single.php

帰ってきたらまずは一杯。旅の思い出とコーヒーを楽しむ一人暮らしの1LDKインテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.191

シェア
帰ってきたらまずは一杯。旅の思い出とコーヒーを楽しむ一人暮らしの1LDKインテリア

コーヒーロースターやコーヒーショップをめぐる旅で購入されてきた豆を使い、一杯のコーヒーを楽しむ時間を大切にする部屋づくり。必要最小限のもので豊かな時間をつくられている、一人暮らしの1LDKを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @a_ri_____ma

寝室とリビングを分けられる間取り

Aさんが一人暮らしをしていらっしゃるのは、35㎡ほどの1LDK。
社会人になってから2回目の引越しだったというAさん。
「今までは1Kに住んでいたんですが、次は寝室とリビングの空間を分けられる1LDKに住みたいと思っていて、一人暮らしなので広すぎず、狭すぎずのこの部屋を見つけました」

玄関を入って、正面にまずカウンターキッチンのあるリビング。

玄関を入って、正面にまずカウンターキッチンのあるリビング。

そしてそのお隣に、引き戸で仕切られたベッドルームという間取りです。

そしてそのお隣に、引き戸で仕切られたベッドルームという間取りです。

キャンプ家具と、手織りラグ

休みの日にはお友達とよくキャンプに行かれるAさん。
転勤での引越しが多いこともあり、持ち運びができる家具を買おう、と決めていたそう。
デザイン性が良く、家の中でも外でも使えるスノーピークの家具を愛用されています。

ダイニングテーブル兼デスクとして使われているのはスノーピークのワンアクションテーブル。簡単に折り畳んで持ち運べるテーブルです。

ダイニングテーブル兼デスクとして使われているのはスノーピークのワンアクションテーブル。簡単に折り畳んで持ち運べるテーブルです。

折りたたみできるトレイの上に載せられているのは、蚤の市で見つけたりんご収穫用のかごなんだそう。

折りたたみできるトレイの上に載せられているのは、蚤の市で見つけたりんご収穫用のかごなんだそう。

そして、一番気に入っているのがこちらの「ニーチェアX」。「以前は椅子もスノーピークのものを持っていたんですが、知り合いの家でニーチェアXに座ってみたら座り心地が全然違うことに驚きました。座り心地にこだわって角度なども計算されていると教えてもらって納得して。歳をとってもずっと使っていこうと思い、購入しました」

そして、一番気に入っているのがこちらの「ニーチェアX」。「以前は椅子もスノーピークのものを持っていたんですが、知り合いの家でニーチェアXに座ってみたら座り心地が全然違うことに驚きました。座り心地にこだわって角度なども計算されていると教えてもらって納得して。歳をとってもずっと使っていこうと思い、購入しました」

そして、お部屋に敷かれている2枚の手織りのラグは、お母様からもらったものなのだそう。「柄物は置かないようにしていたんですが、母にもらってまず1枚敷いてみたら、結構しっくりきて。もう1枚もらって、気に入って使っています」

そして、お部屋に敷かれている2枚の手織りのラグは、お母様からもらったものなのだそう。「柄物は置かないようにしていたんですが、母にもらってまず1枚敷いてみたら、結構しっくりきて。もう1枚もらって、気に入って使っています」

旅の思い出と、コーヒーを楽しむ

家に帰ってきたら、まずコーヒーを淹れて、窓際のニーチェアXに座ってゆっくり楽しむのが、一日の中で一番ほっとする時間だというAさん。「コーヒーを飲む時間を生活の一部としてすごく大切にしているので、ニーチェアXを選んだのもそうですし、この時間を楽しむことを中心に考えて部屋をつくっています」

家に帰ってきたら、まずコーヒーを淹れて、窓際のニーチェアXに座ってゆっくり楽しむのが、一日の中で一番ほっとする時間だというAさん。「コーヒーを飲む時間を生活の一部としてすごく大切にしているので、ニーチェアXを選んだのもそうですし、この時間を楽しむことを中心に考えて部屋をつくっています」

椅子に座ったとき目に入ってくる場所には、アメリカに旅行した際に撮った写真をまとめた写真集。飾られているポスターやチラシなども、旅先のものが多いそう。写真集の隣に置かれている瓶は、アメリカのコーヒーショップで飲んだコールドブリューの瓶なんだとか。

椅子に座ったとき目に入ってくる場所には、アメリカに旅行した際に撮った写真をまとめた写真集。飾られているポスターやチラシなども、旅先のものが多いそう。写真集の隣に置かれている瓶は、アメリカのコーヒーショップで飲んだコールドブリューの瓶なんだとか。

お友達と旅行に行ったり、キャンプに行ったり、かなりアクティブに動かれているAさん。
「部屋のものはなるべく必要最小限で、働いて、好きなところに行って、したいことが変わったらまたすぐ引越したり、生活スタイルが変えられるようにしています」

コーヒーロースターやコーヒーショップをめぐる旅をされているAさん。コーヒー豆や、お菓子を楽しむ器も、旅先で購入されたものが多いそう。銀の器は、韓国に行った際に現地のD&DEPARTMENT STOREで購入。「コロナ禍になってからは、海外からコーヒー豆を取り寄せたりして、違いを楽しんでいます」

コーヒーロースターやコーヒーショップをめぐる旅をされているAさん。コーヒー豆や、お菓子を楽しむ器も、旅先で購入されたものが多いそう。銀の器は、韓国に行った際に現地のD&DEPARTMENT STOREで購入。「コロナ禍になってからは、海外からコーヒー豆を取り寄せたりして、違いを楽しんでいます」

275001165_1031524521041530_6147999963786693398_n

仕事から帰ってきたときの、一杯のコーヒーを楽しむ時間を中心に、部屋をつくられていたAさん。旅先での思い出を大切にしながら、アクティブにいつでも移動できるように考えられているのも素敵で、憧れてしまうライフスタイルでした。

AさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/a_ri_____ma/

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。
詳しいプロフィールはこちら

シェア
帰ってきたらまずは一杯。旅の思い出とコーヒーを楽しむ一人暮らしの1LDKインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol.60

土間のあるリノベーション団地で緑に囲まれ暮らす。心地よい一人暮らしのインテリア

真ん中に土間が作られた、ラフで素材感の良いリノベーション団地。一目見て、ここで暮らすイメージが湧いてきたという運命のお部屋で、楽しく居心地の良い空間を作っていらっしゃる一人暮らしのインテリアを拝見します。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom