single.php

ごく普通の20代会社員の私が、賃貸暮らしをやめて「ホテル暮らし」を始めた理由とは

ホテル暮らしの365日 Vol.01

シェア
ごく普通の20代会社員の私が、賃貸暮らしをやめて「ホテル暮らし」を始めた理由とは

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで実際にホテル暮らし中のgoodroomスタッフのイワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。初回となる今回は自己紹介とホテル暮らしを始めたきっかけ、得られた気づきについてお話します。

text : RISA IWATA

ホテル暮らしの「リアル」を語る連載、始まります

「二拠点生活」「多拠点居住」「ワーケーション」「ホテル暮らし」……。

リモートワークが定着しつつあるいま、どこに住み、どこで働くか。私たちはいま、これまで以上に自由に「働き方」や「住まい方」を考え、選択できるようになりました。

中でも私が働くgoodroomでは、全国800箇所以上のホテル施設やマンスリー物件と提携をして(2022年1月現在)、月額定額制でホテルに長期滞在できるサブスクリプションサービスを提供しています。

賃貸物件に住んでいる時にはなかなかできない、「いつでも」「どこでも」「身軽に」住むことができる世界を実現するために日々サービスを運営しています!

とはいえ、どうしても暮らし方の全貌が見えず、“ハードルが高い”と感じる方も多いようです。なぜなら、実際にホテル暮らしをしている人の数は、賃貸やシェアハウスで暮らしている方よりも、ずっと少ないから。

そこで今回スタートするのが、実際にホテル暮らしをしながら働いているスタッフである私、イワタリサによる連載です。この連載では、ホテル暮らしを始める前に感じていたこと、ホテル暮らしを始めてから分かったことなどを、赤裸々に綴っていこうと思います。

どうぞ優しい目でお付き合いをいただければ幸いです。

連載初回の本記事では、私の簡単なプロフィールと、ホテル暮らしを始めたきっかけ。そしてホテル暮らしを始めて数か月経ったいま、自分の中に生まれた「変化」についてお伝えできればと思います。

ホテル暮らし前は、ごく普通の賃貸物件で生活をしていた

改めまして、イワタリサです。長野県安曇野市出身の、24歳。短大を卒業後、3年ほど羽田空港でグランドスタッフの職を経験したのち、昨年末にgoodroomへ転職をしました。

ホテル暮らしをする前の私の生活スタイルを、簡単にご紹介します。

仕事柄、部屋には「寝に帰るだけ」

img_0674

勤務先が羽田空港だったため、以前は京急沿線沿いの「梅屋敷」という街に住んでいました。にぎやかな商店街や銭湯、ディープでレトロな飲食店……。いつでも街に活気があり、下町風情を感じられる雰囲気がとても好きでした。

どちらかというと華やかな街よりも、こうした落ち着いた雰囲気を感じられる街のほうが居心地が良く感じられる私。実際にホテル暮らしをするための拠点を探す際にも、そうした街を自然と選んでいる気がします。

住んでいた部屋も、ごく普通の部屋でした。1K、8.5畳、7万円台、駅徒歩5分という立地。値段の割に広く、角部屋だったこともお気に入りのポイントでした。仕事柄、部屋には「寝に帰るだけ」という生活だったこともあり、必要最低限の家電・インテリアのみで、あまりこだわりはなかったほうだと思います。

自炊は週に2日ほど

以前住んでいたお部屋。荷物が多い部屋でしたが、最後はすっきり整理できました!

以前住んでいたお部屋。荷物が多い部屋でしたが、最後はすっきり整理できました!

ホテル暮らしをしているとよく聞かれるのが、「食事面」での習慣です。賃貸暮らしでは週に2度ほど、お弁当のおかずを自炊をする程度。生活はどうしても不規則になるので、それ以外はコンビニ弁当を買ってきたり、外食をすることも多くありました。

あまりお金をかけずに生活を楽しむことが得意なので、洋服なども古着屋で一期一会を楽しむことが多いです。

そんな、至って普通の20代の生活をしていました。

きっかけは、コロナ禍でリモートワークが主流になったから

ホテル暮らしに興味を持ち始めたのは、前職でテレワークが主流になり始めたことがきっかけでした。しっかりパフォーマンスを出すことができるなら、自宅にいなくても良いのでは?と考え、気分転換に月に5か所ほど都内のホテルを転々とする暮らし方を始めてみたんです。

