single.php

「青色」と不思議なアイテムが自分らしさを形づくる。一人暮らしの7畳インテリア

TOMOS people Vol.57

シェア
「青色」と不思議なアイテムが自分らしさを形づくる。一人暮らしの7畳インテリア

シンプルに暮らしやすく整えられた7畳のリノベーションワンルーム。よく見てみると、不思議な形をした家具や、使い方のわからない不思議なアイテムがいっぱい。とことんこだわって探した家具を大切に使いながら暮らす、一人暮らしのワンルームを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

光のよく入るリノベーションワンルーム

グッドルームスタッフの福田さんが暮らしているのは、7畳ほどのワンルーム。グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋です。

「グッドルームのスタッフとして働くうちに、どんどんTOMOSの部屋に住みたい、と思うようになりました。このお部屋は、ずっと住みたいと思っていたエリアで工事を検討中の空室が出たと聞いて、 “自分が住むので、TOMOSにしてください”とリクエストしたお部屋です」

すっきりとした長方形で、バーチ材の無垢フローリングに柔らかいグレーのアクセントクロスが映えるお部屋。

すっきりとした長方形で、バーチ材の無垢フローリングに柔らかいグレーのアクセントクロスが映えるお部屋。

窓から入ってくる光の感じが好き、と話す福田さん。この光の差し具合を大切にしたくて、リノベーション工事の際には、壁の中に収納がおさまる今の間取りをリクエストしたのだそう。

窓から入ってくる光の感じが好き、と話す福田さん。この光の差し具合を大切にしたくて、リノベーション工事の際には、壁の中に収納がおさまる今の間取りをリクエストしたのだそう。

少しだけ工夫したキッチン

真っ白なデザインと、壁にツールバーがあるところが気に入っているというキッチン。ガス1口で作業スペースがないため、キッチンの横には山崎実業「tower」シリーズのラックを置いて、作業スペース兼収納に。

真っ白なデザインと、壁にツールバーがあるところが気に入っているというキッチン。ガス1口で作業スペースがないため、キッチンの横には山崎実業「tower」シリーズのラックを置いて、作業スペース兼収納に。

無印良品のボックスを入れて、見た目は白で統一し、おしゃれに器などをしまわれていました。

無印良品のボックスを入れて、見た目は白で統一し、おしゃれに器などをしまわれていました。

とことんこだわって探した家具

「せっかくTOMOSに住むのだから、家具は厳選して好きなものを置こうと思いました」と福田さん。
これまでに持っていた家具は多くを買い替えて、とことんこだわって探したお気に入りばかりが集まっています。

一人暮らしのお部屋にもちょうどいいサイズのダイニングテーブルは momo natural。椅子は北欧ヴィンテージ家具の「グリニッチ」で購入。

一人暮らしのお部屋にもちょうどいいサイズのダイニングテーブルは momo natural。椅子は北欧ヴィンテージ家具の「グリニッチ」で購入。

「幾何学的な形のものが好き」と福田さん。テーブルの上に置かれた花瓶やランプも、形にかなりこだわりが感じられます。

「幾何学的な形のものが好き」と福田さん。テーブルの上に置かれた花瓶やランプも、形にかなりこだわりが感じられます。

ダイニングテーブルの向かいには、D&Dデパートメントストアで思いきって購入した「マルニ60」のキャビネット。

ダイニングテーブルの向かいには、D&DEPARTMENTで思いきって購入した「マルニ60」のキャビネット。

カメラやCDなど、大切なものをしまわれています。

カメラやCDなど、大切なものをしまわれています。

隣にあるのは、「ずっと探していた」というウリヨ・クッカプーロの「FUNKTUS」チェア。北欧ヴィンテージ家具の「talo」で購入。椅子に乗せているのは古いレコードプレーヤーです。

隣にあるのは、「ずっと探していた」というウリヨ・クッカプーロの「FUNKTUS」チェア。北欧ヴィンテージ家具の「talo」で購入。椅子に乗せているのは古いレコードプレーヤーです。

時計も、福田さんの好きな「幾何学」っぽさを感じるデザイン。

時計も、福田さんの好きな「幾何学」っぽさを感じるデザイン。

自分らしさをつくる「青色」と、ちょっと不思議なアイテム

初めは明るい木の色のナチュラルな家具で揃えようと思っていたという福田さんですが、こだわって探すうちに、どんどん自分の好きな「幾何学」っぽさのある変わった形のデザイン、そして「青色」のものが増えていったそう。

窓際にも、大好きな「青」の花瓶が集められていました。光の中でよく映えますね。

窓際にも、大好きな「青」の花瓶が集められていました。光の中でよく映えますね。

蚤の市や、社員旅行で行った沖縄で買ってきた器にも、「青色」のものが多くあります。

蚤の市や、社員旅行で行った沖縄で買ってきた器にも、「青色」のものが多くあります。

これ、一体何に使うの!? と驚く、ちょっと不思議なアイテムもありました。左側の赤い棒はその名も「ニョロニョロ棒」。京都の古道具店「itou」オリジナルのもので、使い道は買った人に委ねられているのだそう。その隣にある赤いハコは、お経を再生する「ブッダマシーン」。ずっと探していて音楽フェスで偶然巡り合ったそう。

これ、一体何に使うの!? と驚く、ちょっと不思議なアイテムもありました。左側の赤い棒はその名も「ニョロニョロ棒」。京都の古道具店「itou」オリジナルのもので、使い道は買った人に委ねられているのだそう。その隣にある赤いハコは、お経を再生する「ブッダマシーン」。ずっと探していて音楽フェスで偶然巡り合ったそう。

こちらは真空管ラジオ。神社で開かれていた蚤の市で巡り合ったもの。

こちらは真空管ラジオ。神社で開かれていた蚤の市で巡り合ったもの。

生活感を感じさせるアイテムはほとんど見せず、シンプルに暮らしている福田さんのお部屋。でもそこでは、「好きな形」「好きな色」にこだわってとことん探した家具が大切に使われていて、使い道は人それぞれに委ねられた不思議なアイテムが「福田さんらしさ」を形づくっていました。

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

gallery_5

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」、TOMOSのお部屋にお住まいの方は 「#tomospeople」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
「青色」と不思議なアイテムが自分らしさを形づくる。一人暮らしの7畳インテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom