page.php

部屋探しに「ワクワク」を。お部屋も接客も最高の質にこだわる三井不動産グループのレジデントファーストだから、できること。

「三井の賃貸」って、聞いたことありますか?
街全体の開発から関わってマンション開発を展開する三井不動産グループの賃貸物件の紹介をメインに、品質やグレードにこだわった賃貸物件の紹介を手がける会社が、今回ご紹介する三井の賃貸 レジデントファーストです。

ブランドステートメントは、「いちばんに、住む人のこと。」物件自体はもちろん、接客面においても、入居される方のことを一番に考えた質の高いサービスを提供しています。

「こころ動く暮らし」をつくる、営業パーソンの仕事

お話を伺ったのは、写真右から代表取締役社長の竹原康浩様、総務部部長の橋本和典様。

お話を伺ったのは、写真右から代表取締役社長の竹原康浩様、総務部部長の橋本和典様。

竹原様|私たちの一番の強みは、母体である三井不動産グループの物件はもちろん、それ以外も、扱っている全ての物件が上質で、高い付加価値のあるものだということです。品質やグレード、安心感や信頼感の全てにおいて価値の高いものを扱っているので、営業パーソンの資質としてもその商品に負けないよう、育成、教育をしっかり行っています。

私が社員にいつも言っているのは、「単なる物件の案内人にはなるな」ということ。そうではなくて、住まいを変えるときに、お客様のありとあらゆるニーズに応えられる営業パーソンになってくれ、と言っています。

橋本様|当社は、都心の青山一丁目に拠点をおき、賃貸物件をメインに扱ってきました。そして、会社と一緒に社員もずっと成長してきました。創業間もないころから都心をメインに不動産仲介をやってきたベテランの営業パーソンがたくさんいて、お客様のあらゆるご要望を叶えてきたという経験があります。

お客様へのアンケートでも、「任せてよかった」という声はいつもたくさんいただきます。「三井の賃貸」ということで、お客様の期待も高いところからスタートしますが、それにしっかり応えられているのかなと。

お客様からなにかまた引越しの要望だったり、不動産に関するご相談をいただく時にはまず第一にご連絡をいただく信頼関係をつくっている、ベテランの営業パーソンが多数いることが、当社の強みではないかなと思います。ベテランの技を見ながら、新しい感性をもたらしてくれている次の世代も育ってきています。

dsc04531

竹原様|住まいを変えるのは、お客様にとってすごくワクワクすること。生活も変わる、人生も変わるという、大きな節目になることです。その中で営業パーソンの仕事は、ただ単純に物件を紹介するっていう仕事ではないと思っています。もっとお客様と一緒になってワクワクする。そこに引越すと、どういう暮らしが実現できるのか、という観点で、物件のある地域の情報も勉強します。

キーワードにしているのは、「こころ動く暮らし」。本当に心が動く体験になるような仕掛けや演出をどれだけ実現させていくか、というのがテーマです。

新生活様式においても、「安全・安心」を最重要視した接客を行う

竹原様|不動産仲介は、ご縁だと思うんです。担当したお客様とのご縁を大切にして、いいご縁になった、という風にしたい。

コロナの時代でも、5月のはじめから、ご案内する際もお互いに感染リスクを極限まで減らした状態にしよう、ということを心がけてきました。マスク、手袋の着用をお客様にもお願いしてますし、ご案内する前と後に消毒と換気を徹底。オンラインでのリモート案内も選択肢としてご用意しています」

こちらが、この夏お部屋をご案内するときにお客様にお渡ししているセット。

こちらが、この夏お部屋をご案内するときにお客様にお渡ししているセット。

もちろん営業パーソンが感染しないことも大切。社内も徹底した対策がされています。

もちろん営業パーソンが感染しないことも大切。社内も徹底した対策がされています。

この日のインタビューも、マスク着用、感染防止パーテーションを設置した状態で行われました。

この日のインタビューも、マスク着用、感染防止パーテーションを設置した状態で行われました。

竹原様|部屋探しは本来ワクワクすることなのに、不安な気持ちでは台無しになってしまう。そうならないようには完璧な対策を打つということしかないです。
お客様にも好評で、「ここまでやってくれるとかえって安心だよね」と、安全安心に部屋探しができたと言っていただけることが多いです。

「賃貸だから」で妥協しない、三井の賃貸

最後に、三井不動産グループならではのオススメ物件をご紹介いただきました。
三井不動産の賃貸物件の開発コンセプトは、「賃貸だから」と妥協しないこと。三井不動産グループが街全体の開発から関わっているプロジェクトでは、敷地や共用部の設備なども大規模。設備や仕様に先進的な取り組みや何かのチャレンジが必ず入っている、といいます。

img_4122

千葉県柏市と大学、そして三井不動産ほかの「公・民・学」の連携によって誕生した新しい街、柏の葉キャンパスの「パークシティ 柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウエスト」(取材記事はこちら)。大規模なコワーキングオフィスが近所にあったり、建物内に天然温泉や、保育園や学童保育があったりと、先進的な取り組みが行われています。

img3_04
充実したラウンジスペースやサロン、フィットネスルームまで備える「パークアクシス豊洲キャナル」(物件一覧はこちら

img03
2020年に完成の「ドゥーエ早稲田」は、都心の立地でありながら。設備も良く、広々とした2LDK、3LDKのファミリータイプのお部屋を提供します。(画像は完成予想CG)

竹原様|コロナの中でも、三井不動産レジデントファーストに来ていただけると「こころ動く体験」ができるということを、もっともっとパワーアップさせていきたいですね。単純な仲介会社というよりも、お客様のライフステージに合わせて、いろいろな形でサポートしていく企業でありたいです。

(2019年冬に撮影)

(2019年冬に撮影)

アプリバナー