single.php

ホテル暮らし歴2年の二人に聞いてみた。ホテル暮らしのホンネと、楽しむためのコツ。

#憧れの、ホテル暮らしのはじめ方

シェア
ホテル暮らし歴2年の二人に聞いてみた。ホテル暮らしのホンネと、楽しむためのコツ。

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広がり始め、goodroomホテルパスはサービスとして2周年を迎えることができました。2周年の記念と感謝を込めて、2022年6月18日には会員限定イベントを開催しました!その中でも盛り上がりを見せた企画が「ホテル暮らしのプロに聞く、10のコツ」。その様子をお届けします!!

Text:REI SATO

先輩2人に教わる、ホテル暮らしの工夫

お答えいただいたのは、ホテル暮らし歴約2年のA.HさんとT.Oさん。感じているホテル暮らしのメリットはそれぞれですが、2人とも少ない荷物で軽やかにホテル暮らしを楽しんでいる印象でした。どんな暮らしの工夫をし、なぜホテル暮らしを続けるのでしょうか?

「ふかふかのベッドとお風呂があれば十分」ホテル暮らしを続ける理由

普段は広告のお仕事をされていて、街歩きや外食が好きなA.Hさん。

普段は広告のお仕事をされていて、街歩きや外食が好きなA.Hさん。

ーホテル暮らしを始めたきっかけ、続ける理由は?

A.Hさん:私は一人暮らしを経験したことがなく、実家を出てすぐホテル暮らしを始めました。実家を出る際、賃貸暮らしも検討しましたが、出張でビジネスホテルに泊まった時に「ふかふかのベッドとお風呂があれば十分じゃん」って思ったんです。あとは、部屋の片付けが苦手なので、ホテルの清掃サービスに本当に助けられています。

T.Oさん:ある事情で実家を出なくてはいけなくなった時、自分の人生において「安定」ってないんだなって気がついて。その気づきが暮らしにも影響を与えて、ミニマリストかつホテル暮らしに気づいたらなっていました。もともとフットワーク軽く生きていきたい気持ちを持っていたので、楽に続けられていますね。

移動は電車やタクシーで。スーツケース1つの持たない暮らし

04

ーどれくらいの荷物を持って移動していますか?

A.Hさん:荷物は大きいスーツケースと段ボール2〜3個、移動はタクシーでしています。実家が近いので置けるものは置いてくるようにしています。

IT系のお仕事をされているT.Oさん。断捨離上手なミニマリスト。

IT系のお仕事をされているT.Oさん。断捨離上手なミニマリスト。

T.Oさん:僕は小さめのスーツケース1個だけです。今の季節は服も2着しか持っていなくて、ホテルではホテルのパジャマを使うようにしています。モノを減らすためのコツは、持ち物を紙に書き出して、本当に必要かどうか吟味することです。これを繰り返したらここまで断捨離できました。荷物が少ないからこそ、ホテルを変える際の移動は徒歩か電車で身軽に移動しています

健康管理はどうしてる?スーツケースに入るマルチクッカーで自炊

06

ー毎日の食事はどうしてる?健康に変化は?

T.Oさん:朝と昼ごはんなしで、お腹が空いたらナッツを食べるようにしています。夜は焼肉とかその日食べたいものを食べる。

東急ステイ築地に住んでいた時は、ミニキッチンや家具家電がついていたので週5で自炊していました。自炊がしたくなったら、キッチン付きのホテルに移動するようにしています。

07

ミニキッチンがついていて長期滞在向きの東急ステイ築地

ミニキッチンがついていて長期滞在向きの東急ステイ築地

A.Hさん:私はスーツケースに入るサイズの小さなマルチクッカーを持ち込んで、ホテルの部屋で野菜スープや炊き込みご飯を作って食べています。外食が好きなので自炊と織り交ぜながら過ごしています。

健康でいうと、ひとつ気になるのが乾燥ですね。大体のホテルは加湿器がついているので、押し忘れないようにだけ注意しています。

住民票は実家に置いたまま

ー住民票はどうしてる?

A.Sさん:実家が都内なのでそのままにしています。

T.Oさん:僕も今は実家ですけど、実家がなくなったとしたら安い賃貸を借りて荷物置き場として使うのはアリかなあと思っています。

ゴミはドアの前に置いておくと回収してくれる

ーゴミ捨てについて、困ることは?
A.Hさん:あんまり困ったことがなくて、ホテルのドアの前に置いておけば、いつの間にか回収してくれます。段ボールも同様です。

T.Oさん:例外でハサミやスプレー缶などがあるときは、受付に持っていくようにしていますね。

ホテルを変える頻度は2〜3ヶ月に1回が多数

「住んでみたかった街」に転々と住める自由さが、ホテル暮らしの魅力。

「住んでみたかった街」に転々と住める自由さが、ホテル暮らしの魅力。

ーホテル選びのポイントは?どのくらいの頻度で変えている?

A.Hさん:水道光熱費込みで大体同じくらいの金額になるように、ホテルを選んでいます。2〜3ヶ月くらいで変えてますね。

選ぶポイントとしては、「住んでみたかった街」を選ぶようにしています。図書館でよく仕事するので、いい図書館を探してみたり、素敵なご飯屋さんが多いところを探してみたり。最近は、図書館がコワーキングスペースみたいに充実しているところもあって、すごく便利なんです。

他の参加者も長期滞在よりも、2〜3ヶ月に1回お引越しされる方が多い様子。

他の参加者も長期滞在よりも、2〜3ヶ月に1回お引越しされる方が多い様子。

T.Oさん:僕も3ヶ月に1回くらいですね。条件としては、コインランドリーがホテル内にあること。僕は服が2着しかないので、2日に1回洗濯しています。ホテルのパジャマで外に出るわけにいかないので(笑)。

洋服はレンタルサービスの利用がおすすめ

11

ーお洋服事情が知りたい!衣替えの時期はどうしてる?

T.Oさん:僕は衣替えも含めて、春と秋用、夏用、冬用で合計6着ですね。預かりサービス等は利用せず、全てスーツケースで持ち歩いています。

A.Hさん:いくつか持っている服もありますが、服をレンタルできるサブスクリプションサービスをよく使っています。私が使っているのは、月1万円くらいで3着ずつ、何回でも借り換えられるサービスです。最近は、オプションで選べるブランドも増えてきていて。今日の服もサブスクでレンタルしたものです。

ホテル暮らしのメリットは「仕事に集中できること」

12

ーホテル暮らし1年目が終わって、2年目に入って変わったことは?2年目になっても慣れないことはある?
T.Oさん:ホテル暮らしになってから、すごく仕事に集中できるようになったと思います。環境のおかげもあり、仕事でも結果が出て来ています。

慣れないことは、ホテルの受付の方がいつも「いってらっしゃい」って言ってくれるのが少し照れくさいこと(笑)。ちょっとコンビニ行くだけでも声かけてくれるので、申し訳なさと恥ずかしさがありますね。

リモートワーク時の椅子は座布団で工夫

13

ー仕事はリモート?椅子が合わないときはどうしてる?

A.Hさん:完全にリモートワークです。椅子に関しては、姿勢を矯正してくれる座布団を買いました。ホテルが快適すぎてダラダラしてしまうので、それは少し課題ですね(笑)。

T.Oさん:週に2日出社して、残りの3日はリモートワークです。椅子が合わないことは結構あったんですけど、僕は我慢しちゃいました。椅子を搬入することもできると思いますが、移動するときの送料を考えるとまだチャレンジできてないですね。

ホテル暮らしの話題が職場でのミーティングのアイスブレイクに

ー勤め先の理解は?

A.Hさん:会社の人たちは結構おもしろがってくれますね。うちの会社はわりとゆるいほうで、交通費の申請の時もメモ欄に「今はここに長期滞在しています」と書けばOKしてくれます。職場のミーティングの時も「今どこのホテルに住んでるの?」って聞いてくれて、アイスブレイクにもなります。

T.Oさん:ホテル暮らしを始めた時期と、今の会社に入った時期が重なっていたので、最初から「ホテル暮らしの人」って理解されてました。面接の時から否定されることはなく、むしろ興味を持ってくれる人が多いと思います。

ホテル暮らし歴2年のおふたり。ホテル暮らしを始めた動機はそれぞれですが、マイルールやマイルーティンをつくったり、便利グッズを集めてみたり、小さな工夫の積み重ねで、自分らしいホテル暮らしを楽しんでいる様子でした!

