single.php

ヴィンテージマンションの1室でつくる「男のナチュラルインテリア」

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.69

シェア
ヴィンテージマンションの1室でつくる「男のナチュラルインテリア」

築60年のヴィンテージマンション、メゾネットの1LDK。アースカラーとレトロ感のあるアイテムを選び、落ち着くナチュラルな雰囲気に整った、男性一人暮らしのお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @yudiy06

アースカラーと「余白」でつくるLDK

メゾネットの1LDKにお住まいのyudaiさん。
Instagram で拝見したお部屋のお写真、床や壁、天井まで木が貼られた珍しい内装が気になっていたのですが、お聞きしてみたら、1960年代に建てられたヴィンテージマンションの一室なのだそう。

「白い部分がなくて、全部、木でできているところに惹かれました。築60年ということでお風呂やトイレが古いのは少し気になりますが、新しい賃貸ではこんな物件はなかなか見つけられないと思います」

メゾネットの下階にあるLDKは約15畳。壁の一面が作りつけの収納になっています。

メゾネットの下階にあるLDKは約15畳。壁の一面が作りつけの収納になっています。

「ショップのような雰囲気にしたい」と、色の統一感にはかなりこだわっているyudaiさん。かけてある洋服や、棚に飾るものも、季節ごとに変えています。

「ショップのような雰囲気にしたい」と、色の統一感にはかなりこだわっているyudaiさん。かけてある洋服や、棚に飾るものも、季節ごとに変えています。

外の景色が見えるようにと、窓際に置かれたソファとオットマン。この場所で朝ごはんを食べることが多いそう。

外の景色が見えるようにと、窓際に置かれたソファとオットマン。この場所で朝ごはんを食べることが多いそう。

ソファにオットマンを合わせるのっって、憧れますね。かなり居心地が良さそうです。

ソファにオットマンを合わせるのっって、憧れますね。かなり居心地が良さそうです。

ソファ、オットマン、サイドテーブルは「TRUCK FURNITURE」、木の古いスツールは、昔、お祖父様が使っていたものを受け継いだそう。

ソファ、オットマン、サイドテーブルは「TRUCK FURNITURE」、木の古いスツールは、昔、お祖父様が使っていたものを受け継いだそう。

こだわっていることは、色の統一感と「余白」をつくること。

「茶色や緑などのアースカラーでまとめる。明るい色や、派手なもの、素材もプラスチックのものは目に見える場所には絶対に置かない。もしあっても、収納の中に入れてしまって目隠しします。目に見える棚は、物でいっぱいにせず間引くこともポイントです」

「余白」を大事にしながら飾られた窓辺。

「余白」を大事にしながら飾られた窓辺。

最近は自宅勤務だったため、ダイニングテーブルを窓辺に持ってきて、ワークスペースも作られていました。

最近は自宅勤務だったため、ダイニングテーブルを窓辺に持ってきて、ワークスペースも作られていました。

「椅子はTRUCK FURNITURE。ダイニングテーブルはIKEAのものです。テーブルはサイズ感が大切なので、暮らす部屋によって大きさを変えたい。なので、次の引越しの時には別の使い方ができるサイズのものを選んでいます。椅子は座り心地も大事ですし、長く使えるように、良いものを買うようにしています」

キッチンも、ヴィンテージマンションらしく、年季の入った雰囲気ですが、それもまた味としてうまく使いこなしていらっしゃいます。

キッチンも、ヴィンテージマンションらしく、年季の入った雰囲気ですが、それもまた味としてうまく使いこなしていらっしゃいます。

ダイニングテーブルとして使われているときのお写真はこちら。

ダイニングテーブルとして使われているときのお写真はこちら。

器が好きで、「青い器」を集めていらっしゃるyudaiさん。知り合いの信楽の窯元に足を運んだり、東京では恵比寿の「The Harvest Kitchen General Store」によく行かれるそう。

器が好きで、「青い器」を集めていらっしゃるyudaiさん。知り合いの信楽の窯元に足を運んだり、東京では恵比寿の「The Harvest Kitchen General Store」によく行かれるそう。

レトロ感を意識した「男のナチュラルインテリア」

こちらは、メゾネット上階に位置する寝室。ここにも壁一面の棚があって、素敵に使われています。

こちらは、メゾネット上階に位置する寝室。ここにも壁一面の棚があって、素敵に使われています。

「余白」を意識して並べられた、素敵な雑貨。

「余白」を意識して並べられた、素敵な雑貨。

以前、インテリアの取材を受けたときに「男のナチュラルインテリア」とキャッチコピーをつけてもらったのがしっくりきているというyudaiさん。確かに、いわゆるメンズ部屋の雰囲気よりも、よりナチュラルで、優しい印象があります。

例えば、アラログのアイテムなど。実家にあったような、懐かしさを感じさせるものをインテリアに選ばれているんだそう。

例えば、アラログのアイテムなど。実家にあったような、懐かしさを感じさせるものをインテリアに選ばれているんだそう。

こちらのアラログのスタンドライトは、momo natural で購入。

こちらのアラログのスタンドライトは、momo natural で購入。

年季の入った「木」の壁、天井、床の雰囲気がとても良いヴィンテージマンションの一室。その雰囲気を活かす、「男のナチュラルインテリア」。ひとつひとつのアイテムが厳選され、大人の余裕を感じさせる、素敵なお部屋でした。

90212627_162877774813785_6490654002126508256_n

yudaiさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/yudiy06/

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

東京・神奈川・埼玉・千葉 一人暮らし8万円以下の賃貸を探す
大阪・京都・神戸 一人暮らし7万円以下の賃貸を探す
名古屋 一人暮らし6万円以下の賃貸を探す
福岡 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す
札幌 一人暮らし5万円以下の賃貸を探す

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
ヴィンテージマンションの1室でつくる「男のナチュラルインテリア」
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.43

ナチュラルで洗練されたBOHOスタイルの1Kインテリア

ナチュラルでシンプルなインテリアから一歩進んで、大人っぽいお部屋をつくりたいと思っている人におすすめなのは、ボヘミアンやモロッカンなど少し民族的なテイストを取り入れたミックススタイル。ボヘミアンとSOHOスタイルのミックスで、洗練された印象をつくっている1Kのお部屋を訪ねました。…

私らしく暮らす賃貸インテリア Vol. 51

むき出しの表面をつかって魅せる。「コンクリート打ちっ放し」を活かす、ワンルームインテリア

デザイナーズや、リノベーションに多い「コンクリート打ちっ放し」のお部屋。憧れるけど、どんなインテリアを合わせればいい?使いづらくない?そんな不安もありますね。 コンクリートの質感と、ヴィンテージや木の素材の家具をうまく組み合わせ、自分らしく工夫して空間を作り上げている、ワンルームの実例を紹介します。…

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.44

「1日の終わりに部屋をリセットする」習慣をもつ。ブルーとグレーの整ったワンルームインテリア

せっかくお気に入りの部屋に暮らしても、忙しいとどんどん散らかってしまう……そんなことってありますよね。部屋の状態をキープする、ちょっとしたコツを、ブルーとグレーの大人っぽいインテリアが素敵なお部屋で、お聞きしてきました。…

アプリバナー