single.php

敷けば、いいことたくさん。ラグの効果別おしゃれな賃貸暮らし実例まとめ

教えて!グッドルーム Vol.160

シェア
敷けば、いいことたくさん。ラグの効果別おしゃれな賃貸暮らし実例まとめ

ただなんとなく部屋の中にラグを敷いている方も多いと思いますが、意外と大切な役割があるんです。さらに賃貸物件に住んでいる方にこそおすすめの、ラグのある生活。その効果と実例をご紹介します。

text : ASAKO SAKURAI

1. 床を傷つけさせない

賃貸物件に住んでいる方にとっては、壁や床などを傷つけないように生活をすることはもはや当たり前のこと。もちろん少々のことで傷つくことはありませんが、万が一のときのためにラグを敷いておくというのは大切なんです。

室内の場所別にラグをおしゃれに敷いている方々の暮らしをご紹介します。

ダイニングテーブル

1LDKのお部屋の中でも、ダイニングテーブルの下に敷かれているラグ。

1LDKのお部屋の中でも、ダイニングテーブルの下に敷かれているラグ。

ラグは大きさによって値段も様々。座ったり立ったりする頻度の多い、椅子側にだけラグを敷いていらっしゃるところがポイント。おしゃれさと機能性を兼ね備えた使用例です。

ラグは大きさによって値段も様々。座ったり立ったりする頻度の多い、椅子側にだけラグを敷いていらっしゃるところがポイント。おしゃれさと機能性を兼ね備えた使用例です。

デスクまわり

ワンルームのお部屋の中でも、キッチン横のデスクスペースと、ベッドサイドにラグが敷かれているお部屋。

ワンルームのお部屋の中でも、キッチン横のデスクスペースと、ベッドサイドにラグが敷かれているお部屋。

細い足の椅子の下にも、やはりラグがあったほうがいいですね。また長時間座ることも多いワークスペースなどにも、ラグを敷いておけばより安心して生活できそうです。

細い足の椅子の下にも、やはりラグがあったほうがいいですね。また長時間座ることも多いワークスペースなどにも、ラグを敷いておけばより安心して生活できそうです。

ソファ、テーブル

あまり頻繁に動かすことはないですが、ソファやテーブルなどの重量のあるインテリアの下にも、できるだけラグを敷くようにしましょう。

あまり頻繁に動かすことはないですが、ソファやテーブルなどの重量のあるインテリアの下にも、できるだけラグを敷くようにしましょう。

こども部屋

こちらは子ども部屋にラグを敷いてある事例。ブロックなどの硬めのおもちゃを散らかしても、床を傷つけることがないため安心ですね。

こちらは子ども部屋にラグを敷いてある事例。ブロックなどの硬めのおもちゃを散らかしても、床を傷つけることがないため安心ですね。

2. 狭い部屋でもエリアを分けられる

2つ目の効果は、ラグに”仕切り”の役割を持たせることのできる「ゾーニング」の役割です。

ラグを敷くことによって、仕切りのないワンルームタイプのお部屋でも、生活空間を区切り、お部屋の中にメリハリを生むことができます。またリビングとダイニングが一体になっているタイプのお部屋でも効果的です。

こちらのお部屋はまさにワンルームタイプ。天井から見下ろすと、ラグの存在が際立っていることが分かりますよね。

こちらのお部屋はまさにワンルームタイプ。天井から見下ろすと、ラグの存在が際立っていることが分かりますよね。

棚とラグによって、キッチンと居室がしっかり仕切られています。扉などの圧迫感がない分、開放的に暮らせそう。こうした事例を見ると「ワンルームもありかも?」と賃貸物件選びの幅も広がりますよね。

棚とラグによって、キッチンと居室がしっかり仕切られています。扉などの圧迫感がない分、開放的に暮らせそう。こうした事例を見ると「ワンルームもありかも?」と賃貸物件選びの幅も広がりますよね。

白いテイストで整えられた1Kタイプのお部屋。ラグももちろん白のもので統一。

白いテイストで整えられた1Kタイプのお部屋。ラグももちろん白のもので統一。

あえて自分のいるスペースにだけラグを敷くことでベッドとキッチンの間の導線を確保できるほか、「リラックススペース」として認識することができ、この場所がより居心地の良いスペースと感じられそうです。

あえて自分のいるスペースにだけラグを敷くことでベッドとキッチンの間の導線を確保できるほか、「リラックススペース」として認識することができ、この場所がより居心地の良いスペースと感じられそうです。

3. 素足でも心地よく暮らせる

最後に、ラグの効果としてあげられるのは「素足でも心地よく暮らせる」という肌さわりの良さ。ラグには毛足の長いものや、フラットなものなど様々なものがあります。自分の居心地の良い空間を暮らすために、リビングやベッド周りなどに置くのが最適です。

北欧風のデザインで統一されたお部屋。淡い色合いで統一されていてとても素敵です。

北欧風のデザインで統一されたお部屋。淡い色合いで統一されていてとても素敵です。

ラグはブルーグレーの色合いのものをチョイス。ソファに座って窓の外を眺めながらホッと一息つくとき。ここにいれば裸足でリラックスできそうです。

ラグはブルーグレーの色合いのものをチョイス。ソファに座って窓の外を眺めながらホッと一息つくとき。ここにいれば裸足でリラックスできそうです。

毛足の長いタイプのラグ。これなら友人が遊びに来た際にクッションなどがなくても心地よく過ごすことができそうです。衝撃を吸収してくれる効果も期待できますね。

毛足の長いタイプのラグ。これなら友人が遊びに来た際にクッションなどがなくても心地よく過ごすことができそうです。衝撃を吸収してくれる効果も期待できますね。

お部屋や引越しのお悩み、大募集!

いただいた質問に、引越し大好きな goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

三宅

櫻井朝子

三宅朝子

goodroom journal 編集部所属。ライター、バーのママなど、いろんなことをしています。行ったことのない街に降り立つととにかく興奮する、街歩き大好き人間。最近リノベマンションに引っ越したばかりなので、街だけでなく、室内の住環境を整えていくことにも興味津々。部屋中無印。

シェア
敷けば、いいことたくさん。ラグの効果別おしゃれな賃貸暮らし実例まとめ
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

素敵に暮らす人の器とキッチン Vol.2

キッチンが主役。ひとつひとつの素材にこだわった、オザワさんの特別な一軒家 (前編)

いつか住みたい、理想のキッチンを探して。暮らしの達人の楽しいキッチンのあるお部屋をたずねます。 今回は、吹き抜けの明るいリビングに大きなキッチンのある、オザワさんのお宅を訪問。ひとつひとつの素材を選び抜いて建てられた、こだわりのお家、前後編にわけてお届けします。…

教えて!グッドルーム Vol.149

心地よく過ごすために、まずできること。センスの良い部屋に見せるための8つのヒント

#stayhome おうち時間を楽しもう!今年のゴールデンウィーク、goodroom journal ではお部屋をもっと楽しくするためのインテリアのアイディアを毎日お届けします!DAY1はセンスの良いお部屋に見せるために、まずできること。部屋にいる時間が長くなってくると、どうしても今ある自分の部屋の悪いところに目がいきがち……。一度に多くのことはできないので、まずは一つずつできることから、自分好み…

教えて!グッドルーム Vol.189

部屋の模様替えのコツ、教えます。家具のレイアウトやインテリアを変えるだけで簡単に気分転換をしよう

部屋の中にいる時間が多くなったことで、より快適に過ごしやすくなるよう、部屋の片づけや模様替えを検討している方も多いはず。今回は家具の配置換えのポイントや、インテリアの組み合わせを替えるコツなど、簡単にできる部屋の模様替えの方法を5つご紹介します。…

アプリバナー