single.php

二人と2匹、みんなが楽しみながら暮らせるお部屋。2LDK・66㎡のインテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.287

シェア
二人と2匹、みんなが楽しみながら暮らせるお部屋。2LDK・66㎡のインテリア

元々、物件を見るのが好きで、今回の住まいも習慣化していたリサーチの中で見つけられたというHARUさん。愛犬、愛猫の2匹と暮らすお部屋についてお話を伺っていきます。

text & photo : Tsubottle

二人一緒でも使いやすいキッチン

同棲を機会に新しい住まいを検討していたHARUさん。今回、決められたのは最初に予定していた引越し計画を前倒しにするほど気に入ったお部屋だったそう。

「同棲を開始しようと話をしていた時期よりも早く、今の住まいを見つけてしまい、広さや家賃の面で絶対ここしかないと決定しました。」
「合わせて約19畳のLDKに加え、築年数こそ古い物件でしたが、リノベーションしてあって他にないデザインや内装が決め手でしたね。」
HARUさんがお気に入りの空間だと話すのが、リノベーションで新しくなっていたキッチン。 「コンクリートで出来たカウンターに一目惚れしました。同棲するにあたって、料理を頑張りたいなと思っていたので気分が上がりそうなキッチンは良かったですね。」
「彼も最近は、すごく料理ができるようになったので、2人並んで料理も作れそうなくらいスペースが広いことも気に入っています。」
お二人で使われるからこそ、収納もオープンに使いやすく。

「基本ごちゃっとした感じが好きなのと、使う際にすぐ取り出せる方が便利なので、見せる収納と言えるほどのものではないですが、使いやすいよう心がけています。」

ひとりの作業にも集中しやすいデスクスペース

ご主人と一緒に使いやすいよう考えられているキッチンに対して、寝室はHARUさん一人でも使い勝手の良い空間を意識してつくられています。

「彼は自分の部屋があるのですが、私はないので寝室にIKEAのグローサラをデスクとして置き、作業出来るスペースをつくりました。薄いグレーとチェアの赤の相性が良く気に入っています。」
一目惚れして購入したというE.T公開40周年記念のラグも壁に飾って、より特徴的な空間にも。 「ラグはソファにかけていてもとっても可愛いのですが、最近は寝室の壁にドンと貼ったことでいつでも見られるようになり幸せを感じています。」

ベッド以外のアイテムも多い寝室ですが、リビングとの間が腰壁ほどの高さで、視界が抜けており閉塞感がないため、過ごしやすい空間になっていました。

色合いを楽しみつつ、トーンを揃える

お部屋づくりは新たにものを取り入れたり、模様替えをしてみたりと常に試行錯誤されているそう。
「インテリアにも流行があって、私もそれに流されたりしがちですが、最終的にはやっぱりカラフルなものが好きでごちゃごちゃした部屋が大好きです。特にルールはなくとにかく自分の好きなものを集めていますが、その時の気分や季節に合わせて色味を揃えてみたり、トーンを揃えるだけでも統一感がでている気がするのでそうしています。」

約19畳の広いリビングにはテレビを置かず、白壁を活かしてプロジェクターで映画やアニメを楽しんでいるそう。大型の家電を置かないことで本やアイテムも自由にディスプレイでき、模様替えもしやすそうですね。
プロジェクターを映す壁面とは対面となる、ダイニングスペースの壁面はDIYで有孔ボードを壁一面に付けて見せる収納スペースとしても使えるように。 「キャットウォークや収納棚を付けようと作ってみたのですが、有孔ボードを取り付けたところで満足してしまいました。今後、効果的に使えるようにしたいです。」
有孔ボード周りのお気に入りアイテムとして紹介してくれたのが、暗くなる時間帯に活躍してくれるのがIKEAで購入した照明、スィムリスハムン。 「どこか懐かしいようなフォルムとスペーシーな感じが大好きです。どんな部屋にも合う優秀なライトですね。」
また足元を見ると色合いもデザインも可愛いラグが各所で使われていました。 「イラストレーターとのコラボが多いunicoのラグから気に入ったものをいくつか取り入れています。クセのあるデザインが良くて、今後も増やしていきたいですね。」

大切な家族も加わり、まだまだ今のお部屋を楽しんで行けたらと話すHARUさん。
将来的には大型犬を迎えられる一軒家にも憧れがあるということで、理想の住まいに向けた今後のお部屋づくりの様子が見られるのを楽しみにしています。

HARU(@__momo325__)さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/__momo325__/

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

gallery_5

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

 

Tsubottle(つぼとる)

Tsubottle(つぼとる)

福岡県出身。アメリカはポートランドで写真を始め、京都・東京・福岡を中心に全国へ素敵な住まいと人の物語を記録と記憶に残しながら旅をする写真家。あなたのお住まいにもぜひ。コーヒー、ビール、美味しいご飯があれば、どんな場所でも幸せに暮らせるタイプです。
Instagramはこちらホームページはこちら

シェア
二人と2匹、みんなが楽しみながら暮らせるお部屋。2LDK・66㎡のインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

TOMOS people Vol.45

少しずつ丁寧に「暮らしやすさ」をつくっていく。ふたりclipさんの2LDKインテリア

人気YouTubeチャンネル「ふたりclip」で、暮らしの様子を発信されている、しおさんとかつをさん。今年の春、グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」にお引越しをされました。新しいお部屋でどんなふうに暮らしていらっしゃるか、ちょっと拝見してきましたよ。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom