single.php

新しいお店が続々オープンする商店街と、夏のお祭り。「町田山崎団地」で新しい暮らしを始めてみませんか

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.55

シェア
新しいお店が続々オープンする商店街と、夏のお祭り。「町田山崎団地」で新しい暮らしを始めてみませんか

町田駅からバスで14分。広々とした敷地を活かし、遊歩道やいくつもの公園が整備された町田山崎団地。団地内の商店街には次々に新しいお店がオープン。豊かな環境と、広々とした部屋を手に入れて、新しい暮らしを始めてみませんか?

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai / 提供:UR賃貸住宅

便利な町田からバスに乗って、緑豊かで住みやすい街へ

東京西側のビッグターミナルのひとつである、町田。
小田急線とJR横浜線が乗り入れ、「新宿駅」までは31分、「横浜駅」までは29分。
都心への出やすさはもちろん、駅前にはいくつものショッピングビルが並び、「駅まで来ればなんでも揃う」利便性の高さも魅力です。

たくさんの人で賑わう町田駅前。たくさんのショッピングビルが並び、裏通りには昔ながらの商店も残る商店街があります。

今回ご紹介する「町田山崎団地」は、そんな町田駅前からバスで14分の場所にあります。

通勤・通学時間帯には5,6分おきにバスが走っていて十分便利。

駅前の賑やかさからは一転。広大な敷地を活かして、たくさんの緑の中に遊歩道やいくつもの公園が整備された、のんびり落ち着いて暮らせる環境の団地です。

広大な敷地をぐるっとバス通りが囲む、町田山崎団地。町田駅前からバスで14分の「山崎団地センターバス停」以外にも、団地内に複数のバス停があるので、自分の住棟に近いところを利用できるのが便利です。
緑の中に整備された大きな団地は、まるでひとつの街のよう。
敷地内には公園がいくつもあり、子どもたちがのびのびと遊べる環境です。
車の通らない遊歩道もしっかりと整備されていて、緑をみながら歩きまわればよい運動になりそうです。
敷地内にそれぞれ3つの幼稚園・保育園があります。団地に隣接した小・中学校もあり、子育て世帯にも安心。
団地の中には働くお父さんやお母さんも安心して子育てができる環境が充実しています。
新しいカラーに塗りなおされた住棟もあって、おしゃれな雰囲気になっていました。

ゆったり暮らせる56㎡の3DK

駅から少し離れる分、家賃がおさえられていて、手ごろな家賃で広々としたお部屋に住めるところも、町田山崎団地の魅力のひとつ。

今回は、町田山崎団地の中でも数が多い56㎡の3DKのお部屋に、家具を配置してみました。

※画像は反転間取りです
縦に長いダイニング・キッチンの隣に、5.1畳の洋室がある間取り。
ダイニングキッチンと洋室との間にあるふすまは外すことができるので、つなげればご覧の通り、こんなに広々使えます。
団地の間取りならでは。収納がたっぷりあるのも嬉しいですね。
南側バルコニーに面したもう1部屋は、4畳の和室。こちらのお部屋も収納がたっぷり。お子さんのお部屋にももちろん、一人暮らし・二人暮らしでも仕事部屋などに便利に使えそう。
北側4.5畳の和室はベッドルームに。
和室といっても、畳やふすまもナチュラルなカラーなので、洋風の家具も違和感なく合わせられますよ。
バルコニーからの眺めはこちら。ゆったりと住棟が配置されているため隣の建物が遠く、緑を眺めてのんびりできますね。
水まわりもチェックしていきましょう!広々としたキッチンは真っ白のデザインで、インテリアのじゃまをしません。
トイレも白で統一されたデザインで清潔な雰囲気。
トイレのドアには、レトロなデザインの型板ガラスが残っていました。ちょっとしたところに「古き良きもの」が残っているのは嬉しいですね。
古い建物といっても水まわりの設備は新しく清潔で、気になるところはありませんでしたが、少し工夫しなくてはいけないところもあります。こちらのお部屋は、お風呂と洗面台が一体の間取り。
また、洗濯機の排水ホースをお風呂場につなぐ必要があります。お風呂場のドアの前に置くことになるので、洗濯機のサイズなどには注意です。

独立洗面台がないお部屋、洗濯排水がお風呂場になるお部屋は、その分、家賃が少しお得です。自分にとってはどの設備が必須になるかを考えながら、間取りを選んでみてくださいね。

 町田山崎団地では今回紹介したお部屋以外にも、1LDKや2DKの小さな間取りや、「無印良品」とコラボしたお部屋などからも選ぶことができます。
気になるお部屋がある方は、町田山崎エリア現地案内所までお問い合わせください。

防災を学べる「DANCHI Caravan」や、クラインガルテンまで。団地内でいろんな体験ができます

広大な町田山崎団地の敷地内は、歩いてみるとさまざまな発見があり、団地の中だけでも楽しめるポイントがたくさんあります。

こちらはリニューアルオープンしたばかりの集会所「まちやまテラス」。キッチンや卓球台つきのお部屋まであり、お住まいの方が卓球をしたり絵手紙教室を開いたりいろいろな活動に利用ができます。
集会所の前には2022年に設置された「かまどベンチ」が。通常時はベンチとして、災害時には座板を外すとかまどとして使用できます。
町田山崎団地では、ワークショップを通じて防災を学ぶイベント「DANCHI Caravan in 町田山崎」が定期的に開催されています。災害の時の仮住まいとなるテント設営を学んだり、被災時を想定して焚火をしたり。楽しく体験しながらいざというときに備えます。
さらに、団地の一角には貸し農園の「クラインガルテン」がありました。住人の方に貸し出され、思い思いの作物をつくっていらっしゃいます。
団地のクラインガルテンで新鮮な野菜がたくさん育っています。

団地の中でたくさんの体験ができる町田山崎団地、家族みんなで参加できそうなイベントもあり、お休みの日の楽しみが増えますね。

賑わう団地内商店街では、新しいお店も次々にオープンしています

日常のお買い物も、団地内にあるスーパーや商店街でまかなうことができます。こちらは、「山崎団地センターバス停」を降りてすぐの場所にある「スーパーマーケット三徳」と「町田山崎団地名店街」。

50年以上つづいている夏のお祭り「ちゃおちゃお祭り」でも賑わうこちらの商店街。2020年に桜美林大学の東京ひなたやまキャンパスが団地の近隣にオープンして以降は、住民以外に学生さんたちも利用するようになり、活気が増えてきているのだそう。

2022年にはコロナ禍を経て3年ぶりに夏祭りが復活。商店街は昼間からたくさんの人でにぎわいました。
「ぐりーんハウス」は、1968年の団地の誕生と同時に創業したおもちゃ&駄菓子屋。2020年にこの団地で育った新オーナーが屋号を引き継いでリニューアルオープンしました。
「子どもたちが主役のお店」というコンセプトを大事にしながら、新しい試みとしてシェアキッチンと設計事務所を併設して日々地域のローカルコミュニティを生み出しています。
商店街には、他にも「パンの店ベッコフ」や「町子 山崎店」「キャンドルスタジオLepta」などの新しいお店が続々オープンしています。
「町子山崎店」では手作りのお団子、いなりずし、海苔巻きなどが楽しめます。
「キャンドルスタジオLepta」主催で団地にキャンドルを灯すイベントが行われました。
「キャンドルスタジオLepta」はDIYで作られたお店の中にこだわりがつまっています。

緑にあふれたくさんの公園がある豊かな環境と、クラインガルテン・商店街などさまざまな施設を活かして、“ふつうの賃貸”では味わえない団地ならではの体験ができる町田山崎団地。

楽しみの多いこの街の広々とした部屋で、自分もなにか新しいことに挑戦してみたくなる、そんな暮らしが待っていそうに感じました。

そうだ、団地に住んでみよう [PR] by UR賃貸住宅 記事一覧へ

そうだ、団地に住んでみよう [PR] by UR賃貸住宅 記事一覧へ

田村美葉

田村美葉

goodroom journal編集部所属。インテリアやリノベーションが大好きです。goodroom journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。詳しいプロフィールはこちら

シェア
新しいお店が続々オープンする商店街と、夏のお祭り。「町田山崎団地」で新しい暮らしを始めてみませんか
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.54

住民との連携で子育て世代に魅力ある街へ変貌をとげる「南花台団地」。DIYモデルルームが完成しました

1982年にニュータウンとして開発された、大阪府河内長野市の「南花台団地」。いまこの街で、行政や大学、住民、UR、地域事業者などが連携した団地再生プロジェクトが進行しています。2025年度には団地のすぐお隣にサッカースタジアム一体型の公園が完成する予定で、認定こども園も移転オープン。DIYが可能なお部屋の募集もスタートし、「南花台団地DIYプロジェクト」によるモデルルームも完成しました!多様な世代…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.58

“DIYカスタマイズ”の捗る団地が大阪にぞくぞく誕生!「自分らしい団地暮らし」がすぐに始められますよ

大阪のUR賃貸住宅の団地に、ちょっとおもしろいリノベーション住戸が登場しました!一人暮らし〜二人暮らしにもちょうどよい間取りで、棚や有孔ボードを自由につけられる柱があって。「団地暮らし、ちょっといいかも!」と気になっている人にぴったりのお部屋を取材してきました。…

それならURに住んでみない? [PR] Vol.12

都内ワンルームから郊外へ。一人暮らしで団地に住むって、どう?実際に住んでいる人に聞いてみました

リモートワークの普及などに伴って、一人暮らしでも「郊外を選ぶ」という方が増えています。都内のワンルームから、ちょっと郊外の団地にお引越しされた方に、一人暮らしで団地に住むって、どんなところが魅力なのか、実際の体験談をお聞きしてみました。…

それならURに住んでみない? [PR] Vol.11

一人暮らし・二人暮らしの「2DK・3DK」の使い方を教えて!

「長く安心して暮らせる、いいお部屋」を探している方におすすめしたいのが、UR賃貸住宅のお部屋です。みんなが抱えているお部屋の悩み、実はUR賃貸住宅なら解決できるかもしれません。 UR賃貸住宅に多い「2DK・3DK」の間取り。どんなふうに使いこなしたらいいのか、まとめてみました。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.47

利便性も、広々リビングも、どっちもほしい。南行徳「ハイタウン塩浜」で新生活を始めませんか

東西線とJR京葉線の2路線が使えて、都心へのアクセスも便利。さらに敷地内と近隣は緑豊かな公園が豊富にある団地、ハイタウン塩浜。広めの間取りをうまく使って、在宅ワークも難なくこなせそう!単身者やカップルにおすすめしたい物件です。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom