「手みやげ図鑑」Vol.7
 
「手みやげ図鑑」Vol.7

nobcoの「手みやげ図鑑」Vol.7

手みやげといえば、「何を持っていこうかな」と、案外、悩ましいもの。美味しさはもちろん、お菓子の形やパッケージも面白かったり、可愛かったり。話のタネになりそうなモノがいいですよね。そこで、おみやげ大好きなイラストレーター・うえむらのぶこが、「思わず描きたくなる手みやげ」を毎回セレクトしてご紹介していきます。

マルハニチロ LaCantine
「スモークサーディン」と「バーニャカウダソース」

もし自分が絵を描いていなかったら。何かしらの形で音楽に関わりたかったなと思うことがあります。
でもどこの世界も厳しいから、趣味でギターを弾いたり音楽を聴いてるくらいのほうが幸せなのかもしれませんね。

仕事部屋では絶えずBGMが流れています。気分や時間帯、お天気によってジャンルを変えたりしますが、主に海外のロックを聴いてます。
あんまりビートが効いたダンスっぽいものより、起承転結があってドラマチックな展開のロックが好きですね。
プロローグから徐々に盛り上がっていって、ものによってはギターソロなんかを挟みながらエピローグを迎えるような。
絵はだいたい95%くらいできあがった段階が最も気分的に高揚してくる場面なんですけど、そんなときにBGMがいい感じでシンクロするともうスゴイです。歌って踊って異様にテンション高いので、恥ずかしいから絵を描いているところは人に見られたくないです。。。

ハイ、では本題です。
今回はマルハニチロさんから発売されているラ・カンティーヌをご紹介します。詳細はこちらのサイトをチェックしてみてください。

http://www.maruha-nichiro.co.jp/la_cantine/

いろいろ種類があって迷うところですが、わりと定番のふたつ「スモーク・オン・ザ・ウォーター」じゃなかった、、、「スモークサーディン」と「バーニャカウダソース」をおすすめします。まずは定番、次はちょっと冒険。音楽といっしょですね。
パッケージにあしらわれている植物の模様は、それほど主張するわけではないけれどリズミカルでかわいいですし、バーニャカウダソースは陶器を思わせるようなガラス瓶に入っていてなかなか落ち着いた雰囲気。普段使いというよりちょっとしたパーティに良さそうです。イラストもいつもよりちょっと大人っぽい色使いにしてみました。ディープ・パープル。一番好きな色です。。。だからここぞっ!ってときに使う色なんですよ。

そうこうしてたら、いま仕事部屋で流れているBGMが最後の曲に差し掛かります。Weezerのファーストアルバム。そこは嘘でもDeep Purpleなんでしょうけど、大好きなバンドなので。
そして昨年9月から連載してまいりました『nobcoの手みやげ図鑑』も今回で最終回となります。イラストと文をセットでお届けするという、自分史上もっともチャレンジングな企画をやらせていただきましたが、毎月楽しくイラストを描き、悪戦苦闘しながら文章を書いてきました。イラストが「のぶこ公式ソング」とすると、文は「のぶこの鼻歌」くらいに思っていただけたら幸いです。短い間でしたがお付き合いいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
わ! BGMもそろそろ終わりそうです。それではまたどこかで。うえむらのぶこでしたっ=3

うえむらのぶこ

うえむらのぶこ

大阪生まれ。幼いころの夢はマンガ家でした。二十歳で上京し、美大生~フリーターを経てイラストレーターとして活動中です。ノスタルジックでアナログな感覚を大切にしたいと思っていつも制作しています。音楽を聴くことやギターを弾くこと、そして愛犬・八のことが大好きです。
ホームページ nobco.c.ooco.jp