single.php
#myfavorites

キャンプにもちろん、家でもふっくら美味しいお米が炊ける。ユニフレームの「キャンプ羽釜」

シェア
キャンプにもちろん、家でもふっくら美味しいお米が炊ける。ユニフレームの「キャンプ羽釜」

アウトドアでも、家のキッチンで使ってもおしゃれで、しかも美味しくご飯が炊ける、ユニフレームのアイテムを紹介します。

by goodroom journal

アウトドア好きのShoさんとIkumiさん。
アウトドアのツールも、普段の家のキッチンでも活用されているお二人ですが、キッチンのオープン収納に置いてあって思わず「かわいい!」と注目してしまったのがこちら。

ユニフレームの「キャンプ羽釜」です

ユニフレームの「キャンプ羽釜」です

日本のかまどでよく使われていた「羽釜」の形を再現。ご覧のようにかまどからの熱を逃さないように「羽」がついているのが特徴です。これによって、焚き火台に乗せた時にも熱を逃さずしっかりと炊き上げることができます。もちろん、家庭のガスコンロでも使用可能。ふっくら美味しいご飯が気に入って、Shoさん、Ikumiさんは普段からこれでお米を炊いているそう。見た目にもテンションが上がりますよね。

すり鉢形状の「釜」で対流が起きるため、美味しく炊けるのがポイント。

すり鉢形状の「釜」で対流が起きるため、美味しく炊けるのがポイント。

3合まで炊けて、1号ずつ水を入れる目盛りがついているのも良いところ。

3合まで炊けて、内側には1合ずつ水を入れる目盛りがついています。

キャンプの道具を普段づかいするって、ちょっとおしゃれで一石二鳥。
「普段づかいできること」を基準にギアを選んでみるのもいいかも!?

キャンプ羽釜 3合炊き
https://www.uniflame.co.jp/product/660218

ShoさんとIkumiさんのお部屋はこちら
https://www.goodrooms.jp/journal/?p=36258

シェア
キャンプにもちろん、家でもふっくら美味しいお米が炊ける。ユニフレームの「キャンプ羽釜」
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.41

古材を使って楽しくDIY。機能的な2LDKの二人暮らしインテリア

二人暮らしを始めるとき、どんな家具を買おうか迷っている方へ。二人の暮らしにぴったりなサイズの家具をDIYすれば、こんなにおしゃれで機能的になりますよ。ディアウォールで立てた柱、それに雰囲気ある木材を組み合わせて素敵なお部屋を作っている二人暮らしのお部屋を訪ねました。…

教えて!グッドルーム

狭いキッチン、どうやって使ってる?料理好きさんの工夫まとめ

今週は、「狭いキッチンのレイアウトを教えてください!」というご相談をいただきました。 たくさんのひとり暮らしのキッチンを見せていただきましたが、私が言えること、それは、「狭ければ狭いほど、たくさんの工夫が詰まってる!」ということ。料理を楽しむための工夫をまとめてみました。…

アプリバナー