今後も、ホテル暮らし経験者のさまざまな声をお届けしていく予定です。もっとこんな声が聞きたい!というご要望がございましたら、ぜひアンケートフォームからご連絡くださいね!

初期費用も家具・家電もいらない「goodroomホテルパス」

月額6.98万円から、全国800以上のホテルやTOMOSのマンスリーマンションに「定額」で自由に住み替えできるサブスクサービス「goodroom ホテルパス」がスタートしました。
初期費用も不要、家具・家電も不要で、思いついた日から気軽に新生活がスタートできます。
新しい暮らし方の選択肢に、ぜひ加えてみてください。

792ff9ad-6100-4b54-b380-cf8bf86a17f7

「身軽な暮らし」の疑問・質問を大募集!

いただいた質問に、 goodroom スタッフがお答えします。
下記フォームより、お気軽におしらせください。

読み込んでいます…

▼新しく追加されたホテル情報など、最新情報をほぼ毎日更新中!

frame11

三宅

佐藤伶

佐藤伶

編集部所属。ライター・編集者。猫2匹、住まいは東京。喫茶店と古本屋巡りなど、古いものが好き。パリのアパルトマン住まいに憧れています。

シェア
ホテル暮らし歴2年の二人に聞いてみた。ホテル暮らしのホンネと、楽しむためのコツ。
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

ホテル暮らしの365日 Vol.12

ホテル暮らし歴半年以上の私が心がけている、賢く快適に暮らすコミュニケーション術5選

ホテル暮らしは憧れるけど、長期で滞在するのはちょっと疲れそう…。みなさんの中にはそんなイメージを持っている方もいると思います。実際、私も始めるまではそう思っていました。しかし、実はちょっとしたことに気をつけるだけで、賃貸以上に快適に過ごせるのがホテル暮らしなんです。 今回は、ホテル暮らしをより楽しく、気持ちのいいものにできるように、goodroomホテルパスのスタッフ、イワタが心がけている5…

ホテル暮らしの365日 Vol.03

ホテル暮らしでかかる金額は月々いくら?リアルなお金のこと、価値観の変化とは

「ホテル暮らし」という暮らし方が少しずつ広まってきていますが、まだまだハードルが高いのも事実。そこで現在ホテル暮らし中のgoodroomスタッフ、イワタリサが、ホテル暮らしのリアルを語る連載をスタートします。第3回目は家賃や食費などの「お金」の実態についてご紹介します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.46

ホテル暮らしを「快適にするための工夫」はありますか?経験者の生の声を聞いてみました

goodroomホテルパスの利用者50名に、アンケートを実施して回答を紹介する連載です。今回のテーマは、ホテル暮らしを快適にするために、経験者の方が実際に行っている「工夫」について。どんな習慣をするようになったか?、賃貸暮らしと違うことなどについて聞いてみました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.48

ホテル暮らしの「清掃の頻度」はどのくらい?「洗濯」ってどうしてる?

goodroomホテルパスの利用者50名に、アンケートを実施して回答を紹介する連載です。今回のテーマは部屋の「清掃」や、日々の「洗濯」などについて。どのくらいの頻度で、どんなふうに行っているのか、リアルな声を聞いてみました。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.40

ホテル暮らしをして、生活費は「増えた?」or「減った?」経験者の生の声をおしえて!

ホテル暮らしは憧れるけれど、まだまだ実態が見えなくて不安……。そんな方のために、goodroomホテルパスの利用者50名に、アンケートを実施。今回は「生活費に変化があったか」について。その理由についても合わせてご紹介します。…

教えて!グッドルーム〜身軽な暮らしのはじめ方〜 Vol.38

ホテル暮らしって便利なの?経験者が感じた「メリット」をおしえて!

ホテル暮らしは憧れるけれど、まだまだ実態が見えなくて不安……。そんな方のために、goodroomホテルパスの利用者50名に、アンケートを実施。今回は実際に暮らしてみて感じた、ホテル暮らしの「メリット」について教えてもらいました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom