single.php

シンプリストの「ベッドルームの必需品」。睡眠の質を高める灯りと香り、そして音楽

シンプリストの暮らし方 Vol.94

シェア
シンプリストの「ベッドルームの必需品」。睡眠の質を高める灯りと香り、そして音楽

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、センスある持ち物をお聞きします。今回は、goodroom スタッフ TAKAYA さんのベッドルームの必需品。視覚や嗅覚、聴覚など五感を整えて睡眠の質を高める、ポータブルライトやポプリ、そして音楽を教えていただきました。

text&photo : TAKAYA

パンテラ ポータブル

定価 ¥49,500

ルイス・ポールセンの光の演出、光の漏れ方が好きで、リビングにもPH5という代表的モデルのペンダントライトを付けているのですが、ベッドサイドやダイニングをちょっと照らすような幅広いシーンで利用できる照明を探していて購入しました。

パンテラというモデルもまた、ルイス・ポールセンの中では根強い人気のシリーズで、サイズや素材、カラーなど様々な展開があります。パンテラの独特なアクリル製のシェードから漏れる拡散光はとても繊細でかつ温かくて、その空間に心地よいムードが生まれて気に入っています。

この商品の最大の特徴はポータブルというところです。利用場所がリビングやダイニング、ベッドルームなど幅広いだけでなく、3段階の調光機能があることから、利用場所におけるシーンも幅広いことが豊かな暮らしを生んでくれます。

ベッドルームでは、一番弱い明るさでスロウな音楽を流しながら寝る前に気持ちを整えたり、一番明るくして寝る前の読書や動画を楽しんだり、毎日のように利用しています。

パンテラ ポータブル

サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリとアイアンの古箱

¥4,840(ポプリ) ¥1,800(古箱)で購入

自分が好きでよく行くお洋服のお店や雑貨屋などでサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリを置いていることが多くて、最初はそのお店で店員さんに聞いて知りました。そこからすぐに自宅でも取り入れたいと思い購入したのがきっかけです。かれこれ4〜5年近くは使い続けています。ポプリだけでなくオーデコロンも利用していた期間がありました。

ポプリの香りは草花や植物の実、樹脂などを素材としていて、最初は少し甘さも感じるのですがその後に上品なスパイシーな香りがして好きです。個人的にウッディやスパイシーな香りが好きなので気に入っています。就寝時には落ち着きますし、お出かけ前とかには澄まされた気持ちになります。

アイアンの古箱はマダガスカルのもので、ポプリを入れる箱として蚤の市で購入しました。蓋付きで、就寝時に開けるようにしていて、ふっと香ってくるポプリの香りがとても落ち着きます。常にさらして置いておくより香りも長くもっている気がします。

ベッドサイドなどピンポイントで使いたいときは箱に入れて、使用するときだけ開けるのはおすすめです。

Yuri Suzuki / Scott’s Dream: Music from a reimagined Digital Electronium

アンビエントミュージックで、Yuri Suzukiさんのアルバムです。人によって捉え方が異なるかと思いますが、個人的には浮遊感のあるサウンドで就寝時にぴったりでした。目を閉じながら聴いていると、曲の表現する世界観に浸っていくような不思議な感覚になります。

寝付きも良くなり、睡眠の質が向上して暮らしの質も上がったと思います。全く同じ曲でも聴くシーンによって捉え方が少し変わったりするのも何度聴いても飽きなくて面白いです。

TAKAYAさんのお部屋はこちら

ヴィンテージ家具と、遊び心のあるアイテムで楽しむ。二人暮らしの1LDKインテリア

TAKAYA

主に goodcoffee 学芸大学でコーヒーを淹れています。お洋服や雑貨、インテリアなど暮らしに関わる道具に幅広く興味があり、休日にはウィンドウショッピングやギャラリーによく行きます。趣味はカメラで仕事でもたまに広告写真の撮影を行います。

Instagram:https://www.instagram.com/le_miu814/

初期費用ナシ・すぐにおしゃれな部屋で暮らせる「goodroom サブスくらし」

「goodroom サブスくらし」は、月額69,800円から、家具・家電つきのマンスリーマンション、そしてホテルに自由に住み替えが可能なサービスです。

家具や家電、WiFiなど、必要なものが揃っているので、引越しで用意するのは、スーツケースひとつだけ。敷金・礼金などの初期費用もありません。

さらに、goodroom が運営するマンスリーマンションにプラスして、全国47都道府県800施設以上のホテルが利用可能。

毎月自由に住む部屋を変えられて、リーズナブルに好きな街に住む。そんな賃貸より身軽な暮らし方を実践してみませんか?

シェア
シンプリストの「ベッドルームの必需品」。睡眠の質を高める灯りと香り、そして音楽
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

シンプリストの暮らし方 Vol.100

シンプリストが愛用する照明8選。落ち着く空間を作るための選び方と、設置のこだわり

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、部屋をすっきりと整えるコツと工夫を教えてもらいます。今回は、goodroom オリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」に暮らすスタッフの岡山さんに、おすすめの照明と、設置のこだわりについて聞きました。…

シンプリストの暮らし方 Vol.98

シンプリストの「冬を乗り越えるためのマストアイテム」9選。身体をあたため、ゆったり落ち着いて過ごせる部屋に

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、「冬のマストアイテム」をお聞きしました。夜もあたたかくぽかぽかと過ごすための寝具や、おすすめの暖房器具など。機能性も見た目もよい9アイテムをまとめます。…

シンプリストの暮らし方 Vol.91

シンプリストの「ベッドルームの必需品」。火も水も使わないアロマディフューザー、照明の工夫など

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、センスある持ち物をお聞きします。今回は、8.4畳の1Kでシンプルに暮らす Woody さんの「ベッドルームの必需品」。火も水も使わず枕元で使っても安心のアロマディフューザー、睡眠の質を高めるための照明の工夫などを教えてもらいました。…

シンプリストの暮らし方 Vol.97

シンプリストの「冬の必需品」。無印良品の薄手毛布、着心地のよいポリエステルフリースのトップスなど

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、センスある持ち物をお聞きします。今回は、goodroom スタッフ TAKAYA さんの冬の必需品。無印良品の薄手で幅広いシーズンで利用できる毛布、着心地の良いポリエステルフリースのトップスなどを教えてもらいました。 …

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom