single.php

あなたはどこで、どんな風に働きたい?「withコロナ」の働き方を専門家と考えてみた

暮らすように働く。goodなオフィスまとめ Vol.06

シェア
あなたはどこで、どんな風に働きたい?「withコロナ」の働き方を専門家と考えてみた

年始からじわじわと広がっていった新型コロナウィルスが、私たちの暮らしを変えています。「ロックダウン」や「緊急事態宣言」など、聞き慣れない言葉が飛び交う中、私たちの働く環境はどうなっていくのでしょうか。

text : nekomimi

新型コロナウィルスによる影響で、はじめて「リモートワーク」を経験した方も多そうです。けれども「自宅では環境が整っていないから不便」「集中できず、さぼってしまいがち」「気分転換にたまには外で仕事がしたい」など、「働き方」という言葉の中にも、様々なニーズが浮き彫りになってきました。

これから、わたしたちが心地よく暮らし、働いていくためにはどのような場所・環境で仕事がしたいのか。雇用主である会社は、社員である自分たちのために、どんなことを考えてくれているのか。そんなことを考えるきっかけにもなったのではないでしょうか。

そこで今回は、長年オフィスの仲介に携わっている渥美さん・オフィス設計会社に長年勤務する酒井さんと、これからの私達の働く環境がどうなっていくのかを考えてみました。

「都市部から郊外へ」「縮小して高級ビルへ」。企業が考えるこれからのオフィスの在り方

酒井:
緊急事態宣言が発表されてからの約2か月。突然のことに戸惑いつつも、以前と比較してテレワーク業務自体が浸透し始めているのかな、という印象があります。

いま、レンタルオフィスやシェアオフィスへのニーズは高まっているのでしょうか。

渥美:
コロナ以前と比較すると、大小問わず企業の担当者の方 や個人のお客様からのお問い合わせ自体は減りました。反対に、今までシェアオフィスに興味を示さなかったような中小~大企業 からのお問い合わせが増えてきていますね。

また、都心部の解約が増えて、賃料が安いエリアの物件がすぐに埋まってしまう、というような傾向もあるようです。

福岡にあるシェアオフィス。これからは東京以外に拠点を持つことも、当たり前のことになるかも。(この画像のオフィス詳細はこちら)

福岡にあるシェアオフィス。これからは東京以外に拠点を持つことも、当たり前のことになるかも。(この画像のオフィス詳細はこちら)

酒井:
たしかに、テレワークができる職種の方に限りますが、今は「いつでも」「どこでも」仕事ができるんだ、というような自信につながったような気もします。

オフィスも必ずしも都心部にあることがベストではない、という感覚になる方も多いですよね。

渥美:
そうですね。

たとえば月200万円の家賃の場所を借りていても、テレワークをする社員が増えた場合、スペースはこれまでの半分でよくなったら、100万円分ぐらい余りますよね。その余ったコストをどう使うのか?

酒井:
都市部から郊外へ、という流れは避けられないものなのでしょうか。

渥美:
面積は狭くなるけど、高級なビルに入居する、ということも考えられます。

「近未来」を意識した品川区にあるシェアオフィス。(この画像のオフィス詳細はこちら)

「近未来」を意識した品川区にあるシェアオフィス。(この画像のオフィス詳細はこちら)

テレワークになっても、面接や打ち合わせなどで来社してもらう機会はあるはずです。ブランディングをするという意味でも、今後そういった動きは出てくると思います。

今後はオフィスへのコストのかけ方が見直され、縮小や移転などが増えていくのではないかと思います。

シェアオフィスやサテライトオフィスの使い方

酒井:
みんなで集まれるオフィスはどこかに持っていつつも、欲を言えば自宅近くにサテライトオフィスがあればいいのに……なんて考えも増えてきそうですよね。

今後はそういう働き方への対応も進んでいくのでしょうか。

大塚駅から徒歩5分の場所にあるシェアオフィス。窓側の特等席で仕事をしたらとってもはかどりそう。(この画像のオフィス詳細はこちら)

大塚駅から徒歩5分の場所にあるシェアオフィス。窓側の特等席で仕事をしたらとってもはかどりそう。(この画像のオフィス詳細はこちら)

渥美:
シェアオフィスは、これまでも大企業が出張用などで使っていたんですが、今までそういったものに興味を持たなかった企業が目を向けるようになっていくと思います。

酒井:
WeWorkさんみたいな所ですよね。本社は別にあるけど、サテライトオフィスとして使っている、というパターン。

原宿から徒歩8分の所にあるオフィス。自然を感じられるリノベーションオフィスです。(この画像の詳細はこちら)

原宿から徒歩8分の所にあるオフィス。自然を感じられるリノベーションオフィスです。(この画像のオフィス詳細はこちら)

渥美:
シェアオフィスは、ベンチャーと大企業が融合する場所になっていくと思います。

または「自宅じゃ仕事にならない」と思っている人向けに、自宅から一番近いターミナル駅に職場環境を用意する、とか。

今は出勤停止などでテレワークが推奨されていますが、それが少し緩和したときにテレワークと併用するイメージです。オフィスまで行かなくても、手頃な拠点に出向けば働けるようになる、というのは良い動きだと思いますね。

内装もソーシャルディスタンスを意識して

酒井:
コロナウィルスではソーシャルディスタンスも話題になっていますね。内装の工事でも、座席の間を空けたい、というリクエストが多くなってきています。出勤する人数に応じて、間隔を取りたいと。

渥美:
テレワークが基本になっている今はいいけど、出勤する人数が増えてくると問題がある。だから座席をフリーアドレスにする、という手もありますよね。

カフェレストランを併設した複合施設の中にあるシェアオフィス。(この画像の詳細はこちら)

カフェレストランを併設した複合施設の中にあるシェアオフィス。(この画像のオフィス詳細はこちら)

酒井:
シェアオフィスなどで考えると、これからウェブ会議が増えてくることを前提として、フォンブースや小型の仕切りが欲しくなりますね。

また、人がたくさん入る大きな会議室を作るのではなく、個別ブースを作るなど。ウェブ会議は声を張らないといけないので、個室まではいかなくとも、音を遮断できるような場所があるといいかもしれません。

オフィスと働き方のこれから

無垢床の肌触りが心地よい、SOHOタイプの物件。(この画像の詳細はこちら)

無垢床の肌触りが心地よい、SOHOタイプの物件。(この画像のオフィス詳細はこちら)

酒井:
テレワークで仕事が出来てしまっている今、オフィスの存在意義ってなんだろう?と考えることが増えました。

オフィスの在り方がコロナをきっかけに見直されているというか。

渥美:
全体の環境が変わらないと色々難しいとは思いますが、コロナ以降も引き続き、テレワークの比率は上がっていくのではないかと思います。

さらに、働く場所、時間、仕事の仕方など”働き方”が多様化していくと、個人も企業を選べる時代になっていく。

テレワーク・在宅勤務と、出社の比率を考えたうえで、自分が働きやすい会社を選べるような社会になっていけば良いですね。

*

「在宅ワークになって、家族と一緒に過ごせる時間が増えてうれしい」
「一人暮らしだから仕事も生活も一人では寂しい。人が感じられる場所で働きたい」

働き方に対する様々な意見や考え方が露呈した、この2か月。

「自分は本当はどうしたいのか」という心の声に耳を澄ませ、それに合わせて企業や仕事内容を選んでいく。そんな未来がもうすぐそこまできているのかもしれません。

東京・シェアオフィスを探す
東京・コワーキングスペースを探す
東京・リノベオフィスを探す
東京・SOHOを探す

ネコミミ

ネコミミ

ネコミミ

goodroom journal 昼間は事務員、夜間はライターとして活動しています。天窓と経年変化した木目床が好きです。グッドルーム・ジャーナルを通じて、色々な部屋やオフィス、暮らしや働き方を知りたいと思っています。

シェア
あなたはどこで、どんな風に働きたい?「withコロナ」の働き方を専門家と考えてみた
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

暮らすように働く。goodなオフィスまとめ Vol.03

チームというより、ファミリーだ。家族みたいな距離感で働く4つのオフィス

マンションの一室がオフィス、なんていうシチュエーションはよくありますが、一戸建てというのはなかなか珍しいかもしれません。会社という組織は、しばしば家族に例えられます。一日のうち3分の1以上を過ごす場所は、もはや第二の家と言っても過言ではないでしょう。今回は東京都内にあるオフィス利用可の一軒家を4つ集めました。 …

暮らすように働く。goodなオフィスまとめ Vol.09

ひとりひとりの働くを、心地よく。goodroomが提案する新しいオフィスのかたち

goodroom が運営を手がけるシェアオフィス”GOODOFFICE”。働き心地を重視したサービスやレイアウトは、これまで「暮らし」に真剣に向き合ってきたgoodroomだからこそ。一人ひとりの働くが心地よくなるように、「暮らすように、働く」が実現できるオフィスを紹介します。…

暮らすように働く。goodなオフィスまとめ Vol.05

やっぱり、都心の便利さは捨てがたい。港区・千代田区のレンタルオフィス4選

コロナウィルスの影響で、人の流れが都市の一極集中型からより郊外へと変化していくことは、もはや止められないことのように感じます。それでも交通の便や店の多さなどの周辺環境の良さに価値を感じる方も、一定数いらっしゃるでしょう。今回は、港区や千代田区など東京の中心地にあるレンタルオフィスをまとめました。…

暮らすように働く。goodなオフィスまとめ Vol.04

居心地の良さだけじゃない。立地も良い東京23区内のリノベーション済オフィスまとめ

仕事場に使うなら居心地の良さはもちろんですが、息抜きのための食事処や取引先の会社にも出やすそうな場所だとやっぱり便利。アクセスの良さが事業の味方をしてくれることがあるかもしれません。今回は利便性が高い23区内にある賃貸オフィスを集めてみました。…

アプリバナー