single.php

2022年イワタ的ベストホテル!年間13カ所のホテル暮らしで見つけた、おすすめホテル5選

ホテル暮らしの365日 Vol.15

シェア
2022年イワタ的ベストホテル!年間13カ所のホテル暮らしで見つけた、おすすめホテル5選

約1年前にホテル暮らしをはじめ、2022年は合計13箇所のホテルで生活してきた私、イワタ。今回は、2022年のホテル暮らしを振り返り、特におすすめしたいホテルを5つ紹介します!来年のホテル暮らしに役立てていただけると幸いです。

text:Risa Iwata , Edit:Ryo Oda

みなさんこんにちは。goodroomホテルパスのスタッフ、イワタリサです。

2022年も、いよいよ終わりですね。みなさんはどんな1年を過ごしましたか?

私は約1年前にホテル暮らしをはじめ、2022年は合計13箇所のホテルで生活してきました。基本的には1ヶ月に一度引越しをし、2週間という短い期間でワーケーションすることもありましたが、こんなにも多くのホテルで過ごしてきたことに私自身も驚いています!

今回はその中から、私の独断と偏見でイワタ的ベストホテルを5つ紹介します。

ベストホテルを選ぶにあたって、「機能」「立地」「おしゃれ度」の3つの指標でセレクトしてみました。とはいえ、ホテルにはそれぞれの良さがあって簡単に比べられるものでもないですし、あくまで主観で選んだものなので、その点はご理解ください!

はじめてのホテル暮らしにぴったりな「HOTEL TABARD TOKYO」

01_best2022

2022年のイワタ的ベストホテルの1つ目は、東京の錦糸町にある「HOTEL TABARD TOKYO」。

機能的★★★★
立地★★
おしゃれ★★★★

私がはじめてのホテル暮らしに選んだホテルです。

はじめたての頃は今ほど断捨離ができておらず荷物量が多かったのですが、「HOTEL TABARD TOKYO」のツインルームなら、部屋が広く収納も充実していたため、はじめてのホテル暮らしにぴったりでした。

02_best2022

ベッド下やテーブルの上の棚、ベッド横の大きめの引き出しと、とにかく収納が豊富。水回りも広々としていて、とても使いやすいです。デスクも仕事するには充分な大きさでした。

そして、このホテルでは毎朝、地元のパン屋さんから仕入れたパンとコーヒーを無料でいただくことができるんです。

03_best2022

ちなみに夜のラウンジはバーに変身。私もフロントのクリスマスツリーを背に、大学時代の友達とオンライン飲みを楽しみました。

あとは、錦糸町には私が大好きなサウナがいっぱいあります。ホテルを選ぶうえで、その街だからこそ楽しめるものを見つけておくことも、ホテル暮らしを充実させる大切なポイントだと思います。

言わずも知れたおしゃれなホテル「HAMACHO HOTEL」

04_best2022

「住みたいホテルアワード2022」でグランプリを獲得した「HAMACHO HOTEL」。イワタ的ベスト5にも選ばせていただきました。

機能的★★★
立地★
おしゃれ★★★★★

こちらのホテル、まずはとにかくおしゃれです。緑豊かな空間と、内装のデザイン。滞在するだけで気分が高まります。
私はセミダブルの部屋に宿泊し、広いベッドを独り占めしてぐっすり眠ることができました。テーブルもしっかり仕事ができる環境が整っていましたし、水回りも広くてきれいです。おしゃれさときれいさのレベルが非常に高いホテルですね。

05_best2022

個人的には、大都会のキラキラした感じよりも「HAMACHO HOTEL」の周辺のような下町感が漂う落ち着いた場所が好きです。ご飯屋さんもたくさんあって、滞在している間にたくさん美味しいものを食べた記憶があります。ホテルはもちろん、浅草や清澄白河の近くという、街との相性も良かったのかもしれません。

ホテルから駅までは徒歩10分ほどかかりますが、すぐ近くのバイクシェアを利用できるのが便利でした。

とにかく立地が抜群!「ホテルインターゲート東京 京橋」

06_best2022

イワタ的ベストホテルの3つ目は、「ホテルインターゲート東京 京橋」です。

機能的★★★
立地★★★★★
おしゃれ★

このホテルのすごいところは、ずばり「立地」です。なんと、銀座線の京橋駅と浅草線の宝町駅まで、たったの徒歩1分。銀座線・浅草線ユーザーなら、一度は住んでみてほしいホテルです。朝が弱すぎる私はとても助かりました。

07_best2022

ちゃんとしたテーブルもあるため、仕事をするうえでも問題なし。水回りもきれいでした。かなり大きめな引き出しがついているのも、うれしいポイントです。

デスク下にはこんなに大きな収納もついています!

デスク下にはこんなに大きな収納もついています!

また、朝はコーヒーやスムージー、お昼時には軽いお菓子、夜はお茶漬けバイキングをすべて無料でいただくことができます。

個人的には、フロントを通らずに部屋まで行けるのも小さいながらうれしいポイントでした。出入りするたびに「いってらっしゃいませ」とあいさつしてもらうのはどこか申し訳ない気持ちがありました…。

実際に暮らしてみて、フロントの方との適切な距離感があることは、私にとって意外と大事なポイントなのかもしれないなと気づくことができました。

サウナーは見逃せないホテル「ドーミーイン・global cabin浅草」

09_best2022

4つ目は「ドーミーイン・global cabin浅草」。なぜこのホテルがランクインしたのか、この連載を読んでくれている人はもうわかってくれるかもしれません。

機能的★★★★
立地★★
おしゃれ★

このホテルを選んだ理由は、ズバリなんといってもサウナです。サウナーである私にとって、このホテルをランキングから外すわけにはいきませんでした。

10_best2022

ドライサウナや露天風呂、外気浴や水風呂がすべて揃っています。ここまで施設が整っているサウナがそもそも少ないので、サウナーなら大喜びでしょう。

https://youtu.be/TCADQ6lIGso

それに加え、眺めも最高です。最上階の温泉から隅田川や東京スカイツリーを一望でき、圧巻の景色です。

11_best2022

しかし、このホテルの魅力はサウナだけではありません。21:30〜23:30限定で販売されている「夜鳴きそば」が本当においしいんです。ちょっと夜の帰りが遅くなった日でも食べられるのもうれしいんです。

12_best2022

至ってシンプルな醤油ラーメンですが、好きすぎるあまり通いすぎて食堂の方に顔を覚えられていました(笑)

部屋の方はシンプルなビジネスホテルで、部屋に冷蔵庫やレンジもついています。ちょっとした料理もできそうですね。

コンパクトなのに空間づくりが秀逸!「lyf Tenjin Fukuoka」

13_best2022

最後にご紹介するのは、福岡にある「lyf Tenjin Fukuoka」です。

機能:★★★★★
立地:★★★★★
おしゃれ:★★★

その理由は、なにより部屋の機能性の高さ。12平米というコンパクトな空間を非常に上手にアレンジしていて使い勝手が抜群です。収納も充実しています。

14_best2022

まず感動したのが、ベッド下の収納スペースです。スーツケースを広げたままベッド下にしまっておくことができます。また、コインランドリー用のランドリーバッグも用意されており、「そこまで準備してくれるなんて…」と感動しました。

15_best2022

また、壁にはワイヤーネットがかかっており、そこに小物をおいたりカバンを引っ掛けたりすることができます。ちょっとした小物も煩雑にならずきれいにおいて置けるし、自分の好きなポストカードなどを飾れば、簡単に自分らしい空間を作ることができます。

デスクが面している壁にも物をおくことができ、お皿やコップだけでなく、飲み物をストックするためのボトルまで用意されていました。

デスクが面している壁にも物をおくことができ、お皿やコップだけでなく、飲み物をストックするためのボトルまで用意されていました。

これまでは部屋は広ければ広いほうがいいと思っていたのですが、コンパクトな部屋でも空間のつくり方次第で、ここまで快適になるんだ!と感動しました。

17_best2022

そして、共有ラウンジにもテーブルや椅子がたくさん置いてあり、ミーティングルームまでありました。私が泊まった時も、ラウンジで仕事をしている人が多かったです。共用キッチンでがっつり料理されている方もいて、働きながら暮らすための環境がばっちり揃っているなと感じました。

立地も、福岡の繁華街である天神や薬院に近い場所にあるため、観光にも出張にも便利です。

2023年は、よりその街を深く知るホテル暮らしを

18_best2022

今年は、「住んだことがないところに住みたい」という想いから、たくさんのホテルに泊まることができました。いろんなホテルを体験し、街を知っていくことがとても楽しかったです。

来年も今年と同じようにまだ知らない土地で暮らしていきたいなと思いつつ、ひとつの場所でより長く生活し深くその街の魅力を知って行きたい気持ちもあります。

これまでは1ヶ月に一度は引越しをしていて、たくさんの場所に行ける楽しみもありながら、どこか慌ただしさも感じていました。

なので、しばらくは一箇所に2~3ヶ月ほど住んでみてもいいかな、と考えています。その街が持つ空気をもっとじっくり味わうことが2023年の楽しみです。

今回は、2022年の終わりに総集編として個人的なベストホテルを5つ紹介しました!皆さんの来年の素敵なホテル暮らしの参考にしてもらえるとうれしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!それでは、よいお年をお迎えください。

初期費用も家具・家電もいらない「goodroomホテルパス」

月額6.98万円から、全国800以上のホテルやTOMOSのマンスリーマンションに「定額」で自由に住み替えできるサブスクサービス「goodroom ホテルパス」がスタートしました。
初期費用も不要、家具・家電も不要で、思いついた日から気軽に新生活がスタートできます。
新しい暮らし方の選択肢に、ぜひ加えてみてください。

792ff9ad-6100-4b54-b380-cf8bf86a17f7

▼新しく追加されたホテル情報など、最新情報をほぼ毎日更新中!

frame11

三宅

イワタリサ

イワタリサ

goodroomホテル暮らし社員&サウナ部部長。新しいもの好きなハングリー20代。サウナと古着屋とだし巻き玉子が好き。座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
Instagramでホテル暮らしの日常を更新中!:https://www.instagram.com/iwtr_37/

シェア
2022年イワタ的ベストホテル!年間13カ所のホテル暮らしで見つけた、おすすめホテル5選
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

#goodnews

「住みたいホテルアワード2022」5つの受賞ホテルを紹介します

ホテルの長期滞在プランのサブスクサービス「goodroomホテルパス」では、今回で2回目の「住みたいホテルアワード2022」を開催。今年最も「住みたい」ホテルとして、ユーザー投票やPV数、宿泊実績などをもとに、全国47都道府県の800以上のホテルから5つが選ばれました。これからの時代の、新しい暮らしの選択肢である「ホテル暮らし」や「多拠点生活」をより身近に感じていただくとともに、「ここに住みたい!…

goodroomホテルパスレビュー Vol.20

初めてのホテル暮らしにもおすすめ。なんでも揃う街「さいたま新都心」にある「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」宿泊レビュー

ライブにやってきた人たちやファミリーで活気があふれる「さいたま新都心」。そんな街の中にある「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」の宿泊レポートをお届けします。goodroomホテルパスを利用して長期滞在してみたら、どんな生活になるのか。ホテル内の様子や、周辺環境などを取材しました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.45

仕事をしながら全国一周。「コワーキングスペース」がある、おすすめホテルまとめ

少しずつ自粛ムードが緩まり、街に活気が戻りつつあります。引き続き感染対策には十分留意しつつも、気分や気候に合わせて住まいを変える暮らしを始めるにもいいタイミングではないでしょうか。今回は移動しながら気兼ねなく働ける、コワーキングスペースやカフェが備わった全国のおすすめホテルをまとめました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.34

一人暮らしでも安心。24時間フロント対応「おかえりなさい」のあるホテルまとめ

スタッフさんが24時間入口で対応してくれるホテルでは、仕事や買い物などの行き帰りに、「いってきます」や「おかえりなさい」のある生活が送れます。もちろん、セキュリティの面でも安心です。今回は24時間フロント対応のあるホテルをまとめました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom