single.php

「マンスリーマンション」でも居心地よく。無印良品の家具を使ったお部屋ができました

#goodnews

シェア
「マンスリーマンション」でも居心地よく。無印良品の家具を使ったお部屋ができました

家具や家電のついているマンスリーマンションって便利そうだけれど、ちょっと殺風景なイメージ……そんな風に思っている方へ。無印良品のインテリアアドバイザーさんにお部屋をコーディネートしていただいた、goodroom のマンスリーマンションができましたよ!こういうシンプルなお部屋で、身軽に暮らしてみたかった……!そんなあなたの理想を叶えます。

text : Chiaki Shirasaki from goodroom渋谷

無印良品のインテリアアドバイザーがコーディネート! goodroom のマンスリーマンションに、こだわりのお部屋が誕生しました

家具・家電つき、初期費用不要で、「スーツケースひとつでお引越し」が可能な goodroom のマンスリーマンション「TOMOS(トモス)マンスリー」に、このたび、無印良品のインテリアアドバイザーさんにアドバイスをいただき、コーディネートしたお部屋が誕生しました!

こちら503号室。壁際のサイドボードと、オープンなクローゼットが特徴のお部屋です。

こちら503号室。壁際のサイドボードと、オープンなクローゼットが特徴のお部屋です。

無印良品のダブルベッドで、二人入居にも対応。

無印良品のダブルベッドで、二人入居にも対応。

ワークスペース兼ダイニングになるテーブルも、2人分の椅子があって、シンプルだけど、それぞれの暮らしに合わせて使えるように考えられています。

ワークスペース兼ダイニングになるテーブルも、2人分の椅子があって、シンプルだけど、それぞれの暮らしに合わせて使えるように考えられています。

こちらは502号室。要素は同じ、少しだけ配置が異なります。

こちらは502号室。要素は同じ、少しだけ配置が異なります。(こちらのお部屋は現在満室です)

テーマは、「暮らしに必要な要素がすべてすっきり収まる」こと。

今までのマンスリーマンションは、暮らしに必要な家具や収納に過不足があって、必要なものをしっかりと収めるスペースがなかったのでは? そんな課題からスタートした今回のプロジェクト。テーマは、「暮らしに必要な要素がすべてすっきり収まる」ことです。
このお部屋を監修していただいた、良品計画のインテリアアドバイザー、斎藤奈未さんにお話を聞きました。

−今回のお部屋をつくるにあたって、どんな暮らしをされている方をイメージされましたか?

斎藤さん|自由に好きな場所に住み、働く、「身軽な暮らし」をイメージしました。
住まう期間は短くても、暮らしやすく、気持ちの良い空間で毎日を過ごしてほしい、という思いで、今回コーディネートをしています。

−家具のコーディネートと、造作について、こだわりを教えていただけますか?
斎藤さん|寝心地が良く、存分にくつろげるベッド。食事も在宅ワークも、ゆったりできるダイニング兼ワークスペース。そして、暮らしに必要なモノ(洋服や日用品)を収める収納家具は、無印良品の収納用品がぴったり収まるように設計。コンパクトな空間でも狭さを感じず快適に過ごせるよう、壁面を活かして低く設えました。木の温もり、手触り感のある空間に仕上げています。

ダイニングテーブル、ベッドは、無印良品の

ダイニングテーブル、ベッドは、無印良品のオーク材を使った家具。

造作の収納は、無印良品の収納用品がピタリと収まるように設計されています。

造作の収納は、無印良品の収納用品がピタリと収まるように設計されています。

身軽な暮らしの実現のために。無印良品の店舗でインテリアの相談をしてみましょう

無印良品の店舗では、無印良品インテリアアドバイザーに収納や生活雑貨の相談をすることが可能です。これからはじめて一人暮らしを始められる方、「身軽な暮らし」を始めてみたいけど、どうしても片付けが苦手……という方にぴったりのサービスですね。
 
MUJISUPPORT くらしの相談 

斎藤さん|スーツケースひとつでも生活がスタートできるように、家具家電は揃っているお部屋ですが、使い方や住まい方は人それぞれ。自分の持ち物をどうやってしまったら良い?どんな風に使ったら、使いやすくなる?と思ったら、ぜひお気軽にご相談ください。自分に必要なモノを足し算しながら、住みこなしてもらえるとうれしいです。

TOMOSマンスリーについて

ありそうでなかった「居心地の良さ」にこだわるマンスリーマンション

グッドルームの『TOMOSマンスリー』がめざしたのは、「おかえり」が聞こえてくるような、あたたかみのあるマンスリーマンションです。カバンひとつで入居できるのに、まるで慣れ親しんだ住まいのような居心地のよさを感じることができるように、家具や、床、ファブリックなど肌に触れるものは特にこだわってセレクトしました。
短い期間だけだとしても、自分らしく暮らしたい。そんな人を、『TOMOSマンスリー』は応援します。

仲介手数料、敷金、礼金、保証人、更新料が不要です

「TOMOSマンスリー」のもうひとつの特徴は、引越しに必要な費用を大幅に押さえることができること。
仲介手数料、敷金、礼金、更新料が不要、保証人も不要なため、通常家賃の5〜6ヵ月分必要とされる初期費用がほとんど不要になることは大きなメリットです。当然、家具・家電を持ち運ぶ、保管、管理する必要もなくなりますから、コストの点でもかなり身軽に動けることになります。また、外国籍の方も歓迎しています。

入居手続きもリモートで承ります

従来、入居の申込や契約は、不動産会社の店頭にわざわざ足を運んで行う必要がありましたが、「TOMOSマンスリー」では遠隔での入居手続きも可能となっています。また、スマートフォンで鍵を開け閉めできる「スマートロック」など、新しいテクノロジーもどんどん取り入れて、いろいろな場所で働く、暮らす生き方を考えた、新しい仕組みを目指していきます。

白崎千愛

白崎千愛

goodroom オペレーション事業部でマンスリーの運営を担当しています。皆さまに愛されるTOMOSマンスリー作りに奮闘中です。最近は鎌倉付近の海がお気に入り。

シェア
「マンスリーマンション」でも居心地よく。無印良品の家具を使ったお部屋ができました
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読
アプリバナー