single.php
TOMOS people Vol.34

DIY家具がキッチンを主役にする。ふたり暮らしの広々LDK

シェア
DIY家具がキッチンを主役にする。ふたり暮らしの広々LDK

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。
今回訪ねたのは、会話の弾む大きなキッチンを中心したリビング・ダイニングが気持ち良い、鈴木さん・尾山さんカップルのお部屋。とてもすっきりとして見えるお部屋の秘密を伺ってきました。(編集部)

text & photo : Ken Ohyama

旅慣れた人は荷物が少ない

鈴木さんと尾山さんのカップルはとても仲良しでフレンドリー。
「そろそろプロポーズしてほしいんですけどね」と笑いながら言う鈴木さん。
思わずぼくは、そういうのタイミングですもんね! と、尾山さんをフォローしてしまった。ぼくも妻からかつてそういうプレッシャーを受けた覚えがあり、他人ごとと思えなかったので、つい。

左が尾山さん、右が鈴木さん。とても仲の良いおふたり。

左が尾山さん、右が鈴木さん。とても仲の良いおふたり。

おしゃべりが弾み長居してしまったのは、おふたりの人柄もさることながら、部屋の居心地が良かったせいもあると思う。とても開放的で、気持ちがいい。
「なるべくモノを置きたくなくて、ここへ引っ越してくるときにめちゃめちゃ処分しました」と鈴木さん。新たに買ったのはソファとベッドだけだという。
きけばおふたりは旅行会社にお勤めとのこと。そういえば旅慣れた人は荷物が少ない。

光が差し込む明るいリビング

光が差し込む明るいリビング

窓際に置かれたデスクも自作。イームズのシェルチェアとの組み合わせがすてきだ。ちょっとした作業やメイクをする場所になっている。

窓際に置かれたデスクは自作。イームズのシェルチェアとの組み合わせがすてきだ。ちょっとした作業やメイクをする場所になっている。

ベッドルームもすっきり。ちょうど柱のかげになる場所にぴったり収まるように本棚を配置している。

ベッドルームもすっきり。ちょうど柱のかげになる場所にぴったり収まるように本棚を配置している。

壁には鈴木さんのお気に入り、クリムトの絵がかけられている。アクセントクロスの色が選べる部屋だったので、この絵に合わせて選んだ。そういう選びかたって素敵だ。

壁には鈴木さんのお気に入り、クリムトの絵がかけられている。アクセントクロスの色が選べる部屋だったので、この絵に合わせて選んだ。

ソファからすっきりと壁が見えるように

「仕事で飛行機に乗っているあいだ、ここの間取り図を見ながら配置を考えてました」という尾山さん。
熟考の末、家具の多くがDIYになったという。窓際のデスク、キッチンの棚、いずれも自作だけあってスペースにぴったりだ。
特に台所の棚がすばらしい。ゴミ箱からはじまり、収納カゴや食器など、置かれるモノに合わせて作ってあるので全く無駄がない。みんな気軽に家具を自作するべきだ。部屋がすっきりする。

背の低いキッチンの棚は自作。手持ちのモノに合わせて作られているので、無駄がない。

背の低いキッチンの棚は自作。

手持ちのモノに合わせて作られているので、無駄がない。

手持ちのモノに合わせて作られているので、無駄がない。

カップとワイングラスを下げるアイディアもいい。

カップとワイングラスを下げるアイディアもいい。

キッチンのこの棚のすばらしさは、なんといってもその高さにある。「ソファに座ってキッチンを見たときに棚が隠れる高さで設計しました」とのこと。なるほど。視界に入るのは白い壁で、すっきりとして見える。

ソファに座ると、キッチンの後ろにある棚は見えない。すっきりとあえて何も飾らない白い壁が見え、部屋がすっきりと広く感じる。

ソファに座ると、キッチンの後ろにある棚は見えない。すっきりとあえて何も飾らない白い壁が見え、部屋がすっきりと広く感じる。

料理好きの尾山さんがこのお家を選んだ決め手の一つがキッチンだったという。たしかにこの広さと間取りでこのキッチンカウンターの大きさと位置はなかなかユニークだ。一方で、キッチンがオープンになると、調理器具や食器棚が存在感を持ってしまうという問題がある。それを背が低くて見えない棚を自作することで解決したというわけだ。すばらしい。 

部屋選びもタイミング

旅行が縁で知り合ったおふたり。恒例の「集めているものを並べてもらう」は、旅行ガイドブックになりました。

旅行が縁で知り合ったおふたり。恒例の「集めているものを並べてもらう」は、旅行ガイドブックになりました。

ここがふたりで暮らすはじめての部屋だという鈴木さんと尾山さん。
それまで一緒に住んでいた姉妹が家を出ることになり、部屋を探さなくてはならなくなった鈴木さん。
ちょうどその時尾山さんもひとり暮らしをしていた部屋が契約更新の時期。
これを期にふたりで暮らそう、という時に見つけたのがこの部屋。条件にぴったりで即決だったという。
かくのごとく、何ごともタイミングだよな、と思ったしだいだ。がんばれ、尾山さん。

恒例の「寝っ転がってポートレート」。ずっと笑顔の絶えないおふたりでした。ありがとうございました!

恒例の「寝っ転がってポートレート」。ずっと笑顔の絶えないおふたりでした。ありがとうございました!

※テキストは取材時のものです。昨年秋にご入籍されたとのこと。おめでとうございます!!

(最後にもう一度編集部から)
グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌で、毎月10~20部屋登場します。社員も気に入って住んでいる者が多い、無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。

東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ
福岡のTOMOSのお部屋一覧へ
札幌のTOMOSのお部屋一覧へ

大山 顕

写真と文:大山 顕

“ヤバ景” フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。住宅都市整理公団総裁。出版、テレビ出演、イベント主催などを行う。「”ヤバ景”って何?」「”総裁”っておおげさじゃない?」など各種ご興味がわいた方は OHYAMA Ken.com にいってみてください。
Twitter (@sohsai)Facebook

シェア
DIY家具がキッチンを主役にする。ふたり暮らしの広々LDK
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

TOMOS people Vol.25

「お揃い」が似合うカップルの、こだわりインテリアの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、初めてのふたり暮らしを始められた仲良しカップルの部屋を訪問。好きな作家さんの作品がこだわって買った家具が並ぶ、楽しく素敵なインテリアが魅力的でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.21

好きなものに囲まれた明るいLDK。楽しいふたり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、引越ししたばっかりの佐藤さんご夫妻の新居に訪問。じつはおふたりとも、とある有名作品の大ファンなのですが、このトップ写真からわかるでしょうか!? 明るいLDKにたくさん飾られたファングッズの数々、探してみてください。…

TOMOS people Vol.27

飾るもののひとつひとつが、居心地の良さをつくっていく。木のぬくもりに包まれたふたり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、インテリア関係のお仕事をしていらっしゃる林さんご夫妻のお部屋を訪問。キッチン、そしてリビングの大きな棚には、おふたりのお気に入りがたくさん。整っていて、暮らしやすい、とても快適そうな暖かいお部屋でした。 (編集部)…

#賃貸でもカスタマイズ

賃貸の一軒家をナチュラル&ジャンクテイストにDIY。 tarako_ten さんの部屋

賃貸でも、自分らしいインテリアを実現したい! DIYの達人のお部屋には、壁や床、天井など、原状回復に備えてなるべく傷つけずにカスタマイズするヒントがいっぱい。 今回は、賃貸の一軒家をナチュラル&ジャンクテイストにかっこよく改装して暮らす、 tarako_ten さんご夫婦のお宅を訪問しました。 …

TOMOS people Vol.13

カラフルでハッピーなふたりの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、20代の仲良しご夫婦、ティールさんのお部屋をご訪問。とってもカラフルで元気の出るインテリアですが、色のテイストがまとまっていて居心地は抜群。ついつい大山さんと二人で長居してしまいました。 (編集部)…

アプリバナー