ストーリー

こだわりの強い、文学好きの青年が一人でゆったりと慎ましく住んでいそう。
僕の統計によると文学少年は100%の確率で散歩が好きです。今回のお部屋は二子玉川駅から川沿いを歩いて向かう古民家です。

〈どんな街?〉
二子玉川の名前の由来知ってますか?
昔、二子村と玉川村があってそれが合わさって二子玉川になったそう。意外と単純でした。
大きな商業施設もあり買い物や外食には困らない暮らしやすい街です。
近くには多摩川があって二子玉川花火大会が夏の風物詩となっているんです!
散歩がてらに花火が観れるって素敵ですね。

〈どんな部屋?〉
二子玉川駅から徒歩17分。少し遠いかもしれません。
バスが出ているので利用した方がいいかも。
あ、自転車で川沿いを走りながら帰るのも気持ちよさそう!

さて、気になる物件に到着。
かなり古そうな外観。なんだか田舎のおばあちゃんの家に来た気分。
和室も床の間があったりととても雰囲気があってよいのですが、僕が気に入ったのは大きな本棚のある洋室!
小説家を目指す人とか、なんかの研究者とか、そんな人がぴしーっと本を並べてる感じが目に浮かびます。
他には隣の和室は青かった!その美しい色使いに目を奪われてしまいました。扉という扉が全部「青」。
外観からは想像できないお部屋にちょっとびっくりです。

◯ 気になる水回り
キッチンはかなり広さがあります。お料理しやすそうですがちょっと渋い。まぁそれも味ですかね。
お風呂・洗面台・トイレそれぞれ別々なのは嬉しいですね。
お風呂が最高に渋い。かなり味があって個人的には好きです。

庭も少しありました。ここで洗濯物は干せますね!


〈気になるところ〉
・雨戸の建てつけが悪い。
雨戸っていうのは開閉に個性があるものです。その雨戸のコツを掴みさえすれば割と開閉できるようになります。めんどくさかったら使わずに開けっ放しっていうのもありかも。人間関係みたいですね。
・駅から距離があります。
日中は10分以内の間隔でバスがでてるので、そちらもご活用ください。
・やっぱり古さはあります。
ここに愛着を感じることができる方に向いています。古いのはちょっとなーって方にはお勧めできません。
・お風呂がバランス釜
慣れるまで時間がかかります。沸くまでも多少時間がかかります。

〈最後に〉
人気の街、にこたま。少々駅から遠いですがやっぱり暮らしやすい環境には変わりないです。
そしてにこたまで2部屋あってこの家賃は格安!!
一人暮らし、または二人暮らしをお考えの方、一目の価値アリですよ!


(しぶつづ)



物件概要

家賃

-

管理費

-

号室/階

1号室

間取

2SK

広さ

48㎡

敷金/礼金

- / -

保証金

-

アクセス

東京都世田谷区 鎌田3-8-14

設備

  • オートロック
  • モニター
  • 独立洗面台
  • 洗浄便座
  • 追い焚き
  • バストイレ別
  • 室内洗濯機
  • エアコン
  • コンロ2口以上
  • ペット可

そのほか設備

プロパンガス/室内洗濯機置き場/ガスコンロ/バストイレ別/独立洗面/ウォシュレット/最上階/角部屋/駐輪場

備考

築年月:1976年1月/木造/2階建て/定期借家契約/・火災保険要加入 ・定期借家(3年間)※再契約型 ・自転車は庭に入れてください/保証金あり/取引態様:仲介/情報更新日:2020-02-23/次回更新日:2020-03-14
※令和元年10月1日からの消費税率改定に伴い表記の修正対応を順次行っておりますが、税込表示が改定以前の8%で計算されている場合がございます。 予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

不動産会社情報

取扱不動産会社