single.php

収納上手になろう。賃貸の「オープンクローゼット」おしゃれなインテリア実例まとめ

教えて!グッドルーム Vol.305

シェア
収納上手になろう。賃貸の「オープンクローゼット」おしゃれなインテリア実例まとめ

扉がない分、部屋を広く使うことのできるオープンクローゼットのお部屋。どんな風に活用するとおしゃれに見える?収納上手な実例をまとめてみました。

text : Miha Tamura from goodroom journal

オープンクローゼットのメリット・デメリットは?

オープンクローゼットとは、扉がついていないタイプの収納のこと。

一番のメリットは、扉を開け閉めする分の無駄なスペースがなくなること。
賃貸のお部屋でも、小さなベッドルーム、ワンルームなどで家具を置くスペースを確保するためあえて収納がオープンになっているお部屋も多くあります。
また、2LDKなど部屋数が多い間取りなら、収納としてだけでなくデスクを置くスペースとしてなど、部屋の一部として活用できるメリットも。

デメリットは、衣類に埃がつきやすいこと。
オケージョナルなスーツやドレスなどは個別にカバーをかけるなど工夫する必要があります。

グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋では、小さな間取りの場合クローゼットはあえてオープンにし、家具配置を邪魔しない工夫をしています。カーテン用のレールもついているので、隠したい方はお好きな布を用意してください。(このお部屋はこちら)

グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋では、小さな間取りの場合クローゼットはあえてオープンにし、家具配置を邪魔しない工夫をしています。カーテン用のレールもついているので、隠したい方はお好きな布を用意してください。(このお部屋はこちら)

元々あるオープンクローゼットの上手な使い方は?

ハンガーを揃え、色のグラデーションで整える

オープンクローゼットを美しく活用していらっしゃるお部屋。普段はカーテンを開けて使われています。ただし、夏場、冬場は冷暖房効率を上げるために布をかけて使用されているとのこと。

オープンクローゼットを美しく活用していらっしゃるお部屋。普段はカーテンを開けて使われています。ただし、夏場、冬場は冷暖房効率を上げるために布をかけて使用されているとのこと。

クローゼットを開けて見せていても気にならない工夫は、まずはハンガーを同じものに揃えること。そして服は色のグラデーションで並べることで見た目も綺麗に整います。(このお部屋はこちら)

クローゼットを開けて見せていても気にならない工夫は、まずはハンガーを同じものに揃えること。そして服は色のグラデーションで並べることで見た目も綺麗に整います。(このお部屋はこちら)

布をかける、カゴに入れる

こちらは寝室の壁がオープンクローゼットになっているお部屋。扉を開けるひと手間がない分、すぐに取り出せることは便利なポイントだそう。

こちらは寝室の壁がオープンクローゼットになっているお部屋。扉を開けるひと手間がない分、すぐに取り出せることは便利なポイントだそう。2つあるうち、主に使用しているのは1つだけなので、部屋も広く使えています。


リビングの収納もオープンタイプ。全体をカーテンで隠すのではなく、見せたくないものはカゴに入れる、布をかけることで、開放感は保ったまま、すっきりとした見た目を確保できます。

リビングの収納もオープンタイプ。全体をカーテンで隠すのではなく、見せたくないものはカゴに入れる、布をかけることで、開放感は保ったまま、すっきりとした見た目を確保できます。(このお部屋はこちら)

部屋の一部として使う

MUJI×URのリノベーション2DKで二人暮らしをしていらっしゃるお部屋。ダイニング隣のお部屋は、ベッドを置いて寝室兼リビングとされています。

MUJI×URのリノベーション2DKで二人暮らしをしていらっしゃるお部屋。ダイニング隣のお部屋は、ベッドを置いて寝室兼リビングとされています。


元は押入れだったスペースを完全にオープンにし、自由に活用できることもMUJI×URのお部屋の特徴。お二人の場合は、デスクやキャビネットを置いて、お部屋の一部として活用。上部の天袋部分は収納ボックスを並べて。実は奥行きが深いので、ボックスの後ろには布団などもしまわれているそうです。

元は押入れだったスペースを完全にオープンにし、自由に活用できることもMUJI×URのお部屋の特徴。お二人の場合は、デスクやキャビネットを置いて、お部屋の一部として活用。上部の天袋部分は収納ボックスを並べて。実は奥行きが深いので、ボックスの後ろには布団などもしまわれているそうです(このお部屋はこちら)

服を見せる向きにこだわる

同じく、MUJI×URのリノベーション団地に暮らしていらっしゃる方のお部屋。突っ張り棒をあえて「縦」方向につけたことで、服を綺麗に見せて収納することができ、とても気に入ってらっしゃるそう。

同じく、MUJI×URのリノベーション団地に暮らしていらっしゃる方のお部屋。突っ張り棒をあえて「縦」方向につけたことで、服を綺麗に見せて収納することができ、とても気に入ってらっしゃるそう。(このお部屋はこちら)

賃貸のお部屋でもあえてつくる「オープンクローゼット」

オープンクローゼットの場合、持っている衣類の量が把握しやすいので、元々ある収納ではなくあえてオープンな収納を楽しんでいらっしゃる方も多いです。その事例を紹介しましょう。

大きな鏡と組み合わせる

7.5畳のワンルーム。ベッドは部屋の入り口側に寄せて、窓側にはヨガができるスペースと、大きな鏡。

7.5畳のワンルーム。ベッドは部屋の入り口側に寄せて、窓側にはヨガができるスペースと、大きな鏡。


鏡のすぐ近くにハンガーラックを置いたことで、身支度がしやすい配置になりました。(このお部屋はこちら)

鏡のすぐ近くにハンガーラックを置いたことで、身支度がしやすい配置になりました。(このお部屋はこちら)

ハンガーラックの質感にこだわる

「お店のような空間を作りたい」と選ばれたのは、アイアンの風合いがクールなW standartdのハンガーラック。

こちらは、1K 9畳のシンプルな間取りのお部屋。「お店のような空間を作りたい」と選ばれたのは、アイアンの風合いがクールなW standartdのハンガーラック。


隣には、りんご箱にワックスを塗り、白くペイントしてつくったオープン収納。アクセサリーをディスプレイし、鏡を置いて、身支度の動線がコンパクトに完結するようにされています。

隣には、りんご箱にワックスを塗り、白くペイントしてつくったオープン収納。アクセサリーをディスプレイし、鏡を置いて、身支度の動線がコンパクトに完結するようにされています。(このお部屋はこちら)

つっぱり式のラックを使う

こちらのお部屋では、天井と床で突っ張るタイプのラックを使って空間を有効活用。床や壁が見えることで部屋を広く見せられます。(このお部屋はこちら)

こちらのお部屋では、天井と床で突っ張るタイプのラックを使って空間を有効活用。床や壁が見えることで部屋を広く見せられます。(このお部屋はこちら)

身支度専用のスペースをつくる

2LDKで二人暮らしをされていらっしゃるお部屋。ひとつのお部屋は衣装部屋として使われています。IKEAのオープンラックKALLAXを使って、二人分の衣類を管理。アクセサリーやサングラスなどは棚の上に見せて収納し、身支度が楽しみになるスペースに。

2LDKで二人暮らしをされていらっしゃるお部屋。ひとつのお部屋は衣装部屋として使われています。IKEAのオープンラックKALLAXを使って、二人分の衣類を管理。アクセサリーやサングラスなどは棚の上に見せて収納し、身支度が楽しみになるスペースに。


反対側の壁にはハンガーラックをずらっと並べて。二人分の衣類も楽々取り出すことができます。

反対側の壁にはハンガーラックをずらっと並べて。二人分の衣類も楽々取り出すことができます。(このお部屋はこちら)

4.5畳をウォークインクローゼット風に

先程の、MUJI×URのお部屋に暮らしていらっしゃるお二人。玄関横の4.5畳のお部屋は収納家具を並べてウォークインクローゼット風のスペースに。

先程の、MUJI×URのお部屋に暮らしていらっしゃるお二人。玄関横の4.5畳のお部屋は収納家具を並べてウォークインクローゼット風のスペースに。


畳んでしまわれた洋服も余裕を持って並べられているのでとても取り出しやすそうです。(このお部屋はこちら)

畳んでしまわれた洋服も余裕を持って並べられているのでとても取り出しやすそうです。(このお部屋はこちら)

お部屋や引越しのお悩み、大募集!

いただいた質問に、引越し大好きな goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。グッドルーム・ジャーナルの取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
収納上手になろう。賃貸の「オープンクローゼット」おしゃれなインテリア実例まとめ
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

教えて!グッドルーム Vol.206

お金をかけすぎずにおしゃれな部屋をつくるにはどうしたらいいですか?

おしゃれなお部屋に住みたいけど、そこまでお金をかける余裕はないんだよね……という方へ。工夫とアイディアで、IKEAやニトリのアイテムをうまく使ったり、ちょっとDIYしたり。お金をかけすぎずにおしゃれなお部屋をつくっている事例をどーんとまとめてみましたよ。これなら真似できるかも?…

TOMOS people Vol.36

「グリーン」と「大きなキッチン」が訪れる人をもてなす。ふたり暮らしの2LDK

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、2LDKにふたり暮らしをしているKさんとSさんのお部屋を訪問。2つある居室のひとつはゲストルームとし、訪れる人をあたたかくもてなしてくれる大きく明るいLDKのあるお部屋。とても落ち着く気持ちの良い空間でした。…

TOMOS people Vol.34

DIY家具がキッチンを主役にする。ふたり暮らしの広々LDK

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回訪ねたのは、会話の弾む大きなキッチンを中心したリビング・ダイニングが気持ち良い、鈴木さん・尾山さんカップルのお部屋。とてもすっきりとして見えるお部屋の秘密を伺ってきました。(編集部)…

TOMOS people Vol.5

川を望む、大きなアイランドキッチンが主役の部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 第5回は、TOMOSの「カスタマイズ賃貸」で素敵なアイランドキッチンのあるワンルームのお部屋を「カスタマイズ」された、石井さんご夫妻のお部屋にご訪問。素敵なキッチンで、素敵な料理をふるまってもらっちゃいました!…

アプリバナー