single.php
#goodspot / tokyo

女性一人でも入りやすい。代々木上原の優しい味「按田餃子」

シェア
女性一人でも入りやすい。代々木上原の優しい味「按田餃子」

サクっと一杯飲んで帰りたい時。おなかは空いているけれど、自炊は面倒なとき。そんな誰しもが抱える悩みにそっと手を差し伸べてくれるお店があります。それが代々木上原の「按田餃子」です。

text : ASAKO MIYAKE

女性一人のときだって、疲れていたら仕事帰りに外で一杯飲んで帰りたい。でも、わいわい騒がしい居酒屋で一人で飲むのも、ラーメンを食べながらビールを頼むのも、なんだか人目を気にしてしまってできない……。

そんなささやかな日常の悩みがあったのですが、ここなら絶対できる、と思えたお店がありました。それが「按田餃子」です。

きれいなビルの1階にあります。

きれいなビルの1階にあります。

代々木上原駅西口から、徒歩3分ほどの場所にあります。休日ともなれば多くのお客様でにぎわうこの場所も、平日の夕方は人気もまばら。それでも近所に住む方でしょうか、わたしと同じような一人客の女性や、奥のテーブル席には若い男性たちが3人ほどで談笑していました。

この按田餃子は、その名の通り、餃子のお店。お持ち帰りもすることができます。

メニューはちょっと変わったものが多く、台湾料理かと思いきや、そうでもないみたい。水餃子や麻婆飯などの定食や、按田餃子オリジナルの「ラゲーライス」という食事から、一品料理まで。あまり他所で食べないようなものもあるのですが、メニューにひとつひとつにどんな食材が入っているのかなどが記載されているので、じっくり選ぶことができます。

今回は試せなかったので、次回こそ…。

今回は試せなかったので、次回こそ…。

わたしが頼んだのは、按田餃子の定番の味、「大根と搾菜」の水餃子と、少しおなかが減っていたので豚そぼろ飯をチョイス。これで十分。こんな風に、その日の気分やおなかの具合とあわせて自分で組み合わせられる量だというのも、女性にはありがたいところなんですよね。それから、少し夏バテが気になる時期だったので、ふと目に留まった薬草茶もいただきました。ドクダミやオオバコ、ヨモギなどが含まれているよう。なんだか体によさそう。

自分オリジナルの定食ができました。

自分オリジナルの定食ができました。

ご飯をかき混ぜると、そこの方にタレが入っています。甘じょっぱくて美味しい!

ご飯をかき混ぜると、そこの方にタレが入っています。甘じょっぱくて美味しい!

餃子も、そぼろご飯も、味付けは濃すぎず、薄すぎずで、とっても優しい味わいです。味や使われている食材から、食べにくる人を思い浮かべて、その体を気遣ってくださっているような想いがわかるから、食べているこちらも元気になれるような気がします。特段店員さんと会話もしていないけれど、店中から優しさが伝わってくるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに、店内で販売されていた、店主の按田優子さん著「たすかる料理」を手にしました。そこには「生活を邪魔しない料理をつくりたい」、「気取らず食事ができるようにしたい」という按田餃子への想いがつづられています。やっぱりそういうことだったんだね、と納得できました。

*

家に疲れてごはんを作るのも面倒。でもそんなときに「按田餃子」があればいい。

家の近くに、こんなに心も胃袋も満足させてくれるお店があったら、きっとわたしなら通ってしまうだろうな。そんなことを思いながら、お店を後にするのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

按田餃子

住所:東京都渋谷区西原3-21-2 1F
https://andagyoza.tumblr.com/

goodroomで代々木上原駅の賃貸を探す
渋谷区の賃貸を探す
千代田線の賃貸を探す

三宅

三宅朝子

三宅朝子

goodroom journal 編集部所属。ライター、バーのママなど、いろんなことをしています。行ったことのない街に降り立つととにかく興奮する、街歩き大好き人間。最近リノベマンションに引っ越したばかりなので、街だけでなく、室内の住環境を整えていくことにも興味津々。部屋中無印。

シェア
女性一人でも入りやすい。代々木上原の優しい味「按田餃子」
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

アナログの楽しみ方。 #column

代々木八幡『SO BOOKS』で手に入れる”名作アナログ”

渋谷区代々木八幡、高架横の小さな路地に店を構える、写真・アート専門の古書店「SO BOOKS」。本棚に入りきらず天井まで積み上げられた古書は、1冊1冊、手に取れば作り手の想いが「もわっ」と立ち上ってきそうなほど、濃厚なものが揃う。 店主・小笠原郁夫さんに、「写真」「アート」「本」という形のなかでも特に、”アナログ”な手法で作られた名作をお聞きした。…

街で人気のボタニカルショップ Vol.5

頼りになる、街の花屋さん『ムギハナ(東京・代々木上原)』

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、街で人気のボタニカルショップをたずねます。 今回ご紹介するのは、代々木上原の駅からすぐの花屋さん『ムギハナ』。センスの光るお花のチョイスやアレンジメントに、街の人々が頼りにする花屋さんでした。…

お気に入りの本屋を探そう Vol.6

時と場所で姿を変える本屋『BOOK TRUCK(表参道・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)…

至福の一杯を求めて Vol.1

コーヒーを愛する街オスロの文化に触れる『Fuglen Tokyo』(東京・代々木公園)

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。 今回ご紹介するのは、代々木公園の近くにある、Fuglen Tokyo。ノルウェーオスロで愛されるFuglenの魅力をお聞きしてきました。…

アプリバナー