single.php

オープン収納にグリーンが映える mi* さんのアイランドキッチン

素敵に暮らす人の器とキッチン Vol.3

シェア
オープン収納にグリーンが映える mi* さんのアイランドキッチン

いつか住みたい、理想のキッチンを探して。暮らしの達人の楽しいキッチンのあるお部屋をたずねます。
今回は、とっておきのアイランドキッチンのあるリノベーションマンションに暮らす、mi* さんのお部屋を訪問。コンクリートとグリーン、無機と有機のものがうまくミックスされた素敵な空間でした。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai

築30年のマンションをフルリノベーション

東京都にお住いの mi* さんは、旦那様とふたり暮らし。約80平米のマンションの1室を、スケルトンの状態からフルリノベーションしてお住まいです。「ぐったりするほどアイディアを出し合いました」というお部屋には、お二人のこだわりがいっぱい。キッチンの取材としてお願いし伺ったにもかかわらず、魅力いっぱいでついつい全部の部屋を見せてもらっちゃいました。

玄関を入ってすぐには、広々の土間。お二人の趣味のアイテムが置かれています。壁側のスクリーンをおろして、プロジェクターで映画鑑賞もできちゃいます。

玄関を入ってすぐには、広々の土間。お二人の趣味のアイテムが置かれています。壁側のスクリーンをおろして、プロジェクターで映画鑑賞もできちゃいます。

こちらはベッドルーム。やわらかい色合いが素敵な壁は、ポーターズペイントで色を選び、塗装しました。

こちらはベッドルーム。やわらかい色合いが素敵な壁は、ポーターズペイントで色を選び、塗装しました。

そして、アイランドキッチンが主役の、ゆったりしたLDK!

そして、アイランドキッチンが主役の、ゆったりしたLDK!

無機と有機の融合する空間

無機と有機の融合するような空間にしたいという思いのあったお二人。設計士さんに、グリーン、コンクリート、タイル、木材など、いろいろな素材をリズムよく組み合わせてほしいとお願いしました。たしかに、むき出しの天井やステンレス天板のキッチンなどそれだけだと冷たい印象を受けそうな部分も、部屋全体の雰囲気に馴染んで、やわらかく居心地のよい空間になっています。

お部屋の中でも、キッチンは一番こだわったポイント。

お部屋の中でも、キッチンは一番こだわったポイント。

背の高いおふたりに合わせたダイニングテーブルは、設計士さんの知り合いの家具職人さんに作ってもらったもの。背面の収納もサイズぴったりに作られています。

背の高いおふたりに合わせたダイニングテーブルは、設計士さんの知り合いの家具職人さんに作ってもらったもの。背面の収納もサイズぴったりに作られています。

レストランの厨房みたいに、天井まであるガラスは設計士さんにおすすめされてつけたもの。お二人だけでは出てこなかったアイディアも、設計士さんがより住みやすいように考え、うまくまとめてくれたそう。

「初めはオープン収納はどうかな、なるべくものは隠したいな、と思ってたんですけど、作ってもらったらすごく便利でした」

キッチン側からは作業をしていても常に部屋全体が見渡せます。

キッチン側からは作業をしていても常に部屋全体が見渡せます。

グリーンのたくさんある部屋にしたい、という思いがあった mi* さん。いろいろな場所に植物が飾られていて、それもまた、お部屋全体の雰囲気を楽しく、明るくしています。

天井から吊るされているのは流木。さりげなく小さな植物たちが飾られています。

天井から吊るされているのは流木。さりげなく小さな植物たちが飾られています。

出窓のスペースにはタイルが敷かれ、素敵な鉢に植えられた植物がいっぱい。

出窓のスペースにはタイルが敷かれ、素敵な鉢に植えられた植物がいっぱい。

キッチンにもグリーンがたくさん!天井のアイアンのバーは植物を吊るす場所を、というリクエストに設計士さんがこたえてくれたもの。

キッチンにもグリーンがたくさん!天井のアイアンのバーは植物を吊るす場所を、というリクエストに設計士さんがこたえてくれたもの。

それにしても、すごくすっきりしている!

それにしても、すごくすっきりしている!

ほどよく隠し、ほどよく見せて

オープン収納の隣には、スライドドアの大きなストレージも。

オープン収納の隣には、スライドドアの大きなストレージも。

みせて飾る、オープンな棚の隣には、天井までの高さの大きなストレージが。二人分の食器や食材のストックなどがおさまり、パントリー代わりになっています。お気に入りのものはみせて、隠したいものは隠す。リビングと一体になるアイランドキッチンでもすっきりと暮らす秘訣はそこにあるのかも。

中でもお気に入りの器をみせていただきました。

コーヒーカップ&ソーサーは、cekitay というシリーズのもの。その名の通り、石庭の砂と石の色を表現しています。インディゴブルーの器は美濃焼の SAKUZAN のもの。中目黒高架下の 85 で購入。

コーヒーカップ&ソーサーは、cekitay というシリーズのもの。その名の通り、石庭の砂と石の色を表現しています。インディゴブルーの器は美濃焼の SAKUZAN のもの。中目黒高架下の 85 で購入。

スープを入れるときに重宝しているというKINTO Ceramic lab. のカップ。素朴な色合いが可愛らしいです。

スープを入れるときに重宝しているというKINTO Ceramic lab. のカップ。素朴な色合いが可愛らしいです。

「この部屋に引っ越してから、休みの日に1日中家にいても罪悪感を感じなくなりましたね」と旦那様。キッチンが中心にある部屋での充実した1日が目に浮かぶようです。

dsc04505

dsc04490

dsc04514

mi* さんの instagram アカウントはこちらから
https://www.instagram.com/seven_herbs_/

>「素敵に暮らす人の器とキッチン」記事一覧を見る
>ふたり暮らしのインテリア実例をもっと見る
>goodroomで「ふたり暮らし」の賃貸を探す

シェア
オープン収納にグリーンが映える mi* さんのアイランドキッチン
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

素敵に暮らす人の器とキッチン Vol.2

キッチンが主役。ひとつひとつの素材にこだわった、オザワさんの特別な一軒家 (前編)

いつか住みたい、理想のキッチンを探して。暮らしの達人の楽しいキッチンのあるお部屋をたずねます。 今回は、吹き抜けの明るいリビングに大きなキッチンのある、オザワさんのお宅を訪問。ひとつひとつの素材を選び抜いて建てられた、こだわりのお家、前後編にわけてお届けします。…

素敵に暮らす人の器とキッチン Vol.2

ヴィンテージのテーブルと、広い作業スペース。オザワさんちのとっておきキッチン(後編)

いつか住みたい、理想のキッチンを探して。暮らしの達人の楽しいキッチンのあるお部屋をたずねます。 今回は、吹き抜けの明るいリビングに大きなキッチンのある、オザワさんのお宅を訪問。後編では、「絶対インパクトのあるものにしたい」と妥協せずつくった、キッチンについてお話を伺います。…

アプリバナー