single.php

使い勝手の良いミニマム空間。色と収納アイテムで整える14㎡ワンルームの一人暮らしインテリア

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.295

シェア
使い勝手の良いミニマム空間。色と収納アイテムで整える14㎡ワンルームの一人暮らしインテリア

環境変化のあったタイミングで生活や暮らしを考え、住まい探しをスタートしたものことさん。コンパクトな空間を、収納アイテムと使うアイテムの色合いを意識してつくられているお部屋についてお話を伺っていきます。

text & photo : Tsubottle

モノクロ+暖色を中心にしたもの選び

ものことさんのお部屋探しは暮らしたい街を起点にスタートしたものでした。

「飲み歩きでよく行くことが多かった街に住めたら楽しいだろうと立地を重視して選びました。駅前が栄えていることはもちろん、家の周りにはコンビニ、薬局、飲食店などがたくさんあり、夜道も明るいので帰り道も 1 人で歩けます。 」
住みたい街と自分が持っている物数などから現在の住まいまではスムーズに決定出来たというものことさん。

お部屋づくりは、その色選びを大切にして考えられています。 「基本、インテリアは白をベースに揃えています。小物は白黒グレー、差し色として暖色系を使い、他のカラーはなるべく部屋に置かないように気をつけています。」
購入時に色合いを選べない商品は買った後にひと工夫。 「パッケージがごちゃごちゃした日用品はボトルに詰め替えをしたり、物選びという意味でも色は慎重に選んでいます。」
スペースによっても変化をつけて、在宅での仕事が中心ということで、デスクは椅子から見える景色にこだわりを持っているのだそう。
「グリーンを見える位置に置いたり、ガジェットもブラックに統一したり。色は最小限に抑え、すっきりと無駄な部分がないように工夫しています。」

好きなものを壁面を使って楽しむ

壁面はアイテムを加えることで印象を変えながら楽しまれていました。 中でもお気に入りはバウハウスのポスターと、旅先で購入されたという木彫りの熊。

「バウハウスのポスターはサイズ感もよく、部屋をおしゃれに見せてくれるので前の住まいから気に入って飾っています。」
「木彫りの熊は、鮭を咥えてないタイプのものをずっと探していて、大好きな尾道を旅した際に購入しました。 」
廊下には好きなアーティストのCDが飾られています。

お気に入りのものも増えたことで、毎日ほんのり幸せな気持ちで眠りにつくことができるようになったと話すものことさん。
「ライトの調光もできるので、本を読んだりマッサージをしたり、時間帯と過ごし方に合わせて心地よい空間になっていますね。」

ユニットバスを収納でホテルのような空間に

これまでも複数の賃貸物件で生活したことのあるものことさんが、はじめて物件を見た際に思わず心惹かれたというのがユニットバススペース。

「宇宙船のような丸みのある形が気に入っています。お風呂周りを充実させると、ちょっとしたおしゃれなホテルに来たような気持ちで過ごせるので、お風呂時間が豊かになるよう空間も考えていますね。」

使う度に気分の上がる空間になるよう、使う道具の収納なども整えられている様子が印象的です。
「浮かせる収納を取り入れたり、化粧品やヘアケアアイテムなどはボトルの色を統一したり、全体的にまとまりが出るように工夫しています。」
日々使うものやスペースはどうしても煩雑になりがちですが、テーマと収納ルールを持って考えることで、見た目も使い勝手も良い空間になるんですね。

マイルールとお気に入りのアイテムでお気に入りのお部屋を作られてきたものことさん。次の住まいへの準備も進められています。

「この部屋に住み始めて、インテリアのレイアウトは変えずにここまで来てしまったので、模様替えをした違うパターンも試してみたいなと考えています。暮らしに必要なものを今一度見直しながら、より広いお部屋で癖のあるアイテムも取り入れて、自分らしさのあるお空間を作っていきたいですね。」

今回のお部屋で集められたものや、意識してつくられた空間が次の住まいにどう繋がっていくのか。今からとても楽しみですね。

ものことさん(@room___room___room)さんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/room___room___room/

リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」って、どんな部屋?

賃貸だと、満足のいくお部屋探しができないと思っていませんか。
TOMOS(トモス)は、賃貸でも心地よく暮らせる、ありそうでなかった「ふつう」のお部屋ブランドです。

ほんものの木でつくられた床は、さらっとした肌ざわりや、ふわっと広がる木のにおいが楽しめます。
また、革ざいふのように、使い込むほどに色合いやツヤが変化していきます。

五感で楽しむ。時間とともに育てる。住めば住むほど、いとおしくなる。

「ふつう」なのに、どこにもない。
ちょっと特別なTOMOSのお部屋に暮らしませんか。

TOMOSのお部屋一覧はこちらから
東京・神奈川・埼玉・千葉大阪・神戸・京都名古屋福岡広島札幌

 

Tsubottle(つぼとる)

Tsubottle(つぼとる)

福岡県出身。アメリカはポートランドで写真を始め、京都・東京・福岡を中心に全国へ素敵な住まいと人の物語を記録と記憶に残しながら旅をする写真家。あなたのお住まいにもぜひ。コーヒー、ビール、美味しいご飯があれば、どんな場所でも幸せに暮らせるタイプです。
Instagramはこちらホームページはこちら

シェア
使い勝手の良いミニマム空間。色と収納アイテムで整える14㎡ワンルームの一人暮らしインテリア
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

私らしく暮らす。賃貸インテリア Vol.319

「長くつかえるもの」を集めてつくる、北欧モダンスタイル。一人暮らしのワンルームインテリア

26㎡のデザイナーズ・ワンルーム。バランスよくコンクリート打ちっぱなしが取り入れられた空間に、個性のある北欧家具や、お気に入りのものをひとつひとつ取り入れて。「長くつかえるもの」を選びとってつくられた、北欧モダンの一人暮らしインテリアを拝見しました。…

シンプリストの暮らし方 Vol.91

シンプリストの「ベッドルームの必需品」。火も水も使わないアロマディフューザー、照明の工夫など

少ないもので豊かに暮らすシンプリストに、センスある持ち物をお聞きします。今回は、8.4畳の1Kでシンプルに暮らす Woody さんの「ベッドルームの必需品」。火も水も使わず枕元で使っても安心のアロマディフューザー、睡眠の質を高めるための照明の工夫などを教えてもらいました。…

spacegray
main_copy
sub_copy
goodroom