single.php

「Go To トラベルキャンペーン」スタート。この機会にホテル暮らしを始めてみませんか?

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.7

シェア
「Go To トラベルキャンペーン」スタート。この機会にホテル暮らしを始めてみませんか?

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第7回は、7/22より先行してスタートした「GO TO トラベルキャンペーン」について。これを利用することで、条件が合えば少しお得にホテル暮らしができそうです。

text : Miha Tamura from goodroom journal

Go To トラベルキャンペーンって何?

「Go To トラベル キャンペーン」とは、官民一体型の地域活性化、需要喚起を目的とした「Go To キャンペーン」の一環として、2020年夏から期間限定で実施される旅行促進のためのキャンペーンです。

キャンペーン概要(※7/22時点の情報です)

・ 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
・ 支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
連泊制限や利用回数の制限なし

ただし、新型コロナウイルスの感染状況をふまえ、以下の例外が設けられました。

① 東京都が目的地となっている旅行については、東京都内の旅行も含めて、当面、Go To トラベル事業の対象外とする(割引支援を行わない)。
② 東京都に居住する方の旅行についても、同様に、当面、Go To トラベル事業の対象外とする(割引支援を行わない)。

※政府発表資料(7月22日時点版)より引用:Go To トラベル事業
※最新情報は観光庁の「Go To トラベル事業関連情報」のページよりご覧ください。

キャンペーンの期間は?

キャンペーンが適用となるのは、2020年7月22日から2021年1月31日まで(※終了時期は変更の可能性があります)の旅行。
ただし、「地域共通クーポン」に関しては9月1日以降のスタートとなります。
7月22日から開始する旅行について、まずは「旅行代金の35%(旅行代金の2分の1相当額×70%)」が支援されます。

どんな旅行が対象になるの?

旅行会社を通して旅行ツアーを予約した場合、個人でホテル、飛行機などを予約した場合、どちらにも適用されます。
また、夜行フェリー、寝台列車などの宿泊を伴う移動手段も対象です。
ただし、個人で予約をした場合は「交通費」は支援の対象外となります。

旅行会社を通して旅行ツアーを予約した場合
1泊2日の旅行ツアーの金額がひとり「4万円」の場合
→旅行代金「4万円」のうちの35%=14,000円を支援
→旅行代金「4万円」のうちの15%=6,000円を地域クーポンで配布(9/1以降)

日帰りバスツアーの金額が「2万円」の場合
→旅行代金「2万円」のうちの35%=7,000円を支援
→旅行代金「2万円」のうちの15%=3,000円を地域クーポンで配布(9/1以降)

個人で飛行機、ホテルをそれぞれ予約した場合
往復飛行機代が「2万円」、ホテルが1泊「2万円」の場合
→宿泊費「2万円」のうちの35%=7,000円を支援
→宿泊費「2万円」のうちの15%=3,000円を地域クーポンで配布(9/1以降)

「1万円」のホテルに「10連泊」する場合
→宿泊費「10万円」のうちの35%=35,000円を支援
→宿泊費「10万円」のうちの15%=15,000円を地域クーポンで配布(9/1以降)

どうやって割引される?

7月27日以降は、準備の整った旅行事業者(ホテルや旅行代理店、予約サイトなど)から、割引された料金での旅行ツアー、宿泊が発売開始となる見込みです。

すでに7月22日以降の旅行や宿泊を予約している場合には、旅行事業者を通して還付されるか、もしくは、個人が申請することでも還付が受けられることになっています。(申請は観光庁ウェブサイトからとなる予定)

ただし、利用したホテルや旅行代理店が「参画事業者」として指定を受ける必要があります。

「ホテル暮らし」にも、うまくキャンペーンを利用できるかも

「ホテル暮らし」の場合にも、以下の条件を満たす宿泊なら、最大35%(1泊14,000円まで)の支援が受けられる見込みです。

・ ホテルが参画事業者として指定を受けていること
・ 東京都外のホテルであること
・ 現在、東京都に居住する方以外の宿泊であること

新型コロナウイルスの感染には十分注意をした行動が必要となりますが、たとえば、

・ 在宅ワークの環境を整えるのがご自宅ではなかなか難しい方
・ ご高齢者と同居していらっしゃるなど、感染リスクが気になる方

なども、「ホテル暮らし」が解決策になれるかもしれません。
ホテルとしても、長期滞在してくださる方はとてもウエルカムな状況です。
この機会に「旅行」だけに限らず、うまくホテルを利用してみてください。

定額でホテルのロングステイが可能となる「goodroom ホテルステイ」についても、東京都以外の各提携宿泊先にて、参画事業者としての登録の準備を進めています。登録され次第、「2020/7/22以降」の利用について、35%OFFでの利用が可能となる大変お得な機会になります。
参画事業者としての登録などの状況は、各ホテルの予約ページにて、随時発表させていただきます。

「身軽な暮らし」の疑問・質問を大募集!

いただいた質問に、 goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。グッドルーム・ジャーナルの取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
「Go To トラベルキャンペーン」スタート。この機会にホテル暮らしを始めてみませんか?
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.2

「持たない暮らし」ってどうやったら始められる?多拠点生活者が実践するコツと便利なサービスまとめ

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第2回は、去年夏から多拠点生活を送っている私が実践する、「持たない暮らし」のコツと便利なサービスを紹介します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.3

「丁寧」じゃなくてもいいんじゃない?家事負担を減らしてくれる暮らしかた&サービスを紹介します

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第3回は、一人暮らしや、共働きのご家庭で「家事」がどうも苦手という方に。負担を手放して気楽に暮らすための考え方や、便利なサービスを紹介します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.1

コストも荷物も最小限に「身軽な暮らし」スタートしませんか? 初期費用を抑えられる3つのサービスまとめ

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。 第1回は、新しい暮らしをスタートしようと思った時、一番ネックになる「お金」の問題について。家具・家電を揃えるコストや、敷金・礼金などの初期費用に縛られず、身軽に生活が始められる3つのサービスをまとめました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.4

「ホテル暮らし」にはお金がかかる? 増えるコストと、減らせるコストを教えてください

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第4回は、「ホテル暮らし」を始めてみたいけど、実際、どうなの?という方に向けて、一番気になるコスト面について。ホテル暮らしで増える費用、減らせる費用をまとめてみました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.6

ホテル暮らしの住民票ってどうしたらいい?郵便物は受け取りできますか?

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第6回は、憧れの「ホテル暮らし」を始めるにあたって疑問になる、住民票の扱い方について。どうやって郵便物を受け取ったらいいかなど、具体的に解説します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.5

地方と東京の「二拠点生活」って、どうやったら実現できますか?費用はどのぐらい?

これからの時代、働き方も、住む場所も、きっともっと自由になるはず。新しい時代の「身軽な暮らし」を考える連載をスタートします。第5回は、今注目されている、都市部と地方との「二拠点生活」について。どんな生活パターンがあるのか、実際に始めるとしたらどんな方法があるのか、まとめてみました。…

アプリバナー