single.php

秋冬服は25着から10着、靴は計3足に断捨離。ホテル暮らしの衣替え事情と、賢くオシャレを楽しむ方法

ホテル暮らしの365日 Vol.07

シェア
秋冬服は25着から10着、靴は計3足に断捨離。ホテル暮らしの衣替え事情と、賢くオシャレを楽しむ方法

現在ホテル暮らしまっただ中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載。第7回目はホテル暮らしで皆さんがもっとも気になることのひとつ、「衣類」について。持っている服の量や、購入時のポイント、衣替えのことなどについてお話します。

text : RISA IWATA

限られた衣類でやりくり!ホテル暮らしの「衣類」事情を紹介します

みなさんこんにちは。goodroomホテルパスのスタッフ、イワタリサです。

「ホテルパス」は、全国800箇所以上のホテル施設やマンスリー物件と提携して、月額定額制でホテルに長期滞在できるサービスです。この連載は、運営会社であるgoodroomの社員であり、実際にホテル暮らし真っ最中の私の体験記。

少しずつ春の陽気が感じられる日が増えてきたこのごろ。皆さんも「衣替え」を始めたころではないでしょうか。

ホテル暮らしをしている私にとって、衣替えは一大イベント!ホテルの部屋の中にオールシーズンの服は置いておけないので、トランクルームなどを活用しながらうまくやりくりしています。

そこで今回は、ホテル暮らし中の「衣類」事情についてご紹介。所有している服の量や、購入時のポイント、衣替えのことなどについて、私なりに経験してきたことをまとめました!

ホテル暮らし中の「服の量」と「収納方法」について

まず初めに、私が現在ホテル暮らしをしながら所有している服や靴の量は、以下の通りです。

春夏シーズン用の服:20着程度

春夏シーズン用の服:20着程度/秋冬シーズン用の服:10着程度

コート:各シーズン4着ずつ

コート:各シーズン4着ずつ

靴:3足(通年利用。ランニングにも使えるカジュアルなスニーカー、急な冠婚葬祭にも使えるパンプス、革靴)

靴:3足(通年利用。ランニングにも使えるカジュアルなスニーカー、急な冠婚葬祭にも使えるパンプス、革靴)

カバン:7個(仕事用、お出かけ用、プチ旅行用、小さなショルダーバッグなど)

カバン:7個(仕事用、お出かけ用、プチ旅行用、小さなショルダーバッグなど)

ホテル暮らしを始めた当初、秋冬シーズンの服はもっと多かったのですが、ホテル暮らしを始めてから少しずつ断捨離。ようやく10着ほどに落ち着きました。

春夏シーズンの服は生地が薄くかさばらないので20着ほど。ですが今夏に吟味して、もう少し減らしていきたいと考えています!

次にこれらの服の収納方法について。

基本的にシーズンに合わせた洋服だけをホテル内に持ち込むようにしていて、残りはトランクルームに預けています。

持っている洋服のうち、コート類やシワを付けたくない洋服はハンガーにかけて掛けて収納。残りの洋服は不織布の衣装ケースに入れて、ベッド下にトランクと一緒に収納しています。

持っている洋服のうち、コート類やシワを付けたくない洋服はハンガーにかけて掛けて収納。残りの洋服は不織布の衣装ケースに入れて、ベッド下にトランクと一緒に収納しています。

ベッド下に収納するスペースがあることは、私のホテル選びの際のマスト条件の一つでもあります。かさばるものが目に入らないようにできると、すっきりとした見た目で生活ができますからね。

購入時に意識するようになったのは「素材」「色」「着回し力」

ホテル暮らしをする際に、洋服選びで意識していることを、3つのポイントでまとめました。

ポイント1:いい素材のものを選ぶ

もともとはできるだけシワになりにくい生地(ポリエステル・レーヨンなど)などの素材の服を選ぶようにしていましたが、限られたものを長く着るためには綿やカシミヤなどの天然素材がやっぱりいいなと思うように。特にカシミヤは厚着せずともあたたかいので、かさばらないし、何より着心地が良くて重宝しています。

古着屋を巡り、安くておしゃれな服を選ぶのが得意です!

古着屋を巡り、安くておしゃれな服を選ぶのが得意です!

ただし綿のシャツなど、ピシッとシワなく着たい服のときは、アイロンをかけてしまいます。大体どこのホテルでも無料でアイロンを借りられるので、存分に活用させてもらっています!(貸し出しがないホテルもあるので、事前に確認をしてみてください)

ポイント2:「自分に似合う色」の服を知る

これまで洋服を無限に所有できていたころは、あらゆる色の洋服を買い集め、毎日違う色のものを身に着けていました。柄も花柄やストライプ、チェック。もう、すべて揃えていたほど……。

でもホテル暮らしの今は、全ての色は揃えられません。そこでおこなったのは、自分の顔立ちや肌の色から似合う色を知る「パーソナルカラー診断」。自分では客観視できないと思い、職場のオシャレな先輩に診断してもらいました。

第三者の視点で「何色が本当に似合うのか」「どんな素材が似合うのか」を教えてもらったことで、服を選ぶ基準が明確になりました。

私は「ブルべのウィンター」に分類されることが分かったので、身に着けるならメリハリがある、はっきりとした色合いのものが良いそう。最近はそうした衣類だけを買うようにしています。

また「いつも同じ服だな」と思われないように、人の印象に残りやすい派手な色や奇抜な形の服も持たないようになりました。

ポイント3:着回しできる形を選ぶ

そして「着回しできる形」であること。

例えばワンピースであれば、前開きタイプのものを選び、1枚でさらっと着ることはもちろん、羽織ものとして着られるようにしたり。同じ服でも印象がガラッと変わるのでおすすめです。

参考までに、お気に入りのロングワンピースで3パターンの着回しをしてみた例を紹介します!

カフェラテを片手に、新宿御苑公園の芝生で寝転んだり。

着回したのは、古着屋さんで買ったスティーブン・アランの黒のワンピース。

例えば周辺地域。カフェやレストラン、パン屋さんなどの飲食店を含めた街の雰囲気を見ています。ここで自分が一定期間滞在して、どんな過ごし方ができるかな、ということをイメージしてから行くんです。

レギンスなどと合わせて、1枚でサラッとカジュアルに着ることもあれば……。

カフェラテを片手に、新宿御苑公園の芝生で寝転んだり。

仕事に着ていくときにはカジュアルになりすぎないように、モノトーンでまとめています。

例えば周辺地域。カフェやレストラン、パン屋さんなどの飲食店を含めた街の雰囲気を見ています。ここで自分が一定期間滞在して、どんな過ごし方ができるかな、ということをイメージしてから行くんです。

黒なのでアクセントカラーに、春らしいうぐいす色のスカートを合わせたりもできます。APCのハーフムーンバッグもお気に入りです。

ちなみにこうした着回し事例は、ZOZOTOWNの会社が運営している「WEAR」というアプリを参考にしています。自分の好きなテイストの洋服を着ている方をフォローして、どんなアイテムを持てば、少ない量で着回しを楽しめるかを考えるのに重宝しています。

他にも「髪型や小物であそぶ」ことも、ホテル暮らしをしてから楽しむようになりました。

実は私がパーマをかけているのは、服をたくさん持てないからこそ。髪だけでも遊び心が欲しくて、ホテル暮らしを機にくるくるにしたんです。またピアスやネックレスなどのアクセサリーはちょっと多くても持ち運びに困らないし、靴はTPOに合わせて3つだけ。ですが、どれも選りすぐりのものばかりです。

衣替えは「早め」に、「オンラインで賢く」がマスト!

続いて衣替えについて。こちらのポイントは2つ。

ポイント1:オンライン上で荷物管理ができるサービスを利用する

季節外の衣類は全て、トランクルームに預けているとお伝えしました。とはいえ、どこか固定の場所にトランクルームを借りているのではありません。荷物の出し入れや管理を、全てオンライン上で行えるサービスを利用しています。

ホテル暮らしは、数週間~数か月単位で移動しながら暮らすことがほとんど。そんなときに固定の場所で荷物を保管していると、わざわざ遠くへ取りにいかなければならなくなってしまいます。その点オンラインのサービスは届けてほしいタイミングでホテルまで届けてくれるので、とても便利です。

ホテル暮らしは、数週間~数か月単位で移動しながら暮らすことがほとんど。そんなときに固定の場所で荷物を保管していると、わざわざ遠くへ取りにいかなければならなくなってしまいます。その点オンラインのサービスは届けてほしいタイミングでホテルまで届けてくれるので、とても便利です。

例えばホテルパスが提携している「サマリーポケット」も、そうしたサービスの一つです。ホテルパスと一緒に使うととってもお手頃になるのでおすすめです。
https://pocket.sumally.com/

ポイント2:衣替えは、早めにする!

実は私、今回がホテル暮らしをして初めて衣替えでした。正直寒暖差が読めず、3月ごろに急に暖かくなった時期には、着るものがなく焦った!なんてことも……。

そうならないためにも、「少し早いかな?」と思うくらい余裕をもって、必要な衣類を取り寄せたほうがいいでしょう。

私の場合、3月末にトランクルームからホテルに取り寄せる予約をして、4月初めに届くようにしました。でも正直ちょっと遅かったなと反省……。秋冬の衣替えでは、もう少し早めに衣替えしようと思います!

またこのタイミングで手持ちの服のドラフト会議をおこない、不要なものはメルカリで販売したり、リサイクルショップに出したり、知人に譲ったりしました。また、先輩と一緒にショッピングに行き、この夏に着たい服も4つのポイントを抑えつつ、吟味に吟味を重ねて新調しました!

