single.php

器のある暮らしを楽しむ、一人暮らしのワンルームインテリア

TOMOS people Vol.49

シェア
器のある暮らしを楽しむ、一人暮らしのワンルームインテリア

小さなワンルームでも、北欧や日本各地で購入された大切なアイテムを飾り、毎日の料理に大切な器を活用して楽しんでいらっしゃる、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

とっておきのアイテムで彩る無垢フローリングのワンルーム

都内で一人暮らしをされているatsukoさんのお住まいは、グッドルームオリジナルリノベーション賃貸の「TOMOS(トモス)」のお部屋です。

間取りは、キッチンと居室とを仕切るアーチの入口がかわいい31㎡のワンルーム。

間取りは、キッチンと居室とを仕切るアーチの入口がかわいい31㎡のワンルーム。

居室部分は約9畳。グレーのアクセントクロスが大人っぽい無垢フローリングのお部屋、白と木の家具でまとめて、すっきりと暮らしていらっしゃいます。

居室部分は約9畳。グレーのアクセントクロスが大人っぽい無垢フローリングのお部屋、白と木の家具でまとめて、すっきりと暮らしていらっしゃいます。

最初は違うお部屋をみて、グッドルームにお問い合わせくださったatsukoさん。担当者から「ちょうどいい部屋が空きましたよ」と薦められ、すぐにここに決められたそう。

「以前からTOMOS に住んでみたかったんですが、立地のいいところを見つけられずにいたんです。それがたまたま通勤も便利な場所でちょうどよく見つかって、即決しました。アーチがすごくかわいくて、気に入っています。いいな、と思っていた無垢フローリングは、裸足で歩いてもとても気持ちよくて、もう普通の部屋には戻れないなと思いました」

無印良品のチェストとベッド、IDEEのプーフを置いたくつろぎのコーナー。

無印良品のチェストとベッド、IDEEのプーフを置いたくつろぎのコーナー。

そして、IKEAの大きなダイニングテーブルを置いた、食事とワークスペースとに、お部屋はゆるく分かれています。

そして、IKEAの大きなダイニングテーブルを置いた、食事とワークスペースとに、お部屋はゆるく分かれています。

プーフのあるスペースから眺めてみると、素敵なアイテムがたくさん飾られていて、落ち着いてまとまっているのにとても華やかな雰囲気です。

プーフのあるスペースから眺めてみると、素敵なアイテムがたくさん飾られていて、落ち着いてまとまっているのにとても華やかな雰囲気です。

背の高い家具をあまりおかず、たくさんある窓も活かした配置にされているため、お部屋はとても広く感じます。

グリーンや、お花もたくさん。棚の上に置かれているのは、自分へのご褒美として購入した、原田和明さんのオートマタ(自動人形)。取手を回すと、鳥が卵を産む仕掛け。

グリーンや、お花もたくさん。棚の上に置かれているのは、自分へのご褒美として購入した、原田和明さんのオートマタ(自動人形)。取手を回すと、鳥が卵を産む仕掛け。

こちらは、北欧を訪れて購入されているという、リサ・ラーソンのヴィンテージ作品。引越しの際にも自分自身で運ぶほど、大切にされているもの。

こちらは、北欧を訪れて購入されているという、リサ・ラーソンのヴィンテージ作品。引越しの際にも自分自身で運ぶほど、大切にされているもの。

いろいろな場所に、目を惹くアイテムが飾られていてとても楽しいお部屋です。

いろいろな場所に、目を惹くアイテムが飾られていてとても楽しいお部屋です。

ちょっとだけ広めのキッチンで、器のある暮らしを楽しむ

そしてアーチの先には、atsukoさんにとって重要な場所であるキッチン。

そしてアーチの先には、atsukoさんにとって重要な場所であるキッチン。

一人暮らし用の小さなキッチンですが、引っ掛ける収納などをうまく活用して使いこなしていらっしゃいます。

一人暮らし用の小さなキッチンですが、引っ掛ける収納などをうまく活用して使いこなしていらっしゃいます。

ご飯を作るのが好きで、家で時間があるときには料理をしていることが多いというatsukoさん。

一人暮らしの小さなお部屋ですが、「キッチンと、居室との間に少しだけスペースがある」間取りがこのお部屋の良かったポイント。北欧の食器や、陶器市などに行って集めた日本の作家さんの器をたくさん集めた棚を置いていらっしゃいます。「あの器を使いたいから、今日は何をつくろう?」というふうに、料理のメニューを考えられることもあるそう。

キッチンと居室の間にあるちょっとしたスペース。こちら側には無印良品の薄型ラックを。

キッチンと居室の間にあるちょっとしたスペース。こちら側には無印良品の薄型ラックを。

そして、反対側にはユニットシェルフを置いて、たくさん集められている食器を収納。

そして、反対側にはユニットシェルフを置いて、たくさん集められている食器を収納。

dsc09502

特にお気に入りのものを並べていただきました。右下、鳥の描かれた器は益子焼の今井律湖さん、右上は中華街で購入、真ん中の渦巻き模様の器は大分の小鹿田(おんた)焼、三角形の器は秩父で活動する木工作家のうだまさしさんと、本当に来歴もさまざま。器を買いに旅行に出かけることもあるのだそう。

特にお気に入りのものを並べていただきました。右下、鳥の描かれた器は益子焼の今井律湖さん、右上は中華街で購入、真ん中の渦巻き模様の器は大分の小鹿田(おんた)焼、三角形の器は秩父で活動する木工作家のうだまさしさんと、本当に来歴もさまざま。器を買いに旅行に出かけることもあるのだそう。

料理の道具もこだわったものを揃えていらっしゃいます。特に、STAUBの鍋は使い勝手もよく気に入っているそう。

料理の道具もこだわったものを揃えていらっしゃいます。特に、STAUBの鍋は使い勝手もよく気に入っているそう。

dsc09540

ひとつひとつ大切なアイテムを、こんなふうにいつも目に入る場所に飾ったり、日常的に料理の器として使ったり。一人暮らしの小さなワンルームでも、自分らしい暮らしを大切に、楽しんでいらっしゃるのが、とても素敵でした。

atsukoさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/___aatk/

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

gallery_5

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

▽Instagramであなたのインテリア写真を募集中!
ハッシュタグ「#goodroom取材」、TOMOSのお部屋にお住まいの方は 「#tomospeople」をつけて、あなたのお部屋の写真を投稿してください!
投稿いただいたお写真は goodroom journal の記事で紹介いたします。

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。

シェア
器のある暮らしを楽しむ、一人暮らしのワンルームインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

アプリバナー