single.php
TOMOS people Vol.29

大きなテーブルと白いキッチン。週末はケーキ作りを楽しむ初めてのひとり暮らしの部屋

シェア
大きなテーブルと白いキッチン。週末はケーキ作りを楽しむ初めてのひとり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。
今回は、ひとり暮らしを始めたばかりの女性のお部屋を訪問。しっかり吟味して選ばれた家具とお気に入りのキッチンで、週末はケーキ作りを楽しむ素敵な生活がスタートしていました。(編集部)

text & photo : Ken Ohyama

お気に入りの大きなテーブル

ぼくの実家には大きなテーブルがあって、子供の頃からそこで食事をしたり宿題をしたりしていた。いまでもそのままある。大人になってから気がついたが、広くないマンションのリビングには不釣り合いな大きさだ。おかげで、ぼくはいまでも大きなデスクやテーブルがないと落ち着かない。

おそらく人は「大きな机あるいはテーブルが必要なタイプ」とそうでないタイプとに大きく分けられるのではないか。本連載で訪問した部屋はどれもすてきだが、なかでもぼくが親しみを感じるのは、大きめのデスクやテーブルがある家々だ。だから、今回の大谷さんの部屋にも親近感を感じた。

すごくすてきだった大谷さんと大谷さんの部屋。そしてスカートがすごくかわいい。

すごくすてきだった大谷さんと大谷さんの部屋。そしてスカートがすごくかわいい。

ワンルームで2面採光。明るくてすごく素敵な部屋。「陽当たりがいいのが気に入ってます」という大谷さん。しかしぼくは玄関をくぐるなり「このテーブルいいですねー!」と声を上げ、その後も何回か同じセリフを繰り返していた。どれだけテーブル好きなのだろう、ぼくは。

大谷さんご自身も「このテーブルが、この部屋で一番のお気に入り」という。

大谷さんご自身も「このテーブルが、この部屋で一番のお気に入り」という。

それにしても、いわば「ザ・東京ひとり暮らしワンルーム」とでも言うべき部屋に、この大きさのテーブルを置くのはかなり工夫がいるはずだ。へたをするとベッドとこのテーブルだけで部屋がいっぱいになりかねない。その点、大谷さんは、実に上手なレイアウトで大きめのテーブルがあるワンルームを実現している。

部屋とキッチンとの間にテーブルを置くという英断!

部屋とキッチンとの間にテーブルを置くという英断!

テーブルが置かれているこの場所は、ふつうキッチンと部屋の「通り道」として認識されると思う。ここに家具を置くのには勇気がいる。しかし、広くない部屋だからこそこういう場所を上手く使うことが重要なのだ。そう気づかされた。大谷さんすごい。

置き場所だけでなく、テーブルのデザイン選びもすばらしい。シンプルな薄めの天板に、細い脚。でもチープではない。すごくいい感じ。これがちょっとでも存在感のあるものだったら、とたんに邪魔に思えてしまうだろう。

玄関から見ても窓からの光を遮らない細いシルエット。

玄関から見ても窓からの光を遮らない細いシルエット。

ベッドも棚も、椅子もほかの家具が白で統一されている中、このテーブルだけが木+黒のアイアン。アクセントになっているのに全く邪魔な感じはない。きけば「minneで作ってもらったものなんです」という。つまりしっかりコントロールされたデザインなのだ。ほんとうにすごいな! と思った。

さらに「なるほど!」と感心したのは、これがテーブル兼デスクである点。前出の写真にもあるように、本を読んだりとデスクとして使いつつ、食事もここでとるそうだ。つまり、部屋とキッチンとの間に置かれているのは、使われ方として当然の場所でもある。さらに驚いたのは、ここでちょっとした調理もするのだという。

決め手になった、白いキッチン

この部屋に住もうと決めたのも、キッチンが気に入ったからだという。「もちろん無垢床の感じとか雰囲気がよかったのもあるんですが、キッチンがいいな、と思って」。確かにこの白い木のキッチンいいですよね。ぼくもこれいいなー、と毎回思ってる。

大谷さんも気に入った白い木のキッチン。まな板立てにレシピ本置くの賢い!

大谷さんも気に入った白い木のキッチン。まな板立てにレシピ本置くの賢い!

料理が好きだという大谷さん。「平日は仕事があってなかなかできないので、土日に豪勢に料理作ります」。とはいえ、コンロも2口でまな板を置けるスペースも限られている。東京のひとり暮らしワンルームで、本気の充実キッチンを求めるのはなかなか難しい。そこで大谷さんが工夫しているのが、脇に置かれたワゴンとくだんのテーブルだ。「ここで食材切ったり混ぜ合わせしたりしてます」。

コンロのそばに置かれたワゴン。個人的には食器水切りがカゴじゃなくてシートっていうのいいな! と思った

コンロのそばに置かれたワゴン。個人的には食器水切りがカゴじゃなくてシートっていうのいいな! と思った

そうか、べつに調理を全部キッチンでやらなくてもいいんだよな、と気づかされた。広くないワンルームだからこそ、キッチンとテーブルの距離も近くて合理的なんだな。

そういえば、子供の頃よく餃子の皮包むとかコロッケの具材混ぜ合わせるとかを、母親と一緒にテーブルでやったっけ、と思い出した。

「リフレッシュのために毎週ケーキを焼きます」すごい! すてき!

「リフレッシュのために毎週ケーキを焼きます」すごい! すてき!

「キャロットケーキが得意です」ごちそうになっちゃいました。

お客さんが来た時には、積み重ねできるスツールを並べてこのテーブルを囲む。 「キャロットケーキが得意です」ごちそうになっちゃいました。

すごくおいしかった。また食べたい。

すごくおいしかった。また食べたい。

本棚にも料理の本がたくさん。

本棚にも料理の本がたくさん。

棚はIKEAで購入したもの。シンプルなデザインがいい。下段には洋服をきちんと畳んでしまっている。実はクローズドな収納がない部屋なのだが、工夫してすっきりみせている。

シンプルなデザインの棚はIKEAで購入したもの。下段には洋服をきちんと畳んでしまっている。実はクローズドな収納がない部屋なのだが、工夫してすっきりみせている。

自分にとって何が大事かを決める

実はこの部屋が初めてのひとり暮らしだという大谷さん。新卒の会社員なのだ。「就職で名古屋から東京に来たんですけど、ひとり暮らしだいじょうぶかな……ってかなり不安でした。わたし、心配性で」と笑う大谷さん。仕事しながら掃除も洗濯も、ってだいじょうぶだろうか、と心配だったそう。でもいまやおいしいキャロットケーキも焼いちゃってるのだ。すばらしい。

棚の横に貼られたTODOリストに大谷さんのしっかりもの具合が現れていた。

棚の横に貼られたTODOリストに大谷さんのしっかりもの具合が現れていた。

お話をうかがって、見れば見るほど、この部屋はよく考えられた末にできあがっているんだな、と感じた。部屋づくりにはいろいろな要素があって、ひとり暮らしの小さな部屋でもコントロールするのはかなり難しい。とりあえずてきとうに決めた家具の置き場所が、なんとなくずっとそのまま、ということはよくある。そんなときはまず自分にとって何が大事かを決めて、それを中心に組み立てていくといいのかもしれないな、と大谷さんのテーブルを見て思った。この部屋はテーブルを中心にできあがっている。とてもすてきなことだ。

恒例の「集めている/集まっちゃったものを並べてもらう」。そういうもの何かありませんか? とお願いしたところ「お皿……ですかね?」とのこと。さすがだ。

恒例の「集めている/集まっちゃったものを並べてもらう」。そういうもの何かありませんか? とお願いしたところ「お皿……ですかね?」とのこと。さすがだ。

きれいなブルーで統一されてる。すてきだ

きれいなブルーで統一されてる。すてきだ

こちらも恒例の「ねっころがってポートレイト」。大谷さん、ありがとうございましたー!