Processed with VSCO with a6 preset

実際に過ごしてみると、予想以上に快適!今後働く場所にとらわれない時代がやってくるはず、こうした暮らし方はどんどん広がっていくのだろうと感じ、調べてみたところgoodroomのホテルパスに出合いました。

気になったらとことん調べ、行動しないと気が済まない性格(笑)なんです。勢いそのままに転職をすることに……!せっかくだからと、ホテルパスを実際に活用しながら、その体験をサービス改善に活かせればと、始めてみることになりました。

1日1日を「消費」せず、大切に過ごすようになった

これまで、錦糸町・秋葉原にある二つのホテルを利用しました。

まだホテル暮らしを始めて数か月しか経っていませんが、そんな中でも私の中に生まれた小さな変化があります。それは「1日1日を、大切に過ごすようになった」ということ。

賃貸物件で一人暮らしをしていたころは、退去日などの「住まいの終わり」が決まっていない生活だったので、1日1日をどう暮らすか、など考えたこともありませんでした。

Processed with VSCO with a6 preset

けれども今は、「あと10泊しかこのホテルにいられない」というタイムリミットが明確にあります。すると「もう少し街を探索してみよう」「ラウンジに行って、どんな人がこのホテルに滞在しているのか見てみよう」「花をここに飾って、よりよく過ごせるようにしよう」など、このホテルだからできることを、考えてやってみようという気になったのです。

大げさかもしれませんが、日々を消費しないで生きるようになりました。

洋服やコスメなど、形あるモノにお金をかけて消費するよりも、目に見えないこうした「経験」という価値にお金を払いたい。そうしていると、日々自分をアップデートできている気がするんです。

Processed with VSCO with a6 preset

*

次回以降はホテル暮らしを始める前に山ほどあった荷物をどうやって整理し、処分したのか。室内での過ごし方や収納のコツ、仕事の仕方、お金のこと……など、さまざまな視点からホテル暮らしのリアルを綴っていきたいと思います。

私自身もホテル暮らしの1年生ではありますが、読んでくださる皆さんの疑問や不安に応えていければと思っているので、気になることがある方はぜひ、質問フォームからお気軽にご連絡ください。

それでは初回はこのへんで。今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします!

初期費用も家具・家電もいらない「goodroomホテルパス」

月額6.98万円から、全国400以上のホテルやTOMOSのマンスリーマンションに「定額」で自由に住み替えできるサブスクサービス「goodroom ホテルパス」がスタートしました。
初期費用も不要、家具・家電も不要で、思いついた日から気軽に新生活がスタートできます。
新しい暮らし方の選択肢に、ぜひ加えてみてください。

792ff9ad-6100-4b54-b380-cf8bf86a17f7

「身軽な暮らし」の疑問・質問を大募集!

いただいた質問に、 goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

▼新しく追加されたホテル情報など、最新情報をほぼ毎日更新中!

三宅

イワタリサ

イワタリサ

goodroomホテル暮らし社員&サウナ部部長。新しいもの好きなハングリー20代。サウナと古着屋とだし巻き玉子が好き。座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
Instagramでホテル暮らしの日常を更新中!:https://www.instagram.com/iwtr_37/

シェア
ごく普通の20代会社員の私が、賃貸暮らしをやめて「ホテル暮らし」を始めた理由とは
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

ホテル暮らしの365日 Vol.03

ホテル暮らしでかかる金額は月々いくら?リアルなお金のこと、価値観の変化とは

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで現在ホテル暮らし中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。第3回目は家賃や食費などの「お金」の実態についてご紹介します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.02

賃貸からホテル暮らしへ。引越しで荷物を処分するために使った、7つの方法

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで現在ホテル暮らし中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。第2回目は賃貸からホテル暮らしを始めるときに、荷物を処分するために活用したサービスについてお話します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.07

秋冬服は25着から10着、靴は計3足に断捨離。ホテル暮らしの衣替え事情と、賢くオシャレを楽しむ方法

現在ホテル暮らしまっただ中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載。第7回目はホテル暮らしで皆さんがもっとも気になることのひとつ、「衣類」について。持っている服の量や、購入時のポイント、衣替えのことなどについてお話します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.06

グランドスタッフから、営業へ。20代前半の私が、自分が楽しめる仕事に出合えた理由

現在ホテル暮らしまっただ中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載。第6回目はグランドスタッフをしていた私が、なぜホテル暮らしを運営する企業の中の人になったのか。そんなイワタの仕事観や人生観について。少し詳しくお話できたらと思います。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom