single.php
お気に入りの本屋を探そう Vol.8

海の向こうの作り手に思いを馳せて。『POST (恵比寿・東京)』

シェア
海の向こうの作り手に思いを馳せて。『POST (恵比寿・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。
(text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)

ニュートラルな出会いの場所。

2016年9月にリニューアルオープンした恵比寿の東京都写真美術館。杮落としの展覧会の帰り道に、裏通りにある「POST」を訪れた。製紙工場のパレットを利用した展示台や、木の書棚には、海外の美術書、写真集がずらりと並び、ひとつひとつ手にとって眺め始めると、時間があっという間にすぎていく。

じつはここ「POST」は、「出版社」という括りで本を特集し、定期的に扱う本を入れ替えるというちょっとユニークな本屋さんだ。

08_02_pc
08_02_sp

「手前の、節目のある本棚のコーナーは、同じ出版社の40〜60タイトルの本を特集しています。2ヶ月〜2ヶ月半で入れ替えるので、間隔をあけて来ていただければ、毎回、違う本に出会えますよ」

お話を聞かせてくれたのは、スタッフの錦多希子さん。
もともとは、limArtという古書店からスタート。新刊を扱う姉妹店としてオープンしたPOSTは、恵比寿への移転前は代々木ヴィレッジの中のとてもコンパクトなスペースだった。限られたスペースの中で毎回違う本と出会ってもらうにはどうするか。定期的に本が入れ替わったらおもしろいんじゃないか?では、どういうふうに入れ替えよう?そこで、出版社という括りで特集する考えが生まれたそう。

「limArtでは、オーナーが海外で直接買い付けた美術書や写真集を中心に扱っていたのですが、それだと個人的な好みがどうしても反映されてしまいます。そのことをオーナー自身あまりよいとは思っていなくて。出版社として括れば、自分の知らない本や、これまで興味を持たなかった本も自然と入ってきて、より公平性を持った、ニュートラルな本の選び方ができます。POSTは、そういうフラットな感覚で選ばれた本をお客様自身に選んでもらう場なんです」

第1回目に特集をしたのは、美術書においては世界きっての出版社である、ドイツのウォルターケーニッヒ。大変な反響があってたくさんの本が売れ、何度も追加オーダーをした。出版社側も非常に好意的で、彼らの顧客やフォロワーにも注目してもらえ、とても良いスタートが切れたのだという。

08_03_pc08_03_sp一番奥のギャラリースペースでは、3週間ほどのスパンで、出版記念展やPOST自身が出版する本にまつわる企画展など、本に関連のある展示が行われる。

“シュタイデルの本だから欲しい”

「音楽ならレーベルごとに特集することはあるけれど、本の出版社に注目するところは、世界的に見ても今まで他になかったんです。出版社のプレゼンテーションにもなるので、協力的なところが多いんですよ」

そのひとつが、ドイツのシュタイデル社。
『世界一美しい本を作る男』というドキュメンタリー映画にもなった、写真集、美術書に関して定評のある出版社だ。もともとは展覧会のポスターなどを手がける印刷会社で、今でも印刷から製本、出版まで、本にまつわる一連の流れを自社で手がけている。

「”シュタイデルの本だから欲しい”というファンも多くいて、ここを特集した時には今までPOSTに来たことのなかったお客様も来てくれました」

そこでオーダーも継続的に行うようになり、シュタイデル社からも信頼を置いてもらえた。半年に1回出る新刊のカタログには、シュタイデルが認定するオフィシャルブックストアの一覧に、日本で唯一「POST」が掲載されているそうだ。

見せてもらった写真集は、大判でとても丁寧に作られていて、印刷も美しい。思えば、ここまで「作り手」に想いをめぐらせて本を手に取るのは、私は初めてかもしれない。

08_04_pc08_05_spシュタイデルの本が並ぶコーナー。(写真上の本:William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)『The Democratic Forest. Selected Works』6,500円+税)

おすすめの1冊

Matthias Schaller(マチアス・シャラー)『The Mill』Steidl (8,200円+税)

08_05_pc
08_06_sp

goodroomをみているひとに興味がある本を、と選んでもらったのは、ドイツ現代写真の基礎を築いたベッヒャー夫妻の住居兼アトリエを撮った写真集。紙の断裁工場だった建物をリノベーションしていて、もともとの素材を活かしながらのびのびと気持ちのよい空間を自分たちで作っている。

shop data
POST
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
03-3713-8670
12:00 ~ 20:00 月曜休み
http://post-books.info/

>goodroomで恵比寿駅の賃貸を探す
>goodroomで山手線の賃貸を探す
>goodroomで渋谷区の賃貸を探す

シェア
海の向こうの作り手に思いを馳せて。『POST (恵比寿・東京)』
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

お気に入りの本屋を探そう Vol.2

想像力が膨らむアートブックのオモチャ箱。『UTRECHT(渋谷・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Ako Tsuchihara / photo : Kayoko Aoki)…

お気に入りの本屋を探そう Vol.6

時と場所で姿を変える本屋『BOOK TRUCK(表参道・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)…

お気に入りの本屋を探そう Vol.10

ここから、夢を実現する。『 天狼院書店「東京天狼院」(池袋・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)…

アナログの楽しみ方。 Vol.5

本棚に”自分の好きなコト”を並べたい『SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(東京・渋谷)』

本屋さんに立ち寄って、棚に並べられたいろんな雑誌の表紙を眺め、手に取る至福の時間。大好きな雑誌を手にいれ本棚に並べるときには、特別な価値があるように思います。最近では、北九州市が発行し一部の地域やお店限定で配布する雑誌「雲のうえ」にファンクラブができるなど、出版社によらず自分たちで作る雑誌「zine」も人気。「zine」の発行・販売をしているお店に、その魅力をあらためてお聞きしてみました。 (t…

お気に入りの本屋を探そう Vol.1

本好きな友人の部屋にいる気分。『本屋B&B(下北沢・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Ako Tsuchihara / photo : Kayoko Aoki)…

お気に入りの本屋を探そう Vol.7

出版の聖地で出会う「1冊の本」。『 森岡書店銀座店(銀座・東京)』

本も好きだけど、本屋はもっと好き。ずらりと並んだ本や雑誌の棚を眺めているだけでも刺激的だし、最近では、カフェを併設していたり、可愛い雑貨が売られていたり、面白そうなイベントを開催していたり、本屋で過ごす時間がどんどん楽しくなっている。そこで、2017年、あなたのお気に入りの本屋を見つけてみませんか。 (text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai)…