年に2回の衣替えのタイミングを面倒なことと思わず、持ちものを見直したり、新たにお迎えする機会にしたりと、楽しむための時間にすると良いですね。

毎シーズン、大量に洋服を買っていた一人暮らしから、価値観が変わった

ホテル暮らしをしている際の衣類の持ち方について、イメージできたでしょうか。

かくいう私も、まだまだホテル暮らしは1年生。実は一人暮らしのころとは価値観が大きく変わりました。

まず「本当にいいものを、少なく持つ」という思考に。

かつての私は、洋服の安かろう悪かろうは当たり前。飽き性なので好みもすぐに変わり、シーズンが変わればクローゼットの洋服が全て変わっている、なんてこともしょっちゅうでした。

ホテル暮らし初期のころのクローゼット。まだまだ靴の数も多かった……。

ホテル暮らし初期のころのクローゼット。まだまだ靴の数も多かった……。

でもホテル暮らしを始めてからは、限られた荷物しか持てなくなったため、必然的に買い物も慎重に。自分なりに「持てる量の基準」を持つようになり、そこからはみ出した分は手放すようになりました。

そのためこれまでは1,000円の古着を10着買っていたところを、本当に良いと思える1万円のものを1着だけ買う、といったスタイルに切り替えたのです。

もう一つの変化は、「一つひとつのものを大切に使うようになった」こと。

昔の話ですが、安い服を着倒していたころは、染み等の汚れができたら未練なくすぐに捨てていました。けれど今は生地がほつれたら縫ったり、自分で汚れをとる石けんを購入して丁寧に洗うなど、修繕しながら長く使うことを意識しています。

これは一人暮らしの頃にはなかった感覚なので、自分でも驚いています。良い素材でそれなりの値段のものを購入したからこそ、愛着を持って使用することの大切さを感じています。

img_0716

もともと洋服が大好きなので、初めのころはストレスを感じることもありました。

けれど今ではたくさんのモノを所有したいとすら思わなくなりました。他の人と比べてより良いものを、より多く持とうと思ってもキリがありません。自分の器のサイズを知ることが少しずつできるようになってきたことで、人と比べたりすることもなくなり、心も身軽になったような気がするのです。

*

今回の記事はここまで!自分に合う色や素材の服を選んだり小物で遊んだりするだけで、少ない衣類でも十分おしゃれを楽しめるのだということが伝わったでしょうか?

ホテル暮らしをしている方も、していない方も。洋服選びや手放す際に、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

初期費用も家具・家電もいらない「goodroomホテルパス」

月額6.98万円から、全国400以上のホテルやTOMOSのマンスリーマンションに「定額」で自由に住み替えできるサブスクサービス「goodroom ホテルパス」がスタートしました。
初期費用も不要、家具・家電も不要で、思いついた日から気軽に新生活がスタートできます。
新しい暮らし方の選択肢に、ぜひ加えてみてください。

792ff9ad-6100-4b54-b380-cf8bf86a17f7

「身軽な暮らし」の疑問・質問を大募集!

いただいた質問に、 goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

▼新しく追加されたホテル情報など、最新情報をほぼ毎日更新中!

三宅

イワタリサ

イワタリサ

goodroomホテル暮らし社員&サウナ部部長。新しいもの好きなハングリー20代。サウナと古着屋とだし巻き玉子が好き。座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
Instagramでホテル暮らしの日常を更新中!:https://www.instagram.com/iwtr_37/

シェア
秋冬服は25着から10着、靴は計3足に断捨離。ホテル暮らしの衣替え事情と、賢くオシャレを楽しむ方法
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

ホテル暮らしの365日 Vol.03

ホテル暮らしでかかる金額は月々いくら?リアルなお金のこと、価値観の変化とは

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで現在ホテル暮らし中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。第3回目は家賃や食費などの「お金」の実態についてご紹介します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.01

ごく普通の20代会社員の私が、賃貸暮らしをやめて「ホテル暮らし」を始めた理由とは

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで実際にホテル暮らし中のgoodroomスタッフのイワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。初回となる今回は自己紹介とホテル暮らしを始めたきっかけ、得られた気づきについてお話します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.02

賃貸からホテル暮らしへ。引越しで荷物を処分するために使った、7つの方法

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで現在ホテル暮らし中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。第2回目は賃貸からホテル暮らしを始めるときに、荷物を処分するために活用したサービスについてお話します。…

ホテル暮らしの365日 Vol.06

グランドスタッフから、営業へ。20代前半の私が、自分が楽しめる仕事に出合えた理由

現在ホテル暮らしまっただ中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載。第6回目はグランドスタッフをしていた私が、なぜホテル暮らしを運営する企業の中の人になったのか。そんなイワタの仕事観や人生観について。少し詳しくお話できたらと思います。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom