single.php

「狭くても、賃貸でも使える!もの選びと収納のルール」セミナーダイジェスト(前編)

キーワード
シェア


 

整理収納アドバイザー Emiです。
先日、グッドルーム大阪のオープンに合わせて、グランフロント大阪にて、「狭くても、賃貸でも使える!もの選びと収納のルール」と題したセミナーを開催させていただきました。
20席のお席に対して、150名のご応募をいただきました!
誠にありがとうございます^^
当日は、雨の降る寒い中、たくさんの方にお越しいただきました。

 

 
今回のコラムでは、そのセミナーの内容を少しご紹介させていただきますね。

整理収納=捨てること、ではないんです

ここ数年は、断捨離やお片付けのブーム!
「整理収納」と雑誌の表紙に書いてあるだけで売れ行きが良くなるそうです。

セミナーの中では、最初に「整理収納のきほん」をお伝えしました。

●整理=分ける、そして大切なものを選ぶこと
●収納=整理したものを使いやすくおさめること

みなさん、
さぁ片づけよう!といって、ついつい「捨てるもの」選びがち。ではありませんか?
さぁ収納しよう!といって、ついつい扉付きの収納庫に、ぎゅーぎゅーに収めてはいませんか?

「整理収納」とは、
大事な物を選び、それを使いやすく収めること。

決して捨てることではないんですよ^^

「要らないもの」を選ぶネガティブな気持ちではじめるのではなく、
「大切なもの」を選ぶポジティブな気持ちではじめていただきたいな、と思います。
 

現状を知る、受け止める


 
さて、「整理収納のきほん」を簡単にお伝えしたところで、
ご参加のみなさんに早速簡単なワークをしていただきました。

「現在のお住まいでのお困りごとは?」

現在のお住まいの簡単な間取り図とともに、
具体的に悩みごとを紙に書いて頂きました。

みなさん真剣そのもの!

・狭くて家具が置けない・・・
・収納スペースが少ない
・賃貸だから穴をあけられない・・・

たくさんのお悩み事をあげていただきました。

みなさん、頭の中でなんとなく困ってるなあという事を

「具体的に紙に書いて客観的に見る」ことで、
自分の悩みに具体的に気がつけたようです。

「現状を知る、受け止める」ことは、整理収納においてとっても大事なことです。

みなさん、お部屋がどんな様子か、あまり深く考えずに買い物にいって
無駄な家具、収納グッズを買っちゃったというお話もしてくださいました。

ただ、このたくさん出てきたお悩みも、
見方を変えればとってもステキに捉えられるんですよ^^

・狭くて家具が置けない・・・
→動線が短いので、片付け楽々!掃除する箇所も、時間も少なくて◎

・収納スペースが少ない・・・
→物を置けないので、必然的に少ない量の持ち物をキープできるようになる。

・賃貸だから穴をあけられない・・・
→賃貸でも穴が目立ちにくい(隠せるタイプ)の壁面収納もたくさんあります。原状回復できるDIYも!

例えば、これは我が家の賃貸暮らし時代の写真。
ホームセンターでカットした板を並べただけの簡単DIY。

賃貸でも諦めずに色んな方法で、自分たちらしい暮らしができます^^
 

 

家具選びの3つのルールとは?(後編につづく)

現状の悩みが分って、それを見方を変えれば違った捉え方ができることも分った。
とはいえ、

「でもでも、どうやって狭くて引っ越しのある賃貸で、どんな家具を選んだらいいの?」という方のために、

ルールを3つお話させていただきました。

さて、その3つのポイントとは・・・?次回、乞うご期待!

(後編はこちらから → http://goodrooms.jp/wp/?p=2919

About OURHOME Emi



整理収納アドバイザー。
小学生のころから無類の「収納」好き。
大手通販会社にて、8年間インテリア収納用品の商品企画に携わる。退社後、2012年フリーランス活動開始。
現在は、「子どもの写真整理術」セミナー開催や、個人宅アドバイス、企業への商品開発プロデュースを中心に活動。
プライベートでは、インテリア好きの夫と、3歳になる双子の母。

>ブログはこちら

キーワード
シェア
「狭くても、賃貸でも使える!もの選びと収納のルール」セミナーダイジェスト(前編)
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読
アプリバナー