single.php
#シェアのある暮らし

「こうあるべき」じゃなくていい。フットワーク軽く、変化を楽しむシェアハウスの暮らし方 [PR] by シェアプレイス調布多摩川

シェア
「こうあるべき」じゃなくていい。フットワーク軽く、変化を楽しむシェアハウスの暮らし方 [PR] by シェアプレイス調布多摩川

住まいやオフィス、畑、自転車、自動車など、生活に必要なさまざまなものを共有する、「シェアのある暮らし」が広がっています。
今回おじゃましたのは、調布に誕生した新しいシェアハウス、「シェアプレイス調布多摩川」。約1万平方メートルという広大な敷地に、大きなシェアキッチンや庭を備えるちょっと大人な空間です。住み心地や、シェアならではのおもしろさを、先輩入居者さんにお聞きしました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai / 提供 : 株式会社リビタ

緑あふれる、豊かな環境で

約1万平方メートルという広大な敷地に建つ、元社宅の建物をリノベーションし、誕生したシェアプレイス調布多摩川。敷地の半分は全96戸の大学国際交流寮、もう半分に今年9月、全85戸のシェアハウスがオープンしました。
じつは、シェアハウスに足を踏み入れるのは初めてだったのですが、予想以上に豊かで、開かれた空間に驚きます。

京王多摩川駅から徒歩8分。多摩川の河川敷も近く、緑豊かな環境です。

京王多摩川駅から徒歩8分。多摩川の河川敷も近く、緑豊かな環境です。

竣工当時の、貴重なレンガを活かした共用玄関は、重厚で大人っぽい雰囲気。

竣工当時の、貴重なレンガを活かした共用玄関は、重厚で大人っぽい雰囲気。

1階にあるラウンジ。

1階にあるラウンジ。

大きな窓から望める「街かど広場」。カフェのような感覚でくつろげます。

大きな窓から望める「街かど広場」。カフェのような感覚でくつろげます。

お話を聞かせてくださったのは、11月からここでの生活をスタートした、中田一成さん。

お話を聞かせてくださったのは、11月からここでの生活をスタートした、中田一成さん。

ITエンジニアとしてフリーランスで働いている中田さん。大学時代の一人暮らし、上京後のルームシェアを経て、シェアハウスでの暮らしを始めました。

「ルームシェアをしていたので、自分の家具や家電を持っていなくて。いまさら買うのも気が進みませんでした。家賃も安いし、敷金や礼金もないところが多いので、シェアハウスにしてみようかな、と思って」

男女5人と猫が2匹の一軒家、男性エンジニアだらけの一棟ビルと経験し、今回のシェアプレイス調布多摩川は3軒目。今回は、かなり大規模なシェアハウスですが、決め手はあったんでしょうか。

「庭があるのが気になって。陽当たりもいいし、自然が多くて新鮮です。都心に住んでると車の音がずっとしているけど、ここでは鳥の声がして。新宿まで30分ぐらいで出られるのに、鳥の声で目がさめるっていうのは、わりといいのかな、と思います」

個室や廊下の窓からも、緑がのぞくのが、とってもいい。

個室や廊下の窓からも、緑がのぞくのが、とってもいい。

玄関横には、自然の中で食事を楽しめる「ビッグテーブル」が。キッチンから調理器を持ち出したり、スノーピークのアウトドアグッズを貸し出してもらうこともできるんだそうです。楽しそう!

玄関横には、自然の中で食事を楽しめる「ビッグテーブル」が。キッチンから調理器を持ち出したり、スノーピークのアウトドアグッズを貸し出してもらうこともできるんだそうです。楽しそう!

「水回りなど共用部の掃除をしてくれるのも、決め手になりましたね。前のシェアハウスは、気づいた人がやるルールで、結局やらないパターンになる。
ほかに、部屋の中にトイレとかキッチンがあるところもあったけど、その場合は自分で掃除しなきゃいけない。共用のほうがいいな、と思って」

共用の洗面室はとてもオシャレ。掃除もしてくれるとあれば、本当にホテルみたいに使えそう。

共用の洗面室はとてもオシャレ。掃除もしてくれるとあれば、本当にホテルみたいに使えそう。

dsc03359

リビング・ダイニングの隣にある厨房みたいなキッチン。作業台、シンクも広々。

リビング・ダイニングの隣にある厨房みたいなキッチン。作業台、シンクも広々。

「ワインクーラーとか、タジン鍋とか、ひとり暮らしだとなかなか買わないような道具もあるんですよ」と中田さん。

「ワインクーラーとか、タジン鍋とか、ひとり暮らしだとなかなか買わないような道具もあるんですよ」と中田さん。

こちらは憧れのヘルシオ。たしかに、ひとりじゃこの設備はなかなか揃わない。

こちらは憧れのヘルシオ。たしかに、ひとりじゃこの設備はなかなか揃わない。

一人になりたいときは個室へ。人に会いたい時は気軽に会える。

シェアハウスの一番のメリットは「人」と中田さん。
恋人とか家族じゃない、近くはない距離の人がいるのはシェアハウスならでは。

前に住んでいたシェアハウスでは、住人全員とウマが合い、1週間ぶっつづけでボードゲームに興じるなんてこともあったそう。ご自身も、わりとそういった企画を立てる側だったとのこと。

「約束をとりつけて、全員必ず参加して、というふうにはしたくなくて。やりたければ勝手にやる感じにしたいんですよね」

シェアハウスなら、リビングに行けば誰かいる。なんとなく、その場の話のノリで急に予定が決まったりする。それが気楽で、楽しいのだといいます。

「ふつうに友達と遊びに行く時も、何日の何時に会う、とかは面倒臭くて。約束しちゃうと絶対行かなきゃいけなくなるし(笑)。シェアハウスなら、暇だったら一緒に行くか、みたいな感じで面倒臭くなく誰かいるというか。
ここみたいに個室があるところなら、交流したかったらリビングに行けばいいし、一人になりたかったら一人になれるので、ちょうどいいのかなと思います」

dsc03328

シェアプレイス調布多摩川は、すべて個室で、約9.7畳と広めのタイプがメイン。ベッドとデスク、冷蔵庫が備え付けのほか、大きめの収納もあり、プライベートの空間も十分楽しめます。

シェアプレイス調布多摩川は、すべて個室で、約9.7畳と広めのタイプがメイン。ベッドとデスク、冷蔵庫が備え付けのほか、大きめの収納もあり、プライベートの空間も十分楽しめます。

dsc03320

2階の「セカウンド・ラウンジ」は予約制で、休日に友達を招くことも可能。キッチンを使ってホームパーティーをしたり、セミナー・シアターの大きな壁をつかって、プロジェクタで映画を観たり、スポーツ観戦をしたりできる。

2階の「セカウンド・ラウンジ」は予約制で、休日に友達を招くことも可能。キッチンを使ってホームパーティーをしたり、セミナー・シアターの大きな壁をつかって、プロジェクタで映画を観たり、スポーツ観戦をしたりできる。

「こうあるべき」じゃなくていい。変化を楽しみたい。

何歳で就職し、ひとり暮らしをして、何歳で結婚して……と、きっちり「こうあるべき」と人生設計を立てて住む場所を選ぶのではなく、ちょっとした準備期間、人生の中のちょっと空いている時間にシェアハウスを選ぶ人が多くいます。
中田さん自身も、ここに何年住もう、などの明確な予定は特に決めていません。

「海外移住したいという気持ちもあるので、2年契約のマンションは嫌だったんです。結婚とか転勤を考えていて、とりあえず住んでみる、という人もいますね。良くも悪くも、引越ししやすい環境ではあるので、どうしても合わなかったら出ていける。ここに絶対、何年住む、と決めてしまうと、合わなかった時つらいかもしれない。”とりあえず、やってみよう” っていうマインドの人が、シェアハウスには合ってるんじゃないかな」

シェアプレイス調布多摩川を選んだのも、オープンしたてで、まだここがどんな場所になっていくかわからない、楽しみがあるからだといいます。

「こうなったらいいな、が見えてないからこそ、引越したというのがあります。どうなるかわかんないからこそ、おもしろい。今まで絡みのなかった人と交流できることで、自分の幅も広がる。変化を楽しみたいです」

dsc03297
dsc03371
dsc03380

シェアプレイス調布多摩川へのお問い合わせはこちらから

dsc03331

お問い合わせはこちらから
https://www.goodrooms.jp/detail/001/1000100356/

シェア
「こうあるべき」じゃなくていい。フットワーク軽く、変化を楽しむシェアハウスの暮らし方 [PR] by シェアプレイス調布多摩川
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

住める!おしゃれ賃貸まとめ

賢くシェアして楽しい暮らし。話題のシェアハウス特集!

シェアハウスっていうと、3畳ぐらいの狭い専有空間に、寮みたいに家電は全部共有で、そんなイメージがありますか? ゴージャスなキッチンだけ共有、音楽スタジオを共有、などなど、「普通の暮らしにプラスアルファ」する形でのシェアなんかも始まってるんですよ。 今週は、ちょっと気になるおもしろシェアハウスを特集!…

#楽しい引越し

ひとり暮らし始めました!

横浜で両親と祖父母と暮らしていたちひろさん。数年前から、ひとり暮らしをしようと思っていたものの、実家の居心地の良さと、自分の思い描く理想の物件を見つけられなかったこともあって、なかなか踏み切れなかった。ところが、昨年秋「これしかないっ」という運命の物件と出会って即決! そんな彼女の幸せいっぱいおひとり様お引越しストーリーを紹介しよう。 (text : akka / photo : Takuya …

#楽しい引越し

ふたり暮らし始めました!

すみれさん(24歳)とかずなくん(24歳)は、大学時代から付き合って5年目。それぞれ都内でひとり暮らしをしていたが、就職して2年経ち、生活も落ち着いてきたこともあって、昨年秋から「一緒に暮らそう!」とお部屋探しを始めた。そして、たった1か月で、理想の物件をゲット。そんな賢いふたりのお引越しストーリーを紹介しよう。 (text : akka)…

住める!おしゃれ賃貸まとめ

女性のひとり暮らしで気をつけることって? 部屋選びのポイントまとめ

ひとり暮らしを始めるとき。特に女性は、セキュリティーなど不安なことも多いですよね。グッドルームの賃貸部門は、じつは9割のスタッフが女性です。実際にひとり暮らしをしているスタッフが、部屋選びのときにチェックすべきポイントと、女性におすすめのお部屋をまとめます!…

住める!おしゃれ賃貸まとめ

素足で暮らそう。無垢フローリングの東京ワンルームまとめ

木が呼吸をし、湿気を吸ってくれるので夏もさらっさらの無垢フローリング。賃貸だから、予算がないからと諦めていた方に、「え、この家賃で住めちゃうの?」と驚きのワンルーム、まとめてみました。 グッドルームスタッフも皆イチオシの無垢の居心地の良さ、体感してみてください。…