page.php

吉祥寺で愛される「信頼できる不動産屋さん」。株式会社リベスト

「住みたい街」として変わらぬ人気を誇る、吉祥寺。
変わり続ける街にあって、今も昔もずっと街の人が信頼しつづけている、素敵な不動産屋さんがあります。

今年で創業48年を迎える、株式会社リベスト。赤い看板とキャラクターの「ペッキーちゃん」が目印。吉祥寺だけで3店舗、他に三鷹、武蔵境、久我山など近隣エリアの不動産を管理・仲介しています。

今年で創業48年を迎える、株式会社リベスト。赤い看板とキャラクターの「ペッキーちゃん」が目印。吉祥寺だけで3店舗、他に三鷹、武蔵境、久我山など近隣エリアの不動産を管理・仲介しています。

店内は綺麗で、落ち着いたイメージ

店内は綺麗で、落ち着いたイメージ

リフォーム、リノベーションにも力を入れています。

リフォーム、リノベーションにも力を入れています。

お話をお聞かせくださったのは、代表取締役社長の荒井伸吉様。

お話をお聞かせくださったのは、代表取締役社長の荒井伸吉様。

「あの会社なら信頼できる」と思ってもらえるように

荒井さんが株式会社リベストを立ち上げられたのは、26歳のとき。そんな若さで起業されたことにまず驚きと尊敬を感じてしまいますが、「会社って、立ち上げるのは割と簡単ですが、長く続けるのが難しいんですよ」とおっしゃいます。

高度成長期の波に乗って成長を続けていったものの、バブル崩壊後、不動産価値が暴落する中で倒産してしまう会社も多くありました。そんな時代の荒波の中でも、48年という長きにわたって会社を続けてこれたのは、地元密着型で「賃貸」に力を入れていたことも大きいといいます。

「賃貸は不動産の基本。地元の大家さんと関係を築いて、ずっと賃貸をやってきました。
地元の町内会や商工会、青年会、それに同業者同士のつながりの宅建協会や管理協会に顔を出して、つながりをつくることを大事にしています。

新しく管理を任せてくださる大家さんの多くは、人からの紹介です。同業の方から、会社をたたむのでうちの大家さんをリベストさんにお任せしたい、という風に言ってもらうこともあります。あそこの会社なら信頼できる、と同業者にも、大家さんにも思ってもらえているのが大きいですね」

荒井さんは武蔵野商工会議所の副会頭を務めていらっしゃいます。その他にも、町内会の役を引き受けたり、一見、仕事に直接結びつかないようなことでも、地域貢献に繋がることには非常に積極的に取り組んでいらっしゃいます。

「一度、新宿や銀座にもお店を出したこともあるのですが、自分の店、という感じがしなかったんですね。やっていることが社会貢献につながるという意味で、地域密着型がいいんじゃないかなぁと思っています」

「リベストギャラリー創」と「東北物産館」

そんな地域密着型の不動産屋さん、リベストを象徴するような施設が、「リベストギャラリー創」と「東北物産館」です。

「リベストギャラリー創」は、吉祥寺在住の漫画家やアーティストからの「吉祥寺に作品を発表できる場所がない」という声を受けてスタートし、27年もの間、続いています。原画やグッズを販売し、「漫画家の聖地」とも言われる場所になりました。

五日市街道沿いのガラス張りのスペースです。

五日市街道沿いのガラス張りのスペースです。

2019/9/19〜9/25まで開催中だった「Kihara Fes」。著名なアーティスト、クリエイターの作品展も多く行われています。

2019/9/19〜9/25まで開催中だった「Kihara Fes」。著名なアーティスト、クリエイターの作品展も多く行われています。

2015年から4回開催された「手塚治虫文化祭-キチムシ-」は、吉祥寺にゆかりのある手塚るみ子さん(手塚治虫先生のお嬢様)が企画され、漫画家やイラストレーター、デザイナー、クリエイターが参加し、手塚作品をモチーフにしたコラボレーション作品を展示、販売することが可能になり、連日、大盛況を博しました。
これも、地域密着型のリベストだからこそのイベントです。

リベストギャラリー創
http://www.libestgallery.jp

また、吉祥寺サンロードにある「東北物産館」は、福島県出身である荒井さんが、震災直後の2011年9月にオープンした場所。観光客が8割も減少するなど未だ風評被害に苦しむ東北地域の支援のため、東北の商品を紹介、販売し、食べて飲んで楽しく東北を応援するイベントなども開催しています。

充実した商品が揃う東北物産館。これが行政によるものではなく、いち企業の熱意から誕生したものであるのが驚きです。

充実した商品が揃う東北物産館。これが行政によるものではなく、いち企業の熱意から誕生したものであるのが驚きです。

dsc02903

東北物産館
http://www.tohoku.or.jp/

「地域密着」「社会貢献」という言葉って、ともすればふわっとした理想になってしまうこともあるけれど、確かでスピーディーな行動力を伴っているのがリベストらしさ。これは地域の人たちが揺るぎない信頼を寄せるのも深く納得できる、と感じます。

お部屋の内容を熟知したスタッフが案内します

続いて、リベスト中道通り店にて、チーフリビングアドバイザーの荒井康友様にお話を伺いました。

続いて、リベスト中道通り店にて、チーフリビングアドバイザーの荒井康友様にお話を伺いました。

「うちの一番の強みは、お部屋を管理するスタッフと仲介営業のスタッフが明確に分かれていないので、お部屋について熟知した上でお客様にご案内できるところです」
と荒井さん。

例えば、あるお部屋を退去される方がいた場合、その入居者さんの明け渡しから、大家さんへのリフォーム提案、リフォームが完成したお部屋の紹介まで、同じスタッフの方がすべて担当されます。

「前の入居者の方に、住んでみてどうだったかの感想も伺っているので、部屋の良い面、悪い面も知った上で、自分が住むならどんなお部屋が嬉しいかと想像を膨らませた上で大家さんにリフォーム提案をします。
ですから当然、リフォームの内容についても熟知していますし、建物にどういう方が住んでいるか、大家さんがどういう方か、もちろんどういうお店が周りにあるとかもご案内できます。初めてその部屋を見て案内するのとはやはり、違うと思いますよ」

何度も引越しを経験している私もやはり、部屋についてよく知っている方が担当についてくださると、本当に心強いと感じます。
その上で、当然、地元の情報にも強いリベスト。

「管理物件がお店の近隣に多いので、ほとんどのスタッフは自転車や徒歩で動きまわっています。ここに新しいお店ができたとか、移動してる合間合間で情報が更新されていきますね。
うちは店舗のご紹介もしているので、新しいお店ができるとき、そのお店がどういうコンセプトでどういうスタッフの方がいるかということもわかったりします。
各商店会にも参加してたりするので、地元のお店とも仲がいいんですよ」

「今度お祭りがあるので、今日は朝からお神輿の準備をしていました(笑)」と荒井さん。
地元の人に愛されていることがとても伝わってくるリベスト。
憧れの街、吉祥寺に住むなら、この会社にお願いしたい。そう強く感じる取材でした。

株式会社リベスト サンロード店
〒180–0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-24
TEL : 0422-21-2522 FAX : 0422-21-7671
営業時間:9:00-19:00
(水曜日:9:00-18:00)
定休日:なし
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベスト 中道通り店
〒180–0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-1
TEL : 0422-20-6411
FAX : 0422-20-6616
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベスト 吉祥寺南口店
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-3
TEL:0422-40-2215  FAX:0422-40-2216
営業時間:9:00-19:00
定休日:水曜日
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベスト 三鷹店
〒180-0013
東京都武蔵野市西久保1-6-21
TEL:0422-54-4435 FAX:0422-54-4418
営業時間:9:00~19:00
(火·水曜日:9:00~18:00)
定休日:なし
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベスト 武蔵境店
〒180-0022
東京都武蔵野市境2-2-25
TEL:0422-53-1234 FAX:0422-53-1235
営業時間:9:00-19:00
定休日:水曜日
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベスト 久我山店
〒168-0082
東京都杉並区久我山4-2-29
TEL:03-3334-6767 FAX:03-3334-6795
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
免許番号:東京都知事免許(13)第23632号

株式会社リベストのお部屋一覧

アプリバナー