single.php

「ちょっとだけ黒」が部屋を引き締める、ワンルームインテリア

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol.46

シェア
「ちょっとだけ黒」が部屋を引き締める、ワンルームインテリア

ブルーやグレー、ナチュラルカラーの北欧スタイルのインテリアに、ちょっと「黒」を利かせるとお部屋が引き締まって見えます。ちょっとだけ黒の小物やアイアンを取り入れて、大人っぽいインテリアをつくっているワンルームのお部屋にお邪魔しました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

「大きな収納のある、横長の部屋」を選んで

kanaさんがお住まいなのは8.3畳ほどのワンルーム。
去年の12月ごろに京都からこちらのお部屋へとお引越しされてきました。

生活動線の考えられた家具配置が見事で、とても広く見えるお部屋です。

生活動線の考えられた家具配置が見事で、とても広く見えるお部屋です。

ソファの後ろには窓のあるカウンターキッチンがあり、使いやすそうな間取りですね。

ソファの後ろには窓のあるカウンターキッチンがあり、使いやすそうな間取りですね。

京都にいるときは、今より広いお部屋に暮らしていたそう。
持っている家具の量はそれほど変わっていないそうですが、すっきり収まっている秘密は「横長の間取り」にあるのかも。

お部屋に入って正面は窓。ベッドは壁につけてぴったりと収まる位置に置けるので、視線や動線を遮ることなく、お部屋を広く快適に使えるんですね。

お部屋に入って正面は窓。ベッドは壁につけてぴったりと収まる位置に置けるので、視線や動線を遮ることなく、お部屋を広く快適に使えるんですね。

すっきりして見えるお部屋のもうひとつの秘密は、大容量のウォークインクローゼット。クローゼットの中も綺麗に整頓して、オールシーズン、いちいち出し入れしなくても良いように工夫されています。

すっきりして見えるお部屋のもうひとつの秘密は、大容量のウォークインクローゼット。クローゼットの中も綺麗に整頓して、オールシーズン、いちいち出し入れしなくても良いように工夫されています。

「黒の小物」で部屋を引き締める

「ローテーブルは床色に近いもの。でも、ナチュラルになりすぎないように脚はアイアンのものを選びました。小物も黒のものを足して、メリハリをつけるようにしています」
とkanaさん。

壁を楽しく飾っている小物も、ところどころ黒のものを混ぜて大人っぽく。

壁を楽しく飾っている小物も、ところどころ黒のものを混ぜて大人っぽく。

棚のブラケットもアイアンです。

棚のブラケットもアイアンです。

服をかけていらっしゃる、このハンガーもかっこいい!

服をかけていらっしゃる、このハンガーもかっこいい!

これらのブラケットやハンガー、賃貸だけどどうやって壁につけているの?と思ったら、普通にネットで探したものを、釘ではなく、穴が目立ちにくい小さなピンで取り付けているんだそうです。

ブラケットの3点を、穴の目立ちにくいピンで止めています。

ブラケットの3点を、穴の目立ちにくいピンで止めています。

位置を変えたこともあったそうですが、上からパテ埋めをするとほぼ穴があったことがわからないほど。このアイディアなら、おしゃれなハンガーやバー、ブラケットが色々とつけられそうですね。

お気に入りに囲まれて暮らす

このお部屋で一人暮らしを始めてから、家にいることが多くなったとkanaさん。周りにはお気に入りのものだけを置いておきたいと、生活感を感じるものは隠し、好きなものは飾る、メリハリにもこだわっています。

こちらは、ちょこちょこと置くものを変えているというチェストの上。試験管モチーフのフラワーベースはStudio Clipのもので、フレグランスディフューザーを入れています。

こちらは、ちょこちょこと置くものを変えているというチェストの上。試験管モチーフのフラワーベースはStudio Clipのもので、フレグランスディフューザーを入れています。

一人暮らしで家をあけることも多いため、室内の大きめのグリーンはほとんどフェイクグリーン。ただしベランダにはどんどん増えているという多肉植物のコレクションがありました。可愛い!

一人暮らしで家をあけることも多いため、室内の大きめのグリーンはほとんどフェイクグリーン。ただしベランダにはどんどん増えているという多肉植物のコレクションがありました。可愛い!

こちらは、お部屋から見えない位置にあってもすっきり整っていらっしゃるキッチン。

こちらは、お部屋から見えない位置にあってもすっきり整っていらっしゃるキッチン。

自炊をするようになって器にも凝るように。副菜を入れるための豆皿やお箸置きをコレクションしていらっしゃいます。

自炊をするようになって器にも凝るように。副菜を入れるための豆皿やお箸置きをコレクションしていらっしゃいます。

使いやすい間取りと大きな収納ですっきり整い、好きなものに囲まれていた、kanaさんのお部屋。「壁をつかって飾る」工夫も素敵で、いますぐ真似してみたい!と思ってしまうアイディアがたくさんあるお部屋でした。

kanaさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/excelsior_kana/

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
「ちょっとだけ黒」が部屋を引き締める、ワンルームインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.43

ナチュラルで洗練されたBOHOスタイルの1Kインテリア

ナチュラルでシンプルなインテリアから一歩進んで、大人っぽいお部屋をつくりたいと思っている人におすすめなのは、ボヘミアンやモロッカンなど少し民族的なテイストを取り入れたミックススタイル。ボヘミアンとSOHOスタイルのミックスで、洗練された印象をつくっている1Kのお部屋を訪ねました。…

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol. 51

むき出しの表面をつかって魅せる。「コンクリート打ちっ放し」を活かす、ワンルームインテリア

デザイナーズや、リノベーションに多い「コンクリート打ちっ放し」のお部屋。憧れるけど、どんなインテリアを合わせればいい?使いづらくない?そんな不安もありますね。 コンクリートの質感と、ヴィンテージや木の素材の家具をうまく組み合わせ、自分らしく工夫して空間を作り上げている、ワンルームの実例を紹介します。…

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol.60

土間のあるリノベーション団地で緑に囲まれ暮らす。心地よい一人暮らしのインテリア

真ん中に土間が作られた、ラフで素材感の良いリノベーション団地。一目見て、ここで暮らすイメージが湧いてきたという運命のお部屋で、楽しく居心地の良い空間を作っていらっしゃる一人暮らしのインテリアを拝見します。…

アプリバナー