single.php
シェアのある暮らし [PR]

「農業」がつなげるコミュニティのある暮らし。「ハラッパ団地」の収穫祭&苗植え会に行ってきました

シェア
「農業」がつなげるコミュニティのある暮らし。「ハラッパ団地」の収穫祭&苗植え会に行ってきました

敷地の中に、保育園やカフェ、ドッグラン、農園のある大きなハラッパを設けて、入居者さんや地域の人々が自然と交流できるような取り組みを続けている「ハラッパ団地」。
その団地の中の農園で、収穫祭&夏野菜の苗植えが行われるということで、どんな暮らしが生まれているのか、ちょっと覗きに行ってきました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai / 提供 : 株式会社アミックス, 株式会社エドボンド

「ハラッパ畑部」の収穫祭&苗植え会を訪問

埼玉県草加市に2018年に誕生した「ハラッパ団地」。
goodroom でも、入居募集開始からたくさんのお問い合わせをいただき、全部屋がすぐに満室になるほど多くの反響をいただきました。

前回の訪問記事:
「楽しい」をシェアする団地。これからの可能性をたくさん秘めた、ハラッパ団地に行ってきました

「ハラッパ団地」は、その名の通り、敷地の真ん中に大きな共有の広場を持つ、ユニークな仕掛けがいっぱいの団地です。

「ハラッパ団地」は、その名の通り、敷地の真ん中に大きな共有の広場を持つ、ユニークな仕掛けがいっぱいの団地です。

全部屋がリノベーション済みで、手ごろな家賃で良い環境と良いお部屋に住めることも人気の秘密。

全部屋がリノベーション済みで、手ごろな家賃で良い環境と良いお部屋に住めることも人気の秘密。

誕生から1年経ち、真ん中の広場にある農園は入居者さんが中心となった「ハラッパ畑部」が管理をし、建物1階に入居するカフェ「ハラッパ食堂」と一緒になって、たくさんの野菜を植えたり、収穫を楽しんでいるとのこと。
そんなハラッパ畑部とハラッパ食堂主催の、「玉ねぎ収穫祭り&夏野菜苗植え」のイベントが開催されるということで、様子を見せてもらいに行くことにしました。

建物や、食堂の入り口に貼られた貼紙。

建物や、食堂の入り口に貼られた貼紙。

入居者さん以外にも開かれたイベントで、このお知らせを見て、近隣のご家族もたくさん参加されていました。

入居者さん以外にも開かれたイベントで、このお知らせを見て、近隣のご家族もたくさん参加されていました。

dsc00721

ちょっとびっくりするほど大きな玉ねぎをみんなで収穫。畑ってすごい。

ちょっとびっくりするほど大きな玉ねぎをみんなで収穫。畑ってすごい。

「ハラッパ畑部」にアドバイスをくださっているのは、こちらのお二人。BabyGardenの藤木将さん(写真右)と、株式会社農業企画の細越雄太さん(写真左)。

「ハラッパ畑部」にアドバイスをくださっているのは、こちらのお二人。BabyGardenの藤木将さん(写真右)と、株式会社農業企画の細越雄太さん(写真左)。

「農業」をきっかけにしたコミュニケーションの場を作りたい

現在、鎌倉・藤沢で農業に携わる藤木さんは、実は元銀行員という異色の経歴の持ち主。「悩んでいる農家さんの手助けがしたい」という思いから事業を立ち上げられ、現在は、マイクロリーフやハーブの栽培を手がけながら、「農業でまちづくり」をめざした活動を積極的に行われています。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「障害者の方の働く場づくりなどでも農業を活用しています。農業って、コミュニケーションの場としても、とても良いんですよね。育てる過程を知り、自分が育てたものを食べることが子どもたちの食育にもなります。ハラッパ団地でも、この農園があることで近所の方とのコミュニケーションがめちゃくちゃ生まれていて。そういう場をいろんなところに作っていきたいんです」

この日植える、バジルやトマト、ナス、ズッキーニなど夏野菜の苗は、藤木さんが育ててくれたもの。日ごろも、「ハラッパ畑部」のメンバーとLINEでやり取りをして、作業の指示やアドバイスをしてくださっています。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「ハラッパ農園は完全無農薬。いつつまんで食べても大丈夫です。そういうところにはすごくこだわっていますよ」

dsc00739
dsc00736

藤木さんの苗を、みんなで植えます。ひとつひとつの苗を子どもたちが大切そうに扱っているのがとても印象的でした。

藤木さんの苗を、みんなで植えます。ひとつひとつの苗を子どもたちが大切そうに扱っているのがとても印象的でした。

dsc00731

東京農業大学ご出身の細越さんは、サイズや見栄えが規格に合わない野菜を消費者に届ける「ご縁野菜」というサービスや、「畑でプロポーズ」、「畑でヌード撮影(!? 詳細はこちらを)など、農業を中心としたユニークな企画をたくさん手がけている方。

お話を伺っていたら、「自転車で17日間かけて東京から鹿児島まで行ってきたばかり」とこれまたおもしろいエピソードが飛び出しました。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「農業って、単に食糧生産の場っていうだけじゃなくて、いろんな要素がありますよね。会話をしながら畑作業をすることで、教育や運動、癒しの効果もあるし、表現できる場でもあります。そういう意味で、農業にすごく魅力や価値を感じていて。今回、鹿児島まで行く間にも、これまで農業を通してつながりのできた方がたくさん声をかけてくれて、行程の大部分で泊まらせてもらうこともできたんです」

農業って、自然と人と人とをつなぐ、大きな力があるんですよね。

dsc00748

「子どもたちが、水やり一つでもすごく楽しんでくれているのが嬉しかった」と細越さん。

「子どもたちが、水やり一つでもすごく楽しんでくれているのが嬉しかった」と細越さん。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「畑に虫が出たときも、ちょっと嫌がりながらもやっぱりみんな、興味があって。ふだんは気づけない魅力を畑が引き出してくれるように思います。そんな風に子どもたちが輝ける場所を増やしていきたいですね」

ハラッパ食堂で、スタッフの方と一緒に「玉ねぎピザ」を作ってくれていたのは、ハラッパ団地を管理している株式会社エドボンド代表の鮎川沙代さん。藤木さんや細越さんといった頼もしいメンバーを引っ張って来た立役者でもあります。

ハラッパ食堂で、スタッフの方と一緒に「玉ねぎピザ」を作ってくれていたのは、ハラッパ団地を管理している株式会社エドボンド代表の鮎川沙代さん。藤木さんや細越さんといった頼もしいメンバーを引っ張って来た立役者でもあります。

収穫したばかりのたっぷりの玉ねぎを載せて焼きます。美味しそう!

収穫したばかりのたっぷりの玉ねぎを載せて焼きます。美味しそう!

この1年間、農園での活動を随時Twitterで報告したりと、積極的に関わってこられた鮎川さん。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「管理会社として、ご入居された後に継続的に入居者の方と会うことってあまりないんですけど、ここの場合、畑を訪問しているので、入居者の方ともご近所の方とも顔なじみが増えたことが印象的でした。
特に入居者の方からは、ちょっとした相談事も気軽に声をかけてくださるので、そういう関係性が作れているのは良いことだと思います」

ハラッパ団地は、ペット相談可能でドッグランもあるということで認知がされ、ファミリーの方だけでなく単身世帯の方やカップルのご入居も多かったとのこと。

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「いろんな属性の方がいらっしゃって、単身の方でもコミュニケーションが取りやすい団地になっていっています。農園だけでなく、食堂でキャンドルを作るワークショップを入居者の方が開いてくださったりといった取り組みも始められました。
保育園もあるので、子どもたちや遠方の方も巻き込んだ、良い循環を作っていきたいですね」

こちらがワークショップで作られたキャンドル。食堂で購入することもできるようになっていました。

こちらがワークショップで作られたキャンドル。食堂で購入することもできるようになっていました。

そういえば、前回はなかった食堂の壁の絵が気になっていたのですが……

そういえば、前回はなかった食堂の壁の絵が気になっていたのですが……

実は「ハラッパ食堂」の壁の絵は、この団地の入居者のひとりである、momoさんが描いてくれたもの。momoさんは、他のお仕事の傍ら、週末は食堂のスタッフとしても働いています。

「絵は趣味だったんですが、ここの絵を描いたことで、いろんな人との繋がりが増えて、うちにも描いてほしい、なんて声をかけてもらえるようになったのも嬉しかったです」とmomoさん。

「絵は趣味だったんですが、ここの絵を描いたことで、いろんな人との繋がりが増えて、うちにも描いてほしい、なんて声をかけてもらえるようになったのも嬉しかったです」とmomoさん。

「ハラッパ団地は友人の紹介で知って、イエローの外観が可愛くてちょっと行ってみよう、と見に来ました。犬を飼っているので、ペットOKというところで探していたこともあって。来てみると、広くて気持ちが良くて、とにかく空気が違ったので、ここにしよう、と。保育園があって、子どもの声がいつも聞こえ、人とのつながりがあることも嬉しいです。引っ越して来て、ストレスがなくなりましたね」

ご結婚前には飲食業をされていたmomoさん。
カレーやハンバーガーが好きでよく来ていた食堂でスタッフの募集があり、もう一度、飲食業をやってみたいな、という気持ちで応募しました。

ハラッパ食堂のメニューのプロデュースは、文京区小石川のレストラン『イン ボスコ』のオーナーシェフである渡部敏毅さんが担当しています。ハラッパ農園でとれた野菜を使うこともあり、素材を活かすためとても丁寧に仕込みをしているのに、こんなにリーズナブルに提供できていることに驚いた、とmomoさんはおっしゃいます。

そうこうしているうちに、玉ねぎピザが焼きあがりました!

