single.php
至福の一杯を求めて Vol.4

世界初のハンドドリップ日本茶専門店『東京茶寮』で、エンターテイメントとしてのお茶を楽しむ

シェア
世界初のハンドドリップ日本茶専門店『東京茶寮』で、エンターテイメントとしてのお茶を楽しむ

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。
今回は、”世界初のハンドドリップ日本茶専門店”である、『東京茶寮』を訪問。エンターテイメントとしてお茶が楽しめる、素敵な空間でした。

text : Miha Tamura

三軒茶屋の駅前の喧騒から離れて少し歩いたところに、2017年1月、世界初のハンドドリップ日本茶専門店、というなにやら気になるお店がオープンしました。

「三宿まで歩けばコーヒーのお店もあるし、おしゃれなお店もある。このへんの雰囲気は気に入ってます。三軒茶屋を選んだ一番の理由は地名に”茶屋”って入ってる、てところなんですけど(たしかに!)」

お話を聞かせてくれたのは『東京茶寮』の谷本幹人さん。
『東京茶寮』を手がけるのは、もともと様々なプロダクトデザインを行っていた会社。食の事業として初めて、日本茶専門店をオープンしました。

drip_counter

世界に出していくプロダクトを作りたい、という想いがあった谷本さん。そう考えたとき、コーヒーやお茶、タバコなど嗜好品は世界中で消費されている、その中でも日本人として世界で一番になるためのプロダクトのテーマを、ということから日本茶を選択したのだそう。

「僕個人としてもコーヒーは大好きで。カルチャーとしてもかっこいいし、楽しいし、好きなんです。日本人として、一生やるべき仕事として考えたとき、それがなんでお茶にはないんだろう、と感じたのがきっかけです」

こうして生まれた東京茶寮は、店内のデザインからお茶を淹れるプロダクト、メニューの中身まで、谷本さんが独自に考案した、オリジナルの日本茶専門店。単なるコーヒーショップの真似ごとではない、言ってみれば「劇場型日本茶エンターテイメント」と呼べそうな体験が、そこでは待っていました。

フルサービスで提供される、日本茶エンターテイメント

これが、日本茶用のドリッパー。特許も取り、ゼロから独自で作り上げたもの。

これが、日本茶用のドリッパー。特許も取り、ゼロから独自で作り上げたもの。

お茶を淹れる時間を計る砂時計など、ひとつひとつのプロダクトがオリジナルで、デザインが光ります。

お茶を淹れる時間を計る砂時計など、ひとつひとつのプロダクトがオリジナルで、デザインが光ります。

東京茶寮の店内は、すべてがカウンター席で、コーヒーのバリスタさんが1杯1杯、対面式でお茶を淹れてくださいます。

メニューはこちら。現在、8種類の煎茶の中から2種、お茶菓子が1種選べるセットになっています。

メニューはこちら。現在、8種類の煎茶の中から2種、お茶菓子が1種選べるセットになっています。

そういえば、いつも飲んでいるペットボトルのお茶って、煎茶とか焙じ茶とかの違いはあるけれど、種類を気にしたことってありませんでした。

「コーヒーはシングルオリジンと言われるように、産地が違うのが基本的な味の違い。お茶の場合は、品種の数がじつはすごくたくさんあるんです。でも、ふだん飲まれている、スーパーで売っているお茶ってほとんどがブレンドで、やぶきたというスタンダードな品種が多いです。コーヒーみたいに、品種や産地まで特定して提供すれば、お茶はもっと広がっていくんじゃないかと」

お店で選ぶことができるのは8種類。メニューは時間が経てば変わり、そのときだけの一期一会の出会いです。それも、いままでの日本茶文化の中ではなかったこと。もともとWEB業界にいたこともあり、数値化するのが好きという谷本さん、お茶の品種を甘み、渋み、旨味、香りの4つのポイントからチャート化し、わかりやすくしています。

add_leaf

いよいよ、ハンドドリップ開始。コーヒーとは違ってドリッパーの中にお湯が溜まっていきます。1分20秒待ってドリッパーを上にあげると、お茶が一気に下へ落ちる仕組み。

いよいよ、ハンドドリップ開始。コーヒーとは違ってドリッパーの中にお湯が溜まっていきます。1分20秒待ってドリッパーを上にあげると、お茶が一気に下へ落ちる仕組み。

ハンドドリップ方式を生み出したのは、フェスやイベントで提供されるコーヒーのように、お茶ももっと自由に、いろいろなシーンで提供したいという考えから。いちいちシンクを使って急須を洗う必要がないので、ケトルさえあれば淹れられるという仕組みになっています。お店では、ドリッパーに残った茶葉も、香りを楽しむため、あわせて提供。

ひとつひとつのプロダクトのデザインが良く、思わず写真に撮りたくなるおしゃれさ。

ひとつひとつのプロダクトのデザインが良く、思わず写真に撮りたくなるおしゃれさ。

さらに、1煎目を飲み終わる頃には、同じ茶葉を使って2煎目を淹れていただけます。

さらに、1煎目を飲み終わる頃には、同じ茶葉を使って2煎目を淹れていただけます。

こうして比べてみると、2種類の茶葉、1煎目と2煎目で、すべて色や香り、味も違っています。特に、色の違いを視覚でも楽しめるっていうのがおもしろい。

「二煎目は温度を高くすることで、色も、味も変わるんです。それがコーヒーにはない楽しみだなぁと思って。そういうお茶の体験のおもしろさが、お店を作ったきっかけでもあります」

色の違いをじっくり楽しんでいると、カップの中に広がる小宇宙、のようにも見えてきます

色の違いをじっくり楽しんでいると、カップの中に広がる小宇宙、のようにも見えてきます

気に入ったお茶があれば、お茶と一緒に提供されるカードを持ち帰って、詳しく情報を見ることもできます。気がきいてる。

気に入ったお茶があれば、お茶と一緒に提供されるカードを持ち帰って、詳しく情報を見ることもできます。気がきいてる。

3煎目に、玄米を足して淹れる「玄米茶締め」。これも、東京茶寮オリジナルの淹れ方。お菓子をいただいたあとで、ちょっと香ばしい玄米茶が嬉しい。

3煎目に、玄米を足して淹れる「玄米茶締め」。これも、東京茶寮オリジナルの淹れ方。お菓子をいただいたあとで、ちょっと香ばしい玄米茶が嬉しい。

谷本さんが作りたいと考えたのは、「格式の高い茶道と、味気ないペットボトルのお茶の中間にある、自分の楽しめる余地のあるお茶」。1煎目、2煎目から、最後の玄米茶締めまで。デザインの良い空間でゆっくり楽しむお茶のフルコースで、今まで知らなかった日本茶の魅力に触れ、ちょっと世界が豊かになった気がしました。

お店の奥にあるショップで、お茶っ葉はもちろん、カップなども購入可能。

お店の奥にあるショップで、お茶っ葉はもちろん、カップなども購入可能です。

日本茶を淹れる手順は、

1. 沸騰したての熱いお湯は使わず、湯冷ましなどを使ってお湯をうつしかえ、70度から80度のあいだまで冷ましてから、お湯を注ぎます。

2. そのまま、1分20秒ぐらい待ち、カップへ。

「これを淹れれば美味しく飲める、という茶葉を厳選しているので、まずはスタンダードに飲んで楽しんでみてください」

お茶に関するアイディアが次々とわいてきてとまらない、という印象の谷本さん。次はどんなメニュー、どんなプロダクトに出会えるだろう、と楽しみになる東京茶寮、また新たな体験をしに来たいなと思いました。

東京茶寮
東京都世田谷区上馬1丁目34−15
東急田園都市線 三軒茶屋駅「南口B」出口 徒歩7分
http://www.tokyosaryo.jp/

記事中写真は東京茶寮公式サイト、およびInstagramから
https://www.instagram.com/green_brewing/

>「至福の一杯を求めて」記事一覧を見る
>goodroomで三軒茶屋駅の賃貸を探す
>goodroomで東急田園都市線の賃貸を探す
>goodroomで世田谷区の賃貸を探す

シェア
世界初のハンドドリップ日本茶専門店『東京茶寮』で、エンターテイメントとしてのお茶を楽しむ
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

至福の一杯を求めて Vol.2

100% 豆の力をひきだす。『Nozy Coffee』(東京・三軒茶屋)

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。 今回は、三宿にあるシングルオリジンコーヒーの専門店 NOZY COFFEE を訪問。本当に美味しいコーヒーを知ってほしい、そんな思いのつまったお店でした。…

街で人気のボタニカルショップ Vol.2

カラフル&ワイルドな植物に出会う『GREEN FINGERS(東京・三軒茶屋)』

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、街で人気のボタニカルショップをたずねます。 今回おじゃましたのは、プラントアーティストの川本諭さんが手がけるGREEN FINGERS(グリーンフィンガーズ)。三軒茶屋のファクトリーショップは、独特の表情を持つグリーンやオリジナルのアイテム、ヴィンテージ雑貨が並ぶ、カラフルで迫力ある空間でした。…

至福の一杯を求めて Vol.3

空間と人との繋がりを楽しむロースター&カフェ 『ONIBUS COFFEE』 (東京・中目黒)

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。 今回は、人気のコーヒーショップ ONIBUS COFFEE の2016年にオープンした新店舗、中目黒店を訪問。気持ちの良い空間の中で誰かと一緒にコーヒーを楽しめる、そんな空間でした。…

至福の一杯を求めて Vol.1

コーヒーを愛する街オスロの文化に触れる『Fuglen Tokyo』(東京・代々木公園)

コーヒー、それにお茶を楽しむ時間は、1日の中でほっと一息つける自分だけの大切なもの。もっと上手に、とっておきの一杯を楽しむために、街で人気の専門店をたずねます。 今回ご紹介するのは、代々木公園の近くにある、Fuglen Tokyo。ノルウェーオスロで愛されるFuglenの魅力をお聞きしてきました。…

アプリバナー