こちらも恒例の「ねっころがってポートレイト」。大谷さん、ありがとうございましたー!

(最後にもう一度編集部から)
グッドルームのオリジナルリノベーション「TOMOS」のお部屋は、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌で、毎月10~20部屋登場します。社員も気に入って住んでいる者が多い、無垢フローリングの居心地のよい空間を体験してみてくださいね。

東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ
福岡のTOMOSのお部屋一覧へ
札幌のTOMOSのお部屋一覧へ

大山 顕

写真と文:大山 顕

“ヤバ景” フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。住宅都市整理公団総裁。出版、テレビ出演、イベント主催などを行う。「”ヤバ景”って何?」「”総裁”っておおげさじゃない?」など各種ご興味がわいた方は OHYAMA Ken.com にいってみてください。
Twitter (@sohsai)Facebook

シェア
大きなテーブルと白いキッチン。週末はケーキ作りを楽しむ初めてのひとり暮らしの部屋
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

楽しもう!ひとり暮らし Vol.3

「黒」がお部屋を引き締める。Tyさんの大人シックなワンルーム

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。 3人目は、世田谷区のワンルームマンションに暮らす、Tyさんのお部屋。「黒」を引き締めカラーに取り入れた、大人っぽいお部屋におじゃましました。 …

楽しもう!ひとり暮らし Vol.4

コンパクトな家具で、メリハリある部屋づくり。naa9290さんのナチュラルな1Kの暮らし

これから初めてのひとり暮らしを始める方や、お部屋のイメージをちょっと変えてみたい!と思っている方へ。たくさんのヒントがもらえそうな、ひとり暮らしの先輩の部屋を紹介します。 4人目は、品川区の1Kマンションに暮らす、naa9290さんのお部屋。すっきり整って、広く見えるお部屋を作るコツを教わりました。…

TOMOS people Vol.19

陽当たりの良さにほっと一息。イラストレーターさんの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、女性イラストレーターさんの一人暮らしのお部屋に訪問。部屋で仕事するため、「陽当たり」が最優先だったという彼女は、これがなんと9回目の引越し。さすが、すっきり整理された気持ちのよいお部屋でした。 (編集部)…

TOMOS people Vol.22

色とりどりの「思い出」と暮らす。カラフル&キュートなひとり暮らしの部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、就職で上京してきたばかりというおひとり暮らしのお部屋を訪問。今までに行った場所、出会ったひととの思い出がたくさん詰まった、とっても可愛らしいワンルームです。…

TOMOS people Vol.24

すっきりしているのにマニアック!ベンチャーで働く若手女性の部屋

写真家・ライターの大山顕さんに、ちょっとおもしろい撮り方で、無垢床リノベーション「TOMOS」のお部屋と住んでいる人の「平面図」を撮ってもらうシリーズ。 今回は、グッドルーム新卒2年目の越智さんの部屋を訪問。ベンチャーであるグッドルームに新卒で入ろうと思ったきっかけってなんだったの?と、大山さんと2人で親戚のおばさんみたいにあれこれ聞いてしまいました。爽やかな部屋のそこかしこにある、ややマニアッ…

教えて!グッドルーム

これは便利!IKEA、無印など、みんなが使ってる”頻出”インテリアアイテム、実例をまとめてみました

なにかと物入りな新生活のスタート。買い物はなるべく失敗したくない!と思っているあなたへ。今まで、50部屋以上のお部屋訪問をしてきた私、持論があります。それは、「みんなが使ってるものはいいものだ」ということ。 おなじみのアイテムから「意外」なものまで、「これ便利」をまとめてみました。…

アプリバナー