そうこうしているうちに、玉ねぎピザが焼きあがりました!

dsc00793

ハラッパ食堂の人気メニュー、ラムバーガーやハラッパカレーとともにいただきました。momoさんがおっしゃる通り、野菜がふんだんに使われたメニューはとても本格的で、こんな食堂が普段づかいできる環境って、とても特別だなと感じます。

ハラッパ食堂の人気メニュー、ラムバーガーやハラッパカレーとともにいただきました。momoさんがおっしゃる通り、野菜がふんだんに使われたメニューはとても本格的で、こんな食堂が普段づかいできる環境って、とても特別だなと感じます。

「鮎川さんが、つながりを作るために前向きに取り組んでくださっているのが素晴らしいですね。管理会社の方と、他の賃貸住宅でこんなに密に接することもないと思います。次は、夏祭りも楽しみにしています」

誕生から1年が経ち、農園や食堂を中心に、少しずつ、たくさんの人と人とのつながりが生まれていたハラッパ団地。
「ちょっと、今の暮らしを変えてみたい」と思っている人は、訪れてみるときっと、いろんな発見や新しい出会いがあるはずです。

dsc00782

ハラッパ団地のお問い合わせはこちらから

aee4b233-17c4-46f0-be3e-f2b8b195925d
8c8f180a-b7ce-47cd-98c1-d071480e3243-p1

現在満室のため、退去待ちのご相談はこちらまでご連絡ください

シェア
「農業」がつなげるコミュニティのある暮らし。「ハラッパ団地」の収穫祭&苗植え会に行ってきました
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

#シェアのある暮らし

あなたならどっちに住む!? 自分に合った、シェアハウスの選び方 [PR] by ソーシャルレジデンス市ヶ尾 NORTH & WEST

住まいやオフィス、畑、自転車、自動車など、生活に必要なさまざまなものを共有する、「シェアのある暮らし」が広がっています。 前回ソーシャルレジデンス福生を案内してもらったオークハウスさんの新しいハウスが、東急田園都市線の市が尾駅に誕生。自分だったらどっちに住むか!? 妄想をしてみました。どちらも見どころたくさんで迷っちゃいます。…

#シェアのある暮らし [PR]

「楽しい」をシェアする団地。これからの可能性をたくさん秘めた、ハラッパ団地に行ってきました

住まいやオフィス、畑、自転車、自動車など、生活に必要なさまざまなものを共有する、「シェアのある暮らし」が広がっています。 今回おじゃましたのは、埼玉県草加市に誕生した、大きな共有の広場を持つ団地。1階には保育園やカフェに畑、ペットも大型犬まで相談可能など、ユニークな取り組みがたくさんありました。…

#シェアのある暮らし[PR]

多世代が循環して暮らせる豊かな街。「プライムメゾン江古田の杜」

新江古田にある森の隣の大きな敷地に、多世代が集い、循環しながら暮らし続けられる街をめざして誕生した「江古田の杜プロジェクト」。 さまざまな価値観を持つ人々が、お互いに豊かな環境と便利な仕組みをシェアしながら暮らせるこの街。ファミリー向けの賃貸住宅である「プライムメゾン江古田の杜」を取材してきました。 …

#シェアのある暮らし [PR]

農園や広場をシェアする「リエットガーデン三鷹」。家族にもひとり暮らしにもおもしろい複合型住居です

寮や社宅として使われていた建物をリノベーションして誕生する複合型住居「リエットガーデン三鷹」。広大な敷地にファミリー向け賃貸住宅とシェア賃貸住宅が並んで建ち、貸し農園や「まちのラウンジ」も計画されているということで、すごくワクワクしますね。その全貌と、いち早く入居開始となったファミリー向け賃貸住宅をご紹介します。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.21

川と桜並木を望むリビングで始める豊かな日常。「小松川グリーンタウン セーラ小松川」

川と桜並木を見下ろす、タワー棟を含む団地。眺望の良いベランダに椅子を出して、お花見を。あるいは、「千本桜」の並木道をランニングにお散歩。駅に近く、通勤時間が浮いた分をそんな風に使いたくなる、素敵な環境でした。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.2

「子育てしやすい賃貸」ってどんな部屋?ビーコンヒル能見台サウスヒルのリノベーションがすごかった

緑が多く、ゆったりとしたつくりで、陽当たり良好。団地って、実は自分の暮らしに合ってるかもしれない。そんな思いを胸に、各地の団地を訪問し、お話をお聞きする企画がスタートします。 第2回は神奈川県の海側エリア、横浜市金沢区にあるビーコンヒル能見台サウスヒル。こちらに、「子育てのしやすさ」に特化してリノベーションしたお部屋があるということなんです。どんなお部屋なのか、早速見に行ってみました。…

アプリバナー