single.php

たくさんの色がバランス良くまとまった広々リビング。二人暮らしの2LDKインテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.286

シェア
たくさんの色がバランス良くまとまった広々リビング。二人暮らしの2LDKインテリア

二人暮らしの広々リビング。殺風景にならないように、高さを活かした植物の配置や、小物でさまざまな色を取り入れる工夫によって、居心地のよい空間をつくっていらっしゃる、二人暮らしの2LDKを拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @hiroshige_eto

あえてたくさんの色を取り入れたリビング

えとうさんが二人暮らしをしていらっしゃるのは、サンフランシスコの2LDK。

天井が高く、壁もブラインドも白で、余白が多かったというお部屋。ナチュラルに統一するのではなく、たくさんの色をつかうようにされているというえとうさん。
「たくさん色をつかうことで、例えばキャラクターもののぬいぐるみがぽつんとあっても違和感なく部屋に馴染んでくれると思っています。緑や黄色、赤など、さまざまな色をポイントで使っているので、新しくものを買って置いても、違和感なく部屋に溶け込んでくれます」
HAY のポータブルライトは、お手頃価格なのにデザインもよく、ポータブルで使い勝手もよいアイテム。お部屋にちょっとしたアクセントを加えたいときに重宝しそう。
印象的なブルーの一人がけチェアは、BO CONCEPT で購入したという Osaka チェア。「選んでよかった」という絶妙なサイズ感と色がお気に入りで、日本から運んだものなのだそう。
ベッドルームも、シンプルにまとめられつつもベッドリネンの鮮やかなグリーンが印象的な空間になっていました。

たくさんの植物と暮らす

窓の前に置かれている無印良品のユニットシェルフは、植物たちの特等席。
植物をあえて高い位置に置き、縦の空間を活用することも意識されているそうで、DRAW A LINE が活用されていました。
その隣の、黒い円盤のようなものはBang & Olufsenのスピーカー。インパクト大なアイテムですが、もちろん音も良いのだそう。
植物の棚の横につくられたワークスペースは、いちばんのお気に入りのスペース。
白いライトは IKEA のもので、位置の調整もしやすく、コードをあえて見せるデザインがお気に入り。

部屋にいる時間が長い分、自分のお気に入りの居心地のいい空間でありたいと思っている、とお話してくださった、えとうさん。たくさんの植物、そしてカラフルでデザインも良いお気に入りのアイテムに囲まれた、とても素敵なリビングでした。

えとうさんの Instagram アカウントはこちら
https://www.instagram.com/hiroshige_eto/

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

gallery_5

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

田村美葉

田村美葉

goodroom journal編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroom journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。詳しいプロフィールはこちら

シェア
たくさんの色がバランス良くまとまった広々リビング。二人暮らしの2LDKインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom