめする街、「経堂・千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵」。僕もちとふなに住んでいたことがあるのですが、バランスのとれた、住みやすい街なんです。 今週は、そんな「知ってみるとなかなかいい街」3駅のおすすめ物件をまとめます。…

アプリバナー