single.php
そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.25

「心のゆとり」を大事にしたい人へ。『鈴の宮団地』であたたかな暮らしを始めませんか

シェア
「心のゆとり」を大事にしたい人へ。『鈴の宮団地』であたたかな暮らしを始めませんか

広くゆったりした部屋で、のんびり暮らしたい。予算はそこまでないけれど、そんな風に考えている方におすすめしたい団地があります。緑豊かな環境を満喫でき、住民同士のコミュニティ活動も盛んな、「鈴の宮団地」を紹介します。

text : Miha Tamura / photo : Yumiko Inoue

のどかでゆったりとした住環境を求めるならおすすめしたい「鈴の宮団地」

駅からバスって不便?いえ、そんなこともなさそうですよ

今回ご紹介するのは、泉北高速鉄道で中百舌鳥のひとつお隣「深井駅」からバスで約10分の場所にある「鈴の宮団地」。泉北高速鉄道は南海電鉄との相互直通運転を行なっているため、深井から難波まで乗り換えなしで約20分で到着します。毎日の通勤には、中百舌鳥駅で始発の御堂筋線に乗り換えるのも便利。大阪都心へのアクセスもなかなか良好なエリアです。

郊外の駅といえども駅ビルはなかなか充実。飲食店が多数入居していて、駅前ロータリーには大きなスーパーもあります。

郊外の駅といえども駅ビルはなかなか充実。飲食店が多数入居していて、駅前ロータリーには大きなスーパーもあります。

バスは団地の前を通って、泉北高速鉄道の「深井駅」とJR阪和線の「津久野駅」とを繋いでいます。つまり、津久野駅へのダブルアクセスも可能なので、通勤の選択肢はさらに広がります。

自転車で5分ほどの距離にはスーパーやTSUTAYAなど商業施設が集まるエリアもあり、もちろん保育園、幼稚園、小中学校や、公園も近所にたくさん立地しています。

住宅街の風景に馴染む、緑の豊富な街路に囲まれた団地

周囲の住宅街に溶け込んで、ゆったりとした街路に5階建の住棟が並ぶ鈴の宮団地。

周囲の住宅街に溶け込んで、ゆったりとした街路に5階建の住棟が並ぶ鈴の宮団地。

たくさんの緑と、ところどころには子どもの遊び場も。

たくさんの緑と、ところどころには子どもの遊び場も。

バスは駅から10分で団地の目の前に到着。雨の日にもほとんど濡れずにアクセスできるのは嬉しいです。自転車でも平坦な道で15分ほどの距離なので、それでこれだけ静かでのんびりした環境が手に入るなら、選ぶ価値はあるなと感じました。今まで「駅まで徒歩10分以内」にチェックを入れてお部屋探しをしていた人にも、ちょっと目を向けてもらいたいところ。

ご案内していただいたのは、写真左からUR都市機構の原田さんと大津さん。

ご案内していただいたのは、写真左からUR都市機構の原田さんと大津さん。

「他の団地ではあまり見られないんですが、果実のなる木がたくさん植えられていることも、ここ鈴の宮団地の特徴なんです」
と教えてもらって、思わず木を見上げます。

たくさん実がなっている木を見つけました!こちらはナツメの木。

たくさん実がなっている木を見つけました!こちらはナツメの木。

駅から少し距離があることもあって、家賃は比較的安くおさえられている鈴の宮団地。その分、広いお部屋を選んでゆったりと暮らす、というのが良いかもしれません。
リノベーションが完成した、2LDKのお部屋を見せていただきました。

60㎡超え、2LDKのリノベーション住戸を拝見

なんと三方向にバルコニーがあるおすすめの角部屋

見せていただいたのは63.9㎡の2LDK。3DKをリノベーションしていて、元々のつくりもゆったりとしているため、それぞれのお部屋が広く、使いやすい間取りになっています。

お部屋に入ってまず驚いたのは、窓の多さ!

お部屋に入ってまず驚いたのは、窓の多さ!

角部屋で、LDKにはなんと2方向にバルコニーがついています。

角部屋で、LDKにはなんと2方向にバルコニーがついています。

LDKお隣の和室も、とても日当たりがいいですね。

LDKお隣の和室も、とても日当たりがいいですね。

北側にある洋室も、窓がとても大きく、しかもバルコニーつき!

北側にある洋室も、窓がとても大きく、しかもバルコニーつき!

いやはや、こんなにたくさん窓があるお部屋って、珍しいです。

そしてこちらが南側からの眺望です。青空と緑が気持ち良い!

そしてこちらが南側からの眺望です。青空と緑が気持ち良い!

たくさんの街路樹、それに公園に囲まれている団地なので、窓からは当然、緑がたくさん目に入ってきます。風が気持ちよく抜け、光がたくさん入ってくるお部屋。ここでなら気持ちよく暮らせそうだなぁと、羨ましくなってしまいました。

住民のコミュニケーションを促進する「りんりんカフェ」の取り組み

鈴の宮団地をおすすめしたい理由はもうひとつ。
団地敷地内の集会所を利用して、地域住民の方が集まるコミュニケーションの場が作られているんです。

迎えてくださったのは、写真左から老人会副会長の辻さん、会長の寺田さん、民生委員の福原さん。

迎えてくださったのは、写真左から老人会副会長の辻さん、会長の寺田さん、民生委員の福原さん。

もともと、この地域に住むお年寄りたちの憩いの場を作ったり、子どもたちの通学の見守り活動などを行っていた福原さんたち。UR都市機構からの依頼を受けて、月に4回、鈴の宮団地の集会所を使って「りんりんカフェ」を開くことになりました。

開催日はおもに土曜日の午前中、参加費は100円で、飲み物とトースト、お菓子がふるまわれます。子どもたちとお年寄りが集会所に集まって、宿題をみてもらったり、囲碁や将棋、麻雀を教えてもらったり。福原さんたちボランティアの皆さんが主体となって始まった、住民同士のコミュニケーションの場です。

集会所の中には、たくさんの写真が飾られています。こちらは、去年の収穫祭の様子。

集会所の中には、たくさんの写真が飾られています。こちらは、去年の収穫祭の様子。

11月3日には、「りんりん収穫祭」も開かれます。この日はいつものメニューに加えて鈴の宮団地で収穫した柿を使ったデザートがふるまわれたり、「コッカラ体操」やビンゴゲーム、フリーマーケットに野菜販売など、様々なイベントが行われるのだとか。

「この活動を始めたことで、子どもたちにも顔見知りが増えて、登下校の見守り活動の時、挨拶をしてくれるようになったのが嬉しかったです」と辻さん。

「この活動を始めたことで、子どもたちにも顔見知りが増えて、登下校の見守り活動の時、挨拶をしてくれるようになったのが嬉しかったです」と辻さん。

「ここに住んでよかったな、と思えるような企画をたくさんやっていきたいですね」と終始笑顔でお話ししてくださった福原さん。住民の方が自発的にこうしたコミュニケーションの場を作ってくださるのは、とても心強いこと。

取材に行った日も、敷地内や周囲の公園で学校帰りの子どもたちが楽しそうに遊んでいた鈴の宮団地。家族以外に、見守ってくれる人たちが身近にいることが感じられ、「地域で子育て」を実現していける場所だなと思います。

191016_301

緑に囲まれた場所で、安心できるコミュニティのある暮らし。
きっと家族の誰もがのびのびとした気持ちで日々を過ごせる環境が、ここに待ってます。

『鈴の宮団地』の募集中のお部屋はこちら

3号棟308号室(2LDK / 63.90㎡ / 家賃63,400円 / 共益費 2,030円)

お部屋に入ってまず驚いたのは、窓の多さ!

80_312_0-00-0003_j33_ra_01_00001_n1sw%ef%bc%88%e9%88%b4%e3%81%ae%e5%ae%ae2ldk-%e3%83%a0%e3%82%ad%ef%bc%89

田村美葉

田村美葉

グッドルーム・ジャーナル編集部所属。エスカレーターマニアというちょっと変わった肩書きを持っていますが、インテリアやリノベーションが大好きです。goodroon journal の取材を通じて、いつもたくさんのアイディアを教えてもらってます。役得。

シェア
「心のゆとり」を大事にしたい人へ。『鈴の宮団地』であたたかな暮らしを始めませんか
この記事を気に入ったら
いいね!しよう
twitterで購読

関連記事

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.24

「家族の暮らし」を考えるなら、ここをおすすめしたい。『南港しらなみ』のリノベーション住戸を訪問

住之江区が先進的教育に力を入れ、話題の小中一貫校、中高一貫校が次々開校した注目の街、南港ポートタウン。駅からの近さも嬉しい『南港しらなみ』の、家族の暮らしにぴったりのリノベーション住戸を拝見してきました。…

[関東] 住める!おしゃれ賃貸まとめ

東京でも安心して子育てをしたい。都内の緑に囲まれた地域のお部屋まとめ

地方から東京に出てきて結婚をし、いつかは子供を……と考えた時、気になるのが「都会で子育てができるのか」ということ。できれば緑いっぱいの自然が豊かなところで子育てをしたい。そう考えている方にぜひご覧いただきたい、エリアとお部屋をご紹介します。…

そうだ、団地に住んでみよう [PR] Vol.2

「子育てしやすい賃貸」ってどんな部屋?ビーコンヒル能見台サウスヒルのリノベーションがすごかった

緑が多く、ゆったりとしたつくりで、陽当たり良好。団地って、実は自分の暮らしに合ってるかもしれない。そんな思いを胸に、各地の団地を訪問し、お話をお聞きする企画がスタートします。 第2回は神奈川県の海側エリア、横浜市金沢区にあるビーコンヒル能見台サウスヒル。こちらに、「子育てのしやすさ」に特化してリノベーションしたお部屋があるということなんです。どんなお部屋なのか、早速見に行ってみました。…

アプリバナー